ニュースリリース

グレープシティ,JavaScriptライブラリ「Wijmo」新バージョン2021J v2,UIコンポーネントセット「ComponentOne」新バージョン2021 v2リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ株式会社は,同社のJavaScriptライブラリ「Wijmo」の新バージョン2021J v2を2021年8月25日に,UIコンポーネントセット「ComponentOne」の新バージョン2021 v2を同8月27日にリリースした。

地域別データの可視化が簡便になったWijmo 2021J v2

JavaScriptライブラリ「Wijmo」最新版2021J v2

JavaScriptライブラリ「Wijmo」最新版2021J v2

Webアプリ開発者向けJavaScriptライブラリの最新版Wijmo 2021J v2は,今回のバージョンアップで地図情報を実装できる機能「FlexMap」が正式版として実装された。

FlexMapを使えば,たとえば,⁠地図上に鉄道やバスルートなどの交通情報を表示する」⁠地図に支店の所在地を表示し,バブルチャートで売上を比較する」⁠新型コロナウイルス感染患者の病床使用率を都道府県別にヒートマップで表現する」などの使い方ができる。

Wijmoの料金体系は,1年定額制のサブスクリプション方式となっており,最上位エディション「Wijmo Enterprise」の初回費用は1ユーザライセンスが13万2,000円(10%税込⁠⁠,更新費用は5万2,800円(10%税込)となっている。

Wijmo 2021J v2
https://www.grapecity.co.jp/developer/wijmo/release/2021-2

.NET 5/Blazor対応強化,新コントロールが追加されたComponentOne 2021J v2

.NET開発コンポーネントセット「ComponentOne 2021J v2」

.NET開発コンポーネントセット「ComponentOne 2021J v2」

業務アプリケーション開発向け.NET/Xamarin/Blazor用コンポーネントを収録したスイート製品の最新版ComponentOne 2021J v2は,今回のバージョンアップで.NET5/Blazorの対応強化が行われた。

また,ASP.NET MVC用エディションで,Wijmo 2021J v2で正式搭載された地図可視化コントロール「FlexMap」が,ComponentOne 2021J v2にも追加搭載されることとなった。

ComponentOne 2021J v2
https://www.grapecity.co.jp/developer/componentone/release/2021-2

バックナンバー

2021年

バックナンバー一覧