ニュースリリース

グレープシティ,.NET/Xamarin/Blazor用業務アプリケーション開発UIコンポーネントセット「ComponentOne」の新バージョン2021 v3,2021年12月22日にリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ株式会社は2021年12月22日に,業務アプリケーション開発UIコンポーネントセット「ComponentOne」の新バージョン2021 v3をリリースした。

.NET 6への対応,Windows デスクトップアプリ開発UIフレームワーク「WinUI 3」対応コンポーネントセットを追加

ComponentOneの最新版「2021J v3」

ComponentOneの最新版「2021J v3」

「ComponentOne」は,.NET/Xamarin/Blazorに対応しているWindows用業務アプリケーションをサポートするUIコンポーネントセット。今回のv3では,2021年11月8日(米国時間)に発表されたMicrosoftの開発フレームワーク「.NET 6」へ対応した。

リリース当初は,Windows Forms,WPF,ASP.NET Core,Blazor,WinUIなどの各エディションで.NET6対応のアプリケーション開発が可能となった。

WinUIに関しては,最新のWinUI 3へ対応したことにより,最新のWindowsに適したモダンなWindowsアプリケーション開発が行える。

「ComponentOne for WinUI」の主要コントロール

「ComponentOne for WinUI」の主要コントロール

この他,.NETアプリケーション統合開発環境「Visual Studio 2022」をはじめ,Windows 11,Windows Server 2022などの環境にも対応している。今後,前述のコントロール以外でも.NET 6対応のコントロールが追加される予定。

1年定額サブスクリプションモデルでの提供,最上位プランで初期費用165,000円

Component One V3は,これまでと同様,1年定額制のサブスクリプション方式で販売される。最上位エディション「ComponentOne Enterprise」の初期費用は1ユーザライセンスが165,000円(税込),更新費用(リニューアル)は82,500円(税込)となる。
ComponentOne 2021J v3
https://www.grapecity.co.jp/developer/componentone/release/2021-3