ニュースリリース

グレープシティ,Windows用画像処理コンポーネント「LEADTOOLS」の最新版 「LEADTOOLS 21J」を発売,新機能・新環境の追加および製品構成を変更

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ株式会社は2021年7月13日,Windows用画像処理コンポーネント「LEADTOOLS」の最新バージョン「LEADTOOLS 21J」を発売した。

Windows用画像処理コンポーネント「LEADTOOLS」

Windows用画像処理コンポーネント「LEADTOOLS」

9種の製品ラインナップからなるLEADTOOLSシリーズは,1開発ライセンスあたり12万1,000~115万5,000円(税込み)の価格帯となっている。

3つのファミリーに分類し,エディションを設けた新構成

21Jでは,LEADTOOLSを用途に合わせた3つのファミリーに分類している。

  • Proファミリー
  • Documentファミリー
  • Medicalファミリー

Proファミリー

Proファミリーは,画像処理機能と画像ビューワ,HTML5対応のJavaScript画像ビューワを含む「Imaging Pro⁠⁠,Imaging Proに加えてバーコード読み書き機能を持つ「Barcode Pro⁠⁠,Imaging Proに加えてPDFの読み書き機能を持つ「PDF Pro⁠⁠,すべての機能を持つ「Pro Suite」の4つのエディションがある。

Documentファミリー

Documentファミリーは,Imaging Proに加え,ドキュメントビューワとコンバータ,PDF読み書き,HTML5対応のJavaScriptドキュメントビューワ機能を持つ「Document⁠⁠,Documentに加えてバーコードの読み書き,OCR認識,マーク認識機能を持つ「Recognition⁠⁠,Recognitionに加えフォーム認識機能を持つ「Document Suite」の3つのエディションがある。

Medicalファミリー

Medicalファミリーは,画像処理機能と画像ビューワ,ドキュメントビューワとコンバータ,DICOM,PDFの読み書き,PACS,HL7の機能を備える「Medical」と,Medicalに加えてHTML5対応のJavaScript DICOMビューワを持つ「Medical Suite」の2つのエディションがある。

新機能「ドキュメントアナライザー」

LEADTOOLS 21Jの新機能として,⁠ドキュメントアナライザー」が実装された。この機能は,構造化されたレイアウトなく,テキストベースのドキュメントフォーマット(DOC,DOCX,XLS,XLX⁠⁠,PDFおよび画像フォーマット(JPG,TIFF,PNG,PDF)からのデータをインテリジェントに認識し,操作できるもの。

事前定義されたルールセットに加えて,ユーザサイドで固有のデータに合わせたカスタムルールセットを追加できる。

LEADTOOLS 21J新機能詳細
https://leadtools.grapecity.com/topics/new-features.htm

開発ライセンスと配布ライセンスによる柔軟な運用を実現

LEADTOOLS 21Jのライセンスは,3台までインストール可能な開発者ライセンスと,アプリケーションの運用用途に合わせた配布ライセンスの2種類のライセンスが用意されている。

LEADTOOLS
https://leadtools.grapecity.com/topics/new-release.htm

バックナンバー

2021年

  • グレープシティ,Windows用画像処理コンポーネント「LEADTOOLS」の最新版 「LEADTOOLS 21J」を発売,新機能・新環境の追加および製品構成を変更

バックナンバー一覧