ニュースリリース

グレープシティ,業務アプリ開発支援ツール最新版「ComponentOne 2021J v1」をリリース―.NET 5とBlazorの対応を強化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ株式会社は2021年4月28日,同社の.NET対応業務アプリケーション開発支援ツール「ComponentOne」の最新版「ComponentOne 2021J v1」をリリースした。

.NET開発用コンポーネントセット「ComponentOne 2021J v1」

.NET開発用コンポーネントセット「ComponentOne 2021J v1」

ComponentOneは,.NET/Xamarin/Blazor用の各種コンポーネントを収録している開発支援ツールで,今回のバージョンアップでは.NET 5およびBlazorへの対応が強化された。

データ集計・データ表示関連のコントロールで.NET 5対応が進む

Windows Forms用エディションに含まれている以下のコントロールにて,.NET 5のサポートが強化された。

  • データ集計・分析「FlexPivot」
  • 改装データ表示「TreeView」
  • WPF用カレンダー「Calendar」
  • パネル折りたたみ・展開「Accordion」

Windows Formsでの.NET 5対応コントロールの追加

Windows Formsでの.NET 5対応コントロールの追加

SPAフレームワークBlazor対応が強化

Blazorは,JavaScriptを使わず.NETフレームワーク/C#でWebアプリ開発が可能となるSPA(Single Page Application)で,今回のバージョンアップでは,メインのウィンドウとは別にポップアップを表示させて,補足や追加の情報をアプリケーション利用者に知らせることができる「Window」コントロールが搭載された。このほか,日付範囲選択やツールチップ,マスクテキストボックスなどのコントロールが拡充されている。

Blazor対応コントロール「Window」

Blazor対応コントロール「Window」

ComponentOne
https://www.grapecity.co.jp/developer/componentone