ニュースリリース

グレープシティ,.NET 6とVisual Studio 2022に対応した Windowsフォーム用UIコンポーネントセット2製品「InputManPlus for Windows Forms」「MultiRowPlus for Windows Forms」の最新版を3月30日に発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ株式会社は,同社の入力&業務画面UIコンポーネント「InputManPlus for Windows Forms」および,多段明細&日付表示グリッドコンポーネント「MultiRowPlus for Windows Forms」の2種類のWindowsフォーム用UIコンポーネントセットの新バージョン「11.0J」を2022年3月30日に発売する。

InputManPlus for Windows Forms
https://www.grapecity.co.jp/developer/inputmanplus-winforms
MultiRowPlus for Windows Forms
https://www.grapecity.co.jp/developer/multirowplus-winforms

InputManPlus for Windows Forms 11.0J/MultiRowPlus for Windows Forms 11.0J

InputManPlus for Windows Forms 11.0J/MultiRowPlus for Windows Forms 11.0J

両製品とも,新バージョン「11.0J」では最新の.NET 6に対応するほか,.NETアプリケーションの統合開発環境Visual Studioの最新バージョン「Visual Studio 2022」への対応を実施している。さらに,開発環境/運用環境において,2021年10月にリリースされた最新のOS,Windows 11もサポートする。

その他,それぞれの製品についても機能が追加される。

「InputManPlus for Windows Forms」には,入力フォームに対して独自の検証処理を行うための「カスタム検証コンポーネント」が追加され,独自に定義した検証条件に基づいて,メッセージの通知やテキストボックスの背景色変更といった処理が可能となり,入力フォームのエラーチェックなどに活用できる。

「MultiRowPlus for Windows Forms」では,セル内容のフロート表示ができるようになる。これにより,グリッドの画面設計でセルを結合して利用している場合でも,セルに入力されている内容が画面スクロールに追従して表示され,アプリケーションのUX向上を支援する。

両製品とも1開発ライセンス価格は17万6,000円(10%税込⁠⁠。購入から1年間,テクニカルサポートとフリーアップグレードの利用が可能となる保守サービスが付属する。

グレープシティ株式会社
http://www.grapecity.co.jp