ニュースリリース

グレープシティ, JavaScriptスプレッドシートライブラリの最新版「SpreadJS V15J」を3月24日に発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ株式会社は,同社の業務アプリケーション開発支援用JavaScriptライブラリ「SpreadJS」の最新版「V15J」を2022年3月24日に発売する。

SpreadJS V15J

SpreadJS V15J

SpreadJSは,WebアプリケーションでMicrosoft ExcelライクなUIを実現するためのJavaScriptライブラリ製品。

SpreadJSの特徴は,Excelライクなスプレッドシートの処理に加え,リボンメニューや数式バー,ステータスバーを一括でWebアプリケーションに実装できるコンポーネント「リボンコンテナ」と,Excelと同様の操作感でシートデザインを行えるアプリケーション「SpreadJSデザイナ」から構成される。

今回の最新版V15Jでは,⁠リボンコンテナ」⁠SpreadJSデザイナ」において,Excel互換性機能が多数追加実装された。

具体的には,以下のような機能が追加されている。

  • Ctrl+Fのショートカットキーによる検索・置換ダイアログの表示
  • ファイルメニュー・ページレイアウトタブからの詳細印刷設定
  • テキストデータの分割
  • 重複データの削除

検索・置換ダイアログ

検索・置換ダイアログ

また,ピボットテーブルの操作性を向上し,必要なデータ抽出がしやすくなったり,シートの列・行単位でのスタイル設定が行えるようになっている。

販売に関しては,1年定額制のサブスクリプション方式で提供される。初回費用は,1開発ライセンスが16万5,000円(10%税込⁠⁠,1配布ライセンス(1ドメイン)が66万円(10%税込⁠⁠。なお,開発ライセンス・配布ライセンスの2年目以降の更新価格は,両ライセンスとも16万5,000円(10%税込)となる。

SpreadJS
https://www.grapecity.co.jp/developer/spreadjs
グレープシティ株式会社
http://www.grapecity.co.jp