PyCon JP 2018カンファレンスレポート

[2日目]プログラミングの愉しみ,“トイル”との戦い~Python 2→3移行の実際,先端事例紹介のLTからクロージングへ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

2日目ライトニングトーク

(陶山嶺)

1日目と同様に,2日目のクロージングでもライトニングトークがありました。ここではその中から2つのライトニングトークを紹介します。

「diff最小化原理で導くZen of Python」 ― 多田吉克

「diff最小化原理で導くZen of Python」というタイトルで発表してくれたのは,株式会社いい生活の多田 吉克さんです。

Python歴が2年目と若い多田さんですが「2年目なりにPythonを書くときにどうしたらいいか考えてきました」とのことです。⁠修正コスト = diffの量」と捉え「将来のdiffが最小化されたコードがいいコードではないか?」という仮説を持ったそうです。そのためにできることとして具体的に下記のTipsを挙げていました。

  • 複数モジュールのimport文やリスト,辞書などで行末にカンマを書く
  • 早期リターン
  • (アクセス制御などでは)デコレータを使う

みなさんもコードを書く際の指針の1つとしてdiffを意識してみるといいかもしれませんね。

若手と謙遜しながらも堂々とした立ち居振る舞い

若手と謙遜しながらも堂々とした立ち居振る舞い

「システム開発素人が深層学習を用いた画像認識で麻雀点数計算するLINEbotを作ったハナシ」― 栗原理央

麻雀,Pythonが好きな栗原理央さんは深層学習を使っている株式会社ブレインパッドのデータサイエンティストです。ご自身が作った麻雀点数計算チャットボットについてライトニングトークをしてくれました。

もともとのスキルからか麻雀点数計算部分は比較的簡単に作ることができたようですが,Flaskとherokuを使ってLINEbotにするところで下記のような点で苦労したようです。

  • アプリ立ち上げに60秒かかるとdynoコンテナが再起動される
  • 100MB以上のファイルを置けない(深層学習モデルはこれより大きい)
  • LINEにReplyできるのはユーザーアクションから30秒以内に1度だけ(モデルのロード/ビルド,推論はもっとかかる)
  • メモリが512MBを超えると処理が遅くなる

いずれもHeroku,LINE Messaging APIのフリープランゆえの制約のようです。この制約を越えるために行った工夫は,ぜひ動画でご覧いただければと思います。

トークも上手く,みんな集中して聞いていました

トークも上手く,みんな集中して聞いていました

2日目ライトニングトーク一覧

今回ご紹介しきれなかったものも含め,2日目のライトニングトークの一覧はこちらです。

  • 暗号通貨技術・ブロックチェーン技術を活用するCrypto-Fintech Lab. : Narisa Takita
  • 安全なサンドボックス構築の裏側 ~投資アルゴリズム構築環境QuantX Factoryの事例~ : 康裕三
  • diff 最小化原理で導く Zen of Python : 多田吉克
  • Python × Investment ~投資信託をPythonで分析して,その結果を公開するサービス作った話~ : Takahiro Kato
  • システム開発素人が深層学習を用いた画像認識で麻雀点数計算するLINEbotを作ったハナシ : 栗原理央
  • 【poke2vec】ポケモンの役割ベクトルの学習とその分析・可視化 : 喜多智也
  • asyncio + aiohttp で作るウェブサービス : Pine Mizune
  • PyCon JP 傾向と対策 : ryo kato

また,Pythonの公式アカウントにライトニングトークの動画がアップロードされています。

クロージング

ライトニングトークのあとは,PyCon JP 2018全体のクロージングでした。4日間に渡るPyCon JP 2018全体の参加者数は1156人と,PyCon JPとして初めて1000人を超す規模のイベントとなりました。

また今年のクロージングでは,サプライズとして来年のPyCon JPの日程も発表されました。PyCon JP 2019のカンファレンスデーは,2019年9月16日〜17日に今年と同じく大田区産業プラザPiOで開催されます。来年もぜひ参加してみてください!

著者プロフィール

陶山嶺(すやまれい)

事務局チームで主にメディアスポンサーを担当。PyCon JPにはPyCon JP 2015で初めて一般参加。Python自体に貢献しようとPyCon JP 2016からはスタッフとして参加している。

渋谷のSENSY株式会社に勤務し,広島の尾道でリモートワークを実践中。前職ではiOS/Androidアプリ開発,現職ではPythonとGCPでのサーバーサイド開発をメインとしている。

学生時代から一番好きな言語はずっとPythonで,GCPUG岡山の運営にも携わっている。

『WEB+DB PRESS Vol.104』で特集「イマドキPython入門」を執筆(共著)。

Twitter: @rhoboro


大堀優(おおほりゆう)

事務局チームでメディアスポンサーを担当。

現在は,新日鉄住金ソリューションズ株式会社で異常検知をはじめとした機械学習及びデータマイニングの研究開発に従事している。

Twitter: @Y_oHr_N


二宮健(にのみやたけし)

PyCon JP 2018で,メディアスポンサーやジョブフェアを担当。

株式会社LIFULLのAI・データ分析チームで,PythonやRubyを使って開発しているソフトウェアエンジニア。最近読んで面白かった本は『エンジニアの知的生産術 ──効率的に学び,整理し,アウトプットする』


花井宏行(はないひろゆき)

事務局チームで主にメディアスポンサーを担当。スタディプラス株式会社所属。PyCon JPにはPython未経験のままスタッフに参加。スタッフ参加がきっかけでPythonに興味を持ち,日々勉強中。

現職ではRuby on Railsでサーバーサイド開発をメインとしている。学生時代の縁で舞台監督や舞台運営のスタッフとしても活動している。

Twitter: @hanahiro_aze

バックナンバー

PyCon JP 2018カンファレンスレポート