ニュースリリース

メガソフト,Gitバージョン管理・ファイル比較を新搭載したiOSアプリ「テキストエディター LiquidLogic」をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

メガソフト株式会社は2021年6月15日,iOSアプリ「テキストエディター LiquidLogic」にGitバージョン管理・ファイル比較を新搭載。Appleシリコン(M1)搭載のMacでも利用可能になった。

これによりiPadで,iPhoneで,新Macで,いつでもどこでも同じエディタでテキストファイルを編集し,編集内容を共有できるようになった。

新機能は以下の通り。

Gitバージョン管理機能

LiquidLogicは,エディター・ファイラー・FTP・ブラウザー・SSHターミナル機能を搭載し,文書作成からソースコードやWeb編集に利用できる。

今バージョンでは,システム開発やWeb制作で扱うファイルの管理・共有に広く使われている分散型のバージョン管理システム・Gitのクライアント機能を搭載。Gitによる本格的なバージョン管理が可能となった。

GitHubなどのサービスのリモートリポジトリからローカルにクローンを作成,テキストファイルを編集して,リモートリポジトリにアップロードするまでの一連の操作を「LiquidLogic」だけで実行できる。

Gitバージョン管理機能

Gitバージョン管理機能

ファイル比較機能

2つのテキストファイルの内容を比較し,相違行・相違文字を明示するファイル比較機能を搭載。相違行がファイルのどの辺りにあるか把握して連動スクロールできるマップバーや,相違ブロックを瞬時に合わせる機能を比較用バーに装備。

ファイル比較機能

ファイル比較機能

iPad・Mac間でのファイル操作がスムーズに

Appleシリコン(M1)搭載のMac(App Storeからのダウンロード)でも利用可能になった。

macOS Big Sur上ではメニューバーからファイル/編集/検索などを実行でき,LiquidLogicをマウス&キーボードで操作できる。また,エディター画面にファイラーのサイドバー表示ができるようになった。


詳しい情報は以下のサイトで確認のこと。

LiquidLogic
https://www.megasoft.co.jp/publish/liquidlogic_git/

バックナンバー

2021年

バックナンバー一覧