PHPカンファレンス2021 レポート

PHPカンファレンス2021 レポート[前編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

10月2日(土⁠⁠⁠,3日(日)⁠,PHPカンファレンス2021が開催されました。 PHPカンファレンスは今年で21回目の開催となり,昨年に引き続きのオンライン開催となりました。また,今年は特別に2日間の開催となりました。本記事ではその模様をお伝えしていきます。前編では初日(10月2日)の3セッションを取り上げます。

なお,カンファレンスの録画がYouTube上にあります。あわせて参照してください。

廣川類さん「PHPの今とこれから2021」

オープニングセッションとして毎年恒例となっている,日本PHPユーザー会の廣川類さんがPHPの今とこれからについて話しました(発表スライドはこちら⁠。

画像

これまでのPHPの歩み

PHPは1995年に誕生以来,Webと共に成長と発展を続けてきました。 特にWebの世界では技術革新が速く,その26年という年月に渡り使われ続けてきた実績がPHPにはあります。

PHPはサーバーサイド言語シェアで,78.7%というデファクトスタンダードと言っても過言ではないほどの高いシェアを確保しています。CMSシェアにおいてもWordPressが65.2%と高いシェアを獲得しています。

また,PHP自体の高速化についても日々向上しており,20年前と比較して速度がおよそ50倍まで高速化されました。この高速化の素晴らしい点は,ソースコードをほとんど修正することなくPHPのバージョンアップを行うことにより恩恵を受けられることです。

画像

高速化については各バージョンでそれぞれ改善しており,特にここ10年で3つの大きな高速化の革新がありました。

  • PHP 5.3~5.4:現代的な機能の導入
  • PHP 7:大幅高速化
  • PHP 8:JIT導入

高速化を行いながらも,PHPが大規模Web開発に使いやすくなるようなモダンな機能や構文がどんどん追加されていて,一昔前のPHPとは違うスマートな構文での開発が可能となっています。

今年はPHP8系初のマイナーバージョンアップデートのPHP 8.1が11月25日にリリース予定となっています。 なお,PHP 7.2以前はすでにサポートが切れていて,PHP 7.3も12月6日にサポート切れとなります。

画像

これからのPHP 8.1の特徴と新機能

先程も少し触れましたが,PHP8系の初めてのマイナーバージョンアップのPHP 8.1も,よりモダンで高速化しています。

まず,PHP 8.0で導入されたJITがさらに高速化されています。 ただし,PHP7系時点でも十分に高速化されていたため,気づきにくいかもしれませんが,スライドのグラフの通り確実に高速化されていると説明がありました。

画像

つづいて,PHP 8.1の新機能について取り上げました。 今回もたくさんの改善/変更ポイントがリリースされる予定です。

PHP 8.1の大きな目玉として,Fiberを使った非同期処理が実装されました。 これは以前より待ち望まれていた機能です。いくつかのフレームワークでは非同期処理が実装されています。実際に利用する場合は,フレームワーク側から利用することが多くなると思います。

もう一つの目玉として,enumを使った列挙型が実装されました。 これも以前より待ち望まれていた機能で,他言語で便利に利用していた開発者に恩恵のある構文かと思います。

ほかにもたくさんの構文や機能が実装されており多岐にわたります。発表スライドやドキュメントを参照してください。

画像

おわりに

最後に廣川さんは「PHPユーザー会では,PHPの勉強会やカンファレンスに参加して相互の情報交換とコミュニティの健全な発展を目的に活動しております。本日のPHPカンファレンスも是非お楽しみください」と述べ,PHPカンファレンス参加者の活発な交流を呼びかけ締めくくりました。

著者プロフィール

三雲勇二(みくもゆうじ)

プライム・ストラテジー株式会社 所属。合格率10%未満のPHP5上級などの資格を多数保有。

Twitter:@maikeru
Facebook:yuji.mikumo