Backlog World 2021で見えたこれからのプロジェクト管理とツールの未来

01:「旅」をテーマに素晴らしい出会いの機会を提供する~Backlog World 2021ピックアップセッションレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回から複数回に分けてお届けするBacklog World 2021レポート。まずは基調講演を含めたピックアップセッションの様子をお届けします。

同時視聴者数290名超!Backlog World 2021,完全オンラインで開催

Backlog World 2021は,2021年3月13日(土)に開催しました。イベントサイト(connpass)の登録者は547名。Youtubeの同時視聴者数は290人を超え,多くの方にご覧いただきました。

Backlog Worldとは

Backlog World 2021 は,BacklogのユーザグループであるJBUG(Japan Backlog User Group)主催のイベントです。

2017年に設立したBacklogユーザのためのコミュニティJBUG(Japan Backlog User Group)

2017年に設立したBacklogユーザのためのコミュニティJBUG(Japan Backlog User Group)

JBUGは,2017年に誕生した「チームではたらく,すべての人に⁠⁠ を掲げている「Backlog」のユーザーグループです。北は札幌から南は沖縄まで,複数の地方でJBUGの開催実績があります。このJBUGによる運営のもと,大規模なカンファレンス「Backlog World」を年1回開催しています。

Backlog World 2021のテーマは「旅 ~Journey~」

イベントのテーマは「旅 ~Journey~」です。

テーマに込めた想いは,次のような内容でした。

Backlog World 2021に込めた想い

Backlog World 2021に込めた想い

「新しい何かが生まれるきっかけであってほしい」という想いが伝わるメッセージです。運営委員長 中道さんの想いは,ご本人のnoteでも公開されています。当日は,このメッセージに心が揺さぶられた方もいたと思います。⁠明日から応用できる何か」を知りたい方は,ぜひこのレポートを読み進めていただければ嬉しいです。

そして,今回のライブ配信も,天神放送局にご協力いただきました。

また,今回のライブ配信は,ほぼオンタイムで終了しました。オンタイムの終了は昨年のBacklog World 2020に引き続きご協力いただいた天神放送局の存在なしでは実現できなかったと思います。

天神放送局は,⁠ライブ配信で機会格差をなくしたい」という想いで活動されています。オンラインイベントの配信ノウハウに悩んでいる方は,ぜひ一度,天神放送局のサイトをご覧ください。

5時間超のボリュームで行われた充実のプログラム

当日のプログラムは合計で5時間強のボリュームでした。

Backlog World 2021のプログラム

Backlog World 2021のプログラム

発表資料はイベントサイトで公開しています。また,配信動画のアーカイブツイートまとめも併せてご覧ください。

本記事では,基調講演と公募セッションから3つのセッションをピックアップしてご紹介します。

ワークスタイル・トランスフォーメーション

「リモートワークを当たり前に」をミッションに活動されている株式会社キャスターの石倉さん。創業からフルリモートワークで会社を運営されており,従業員の700名がほぼ全員リモートワーク!という徹底ぶり。まさに,今の時代の働き方を先だって実践されていると思います。

まず最初に,株式会社キャスターのビジョンとミッション,特徴が共有されました。キャスターの特徴として紹介された⁠究極のジョブ型⁠というキーワードに惹かれた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

株式会社キャスターの石倉さんのセッション「ワークスタイル・トランスフォーメーション」

株式会社キャスターの石倉さんのセッション「ワークスタイル・トランスフォーメーション」

「ワークスタイル・トランスフォーメーション」とは,多様な働き方をする人がいるチームで,成果を出すために仕事を変化させること。という石倉さん。

ワークスタイル・トランスフォーメーションの定義

ワークスタイル・トランスフォーメーションの定義

とくに,今までは「集合型」であったワークスタイルが,⁠分散型」に変わっていくんだ。という説明を終えた後,何が変わるのか?という観点で,以下の4つのテーマが展開されました。

  1. コミュニケーション
  2. タスク管理 / プロジェクト管理
  3. マネジメント・シフト
  4. マインドセット

いずれも「ふむふむ……」と納得感があり,明日から意識することで行動に変えていけそうな内容です。リモートワークを行う上で,誰もが悩む「コミュニケーション」のテーマでは,多くの参加者の共感が得られていました。

石倉さんが考える「コミュニケーション」の位置付けと理解

石倉さんが考える「コミュニケーション」の位置付けと理解

コミュニケーションのあり方が変化していく中で,上手く話せるよりも,キチンと書いて伝えること。テキストで書かれている情報を,的確に読み取る力がより大事になっていく。という内容は,誰もが感じている課題なのではないかと思います。

とくに,ちょっとした相談や,気軽な雑談などは,リモートワークになると減ってしまうコミュニケーションであり「意図しないとできない」コミュニケーションであるととのこと。

ちょっとした相談や雑談こそ,リモートワーク時には意識的に向き合い,行う必要がある

ちょっとした相談や雑談こそ,リモートワーク時には意識的に向き合い,行う必要がある

このようなコミュニケーションの課題解決の1つとして,日報を報告のツールだけではなく,コミュニケーションのきっかけに使う。という明日からすぐに実行できるノウハウも紹介いただきました。

日報は,読んでいる方からリアクションが無いと「なんで日報なんて書いてるんだろう」と感じるようになり,段々と形骸化してしまうことも多いのではないでしょうか。そんな問題に悩まれている方には,ぴったりのノウハウではないかと思います。

「参加している皆さんこそワークスタイル・トランスフォーメーションの担い手」と語り,セッションを締めくくった石倉さん

「参加している皆さんこそワークスタイル・トランスフォーメーションの担い手」と語り,セッションを締めくくった石倉さん

最後に「参加している皆さんこそワークスタイル・トランスフォーメーションの担い手」とコメントされ,⁠働き方の変化を前向きに捉えて良いチームを増やせたら良いと思っている」とのことでした。

セッションを聞いている参加者の方々の自信につながるような締めくくりで,モチベーションが高まった方も多かったのではないかと思います。

著者プロフィール

巻宙弥(まきみちや)

Backlog World 2021 運営メンバー,JBUG札幌 運営リーダー。

1982年生まれ。 北海道新ひだか町(静内町)出身。システム開発会社にて経験したのち,アプリ開発のベンチャー企業に転職。システムエンジニア 兼 プロジェクトマネージャーとして,様々な開発/管理業務に従事。現在はコンサルタントとしてキャリアアップを目指している。

座右の銘は 『一期一会』 全ては出逢いから。

Twitter:@makky_tyuyan

バックナンバー

Backlog World 2021で見えたこれからのプロジェクト管理とツールの未来