ニュースリリース

グレープシティ,チャートウィザードを追加したJavaScript帳票ライブラリ「ActiveReportsJS」最新版をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ株式会社は,同社のJavaScript帳票ライブラリ「ActiveReportsJS」最新版V3Jをリリースを2022年3月23日に発売した。

ActiveReportsJS V3J

ActiveReportsJS V3J

ActiveReports JSは,Webシステムに帳票機能を組み込むための帳票開発用JavaScriptライブラリ。

新バージョン「V3J」では,チャートの作成を支援する「チャートウィザード」が追加された。これにより画面のウィザードに従って項目を設定するだけで,棒グラフや円グラフ,折れ線グラフ等のチャートを利用した帳票を簡単に作成することができる。

ActiveReportsJS V3J

ActiveReportsJS V3J

この他,テキストを縦書きで表示する際に,テキスト内の半角英数字を水平方向に描画する「縦中横(たてちゅうよこ⁠⁠」が利用可能になり,テキスト中に含まれる半角英数字のみを横書きで表示できるようになった。

ファイル出力に関しては,CSVエクスポート機能が追加され,レポート中のTableやTablixに表示されているデータをCSV形式でエクスポートしてMicrosoft Excelなどの表計算ソフトで二次加工したり外部アプリケーションと連携したりする場合に活用できる。

販売に関しては,1年定額制のサブスクリプション方式で提供される。初回費用は,1開発ライセンスが16万5,000円(10%税込⁠⁠,1配布ライセンス(1ドメイン)が66万円(10%税込⁠⁠。なお,開発ライセンス・配布ライセンスの2年目以降の更新価格は,両ライセンスとも16万5,000円(10%税込)となる。

ActiveReportsJS
https://www.grapecity.co.jp/developer/activereportsjs
グレープシティ株式会社
http://www.grapecity.co.jp