RubyKaigi2009 スペシャルレポート

Ruby会議2009 3日目レポート[更新完了]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 12 分

RejectKaigi2009

RubyKaigiの全プログラムが終了後,別会場の撤収作業の合間に,RejectKaigi2009が行われました。一人当たりの持ち時間は3分です。

Florianさん

Sinatraのルーティング情報に特化したドキュメンテーションツールWilsonの紹介しました。

画像

星一さん

星一さんは,比較演算子を再定義してPHPのような結果を返すライブラリ,その名も「php」を披露して会場の笑いを誘いました。

画像

ukstudioさん

昨今のキーボード情勢を鑑みながらAlphaGripの良さを伝えてくれたukstudioさん。

画像

yamashiroさん

java-jaからやってきたyamashiroさんは,⁠宮本武蔵は日本最古のアジャイラーである」と言及しました。

画像

tsuyoshikawaさん

「栄光に向かって走り続ける」と宣言したのは,OOPJogのtsuyoshikawaさん。Sinatraの会の会長も務められるtsuyoshikawaさんは,古き良きSinatraの魅力について語りました。

画像

とみたさん

「MySQL/Ruby」⁠Ruby/MySQL」という2つのややこしいライブラリの作者であるとみたさん。今後の展望について述べました。

画像

yoshioriさん

java-jaのyoshioriさんは,会期中に高橋会長から「もうRubyistを名乗っていいよ」と言われたそうです。RubyKaigi2009のタイムテーブルのWebページに記載されている時刻の情報を,スウォッチ・インターネットタイムを扱う自作ライブラリ「itime」を使って変換していました。

画像

永井さん

Ruby/Tkのデフォルトウィジェットセット制御の煩雑さを説明し,ライブラリ提供者として「開発者が苦労,利用者は楽しく」という,Rubyらしいスタンスを示す発表でした。

画像

hogelogさん

「Rubyとドラクエのフシギな関係」と題されたこの発表では,Emacsからlisp処理系とソケット経由で通信する「SLIME」が紹介されました。

画像

faultierさん

faultierさんは,自作のプログラミング言語「DT」を披露し,とてもプログラムのソースコードとは思えない文章を実行してみせるデモを行い,会場を盛り上げました。

画像

すがまさおさん

すがまさおさんの発表は「エクストリームSass開発⁠⁠。sassファイルの変更時に自動でCSSへの変換を行ってくれるツール「Saag」を作成したと話しました。

画像

mootohさん

きのうに続いて2日連続のRejectKaigi登壇となるmootohさん。RubyKaigiへの関わり方を「参加者」⁠発表者」⁠スタッフ」と変えてきた中で「友達が増えた!」と喜びを伝え,会場の皆さんにも「スタッフになろう!」と熱く呼びかけました。

画像

Michaelさん

Ramazeの作者であるMichaelさんは,開発中のRuby製テキストエディタVERを紹介しました。VERの特徴を「ViとEmacsの良いとこどり」とし,⁠宗教戦争は終わりにしよう」と叫びました。

画像

吉田裕美さん

Railsの教育事業などを展開しているEY-Officeからは,吉田裕美さんがやってきました。⁠来年こそはRubyKaigiのスポンサーになれるように!」と意欲を見せました。

画像

takesakoさん

Shibuya.pmの二代目リーダーtakesakoさん,驚きのPolyglotプログラミングを見せてくれました。単一のソースコードを「Perl」⁠JavaScript」⁠Ruby 1.8」⁠Ruby 1.9」で実行したときに,それぞれの言語に合わせて出力結果が変わるというものです。takesakoさんのブログに解説がありますので,ぜひご覧ください。

画像

アカイさん

「3日前に楽天ROMAのコミッタになりました」と自己紹介したのはアカイさんです。iPhoneアプリを開発するときには「Rubyの豊富なライブラリを活用してプロトタイピングして,それから移植すればよい」とノウハウを語りました。

画像

井上さん

「ニコニコ動画とスクレイピング地獄」というタイトルで発表したのは井上さん。APIで取得できない情報を得るために,ニコニコ動画のHTMLソースとにらめっこする日々の苦労を漏らし,HTMLの変更に左右されにくいスクレイピングのコツを教えてくれました。

画像

斎藤ただしさん

斎藤ただしさんは「拡張ライブラリを作るとリア充」と言い,ライブラリ「Decimal」を開発する中でRubyのバグを発見した喜びを語りました。発表の最後はDecimalの歌で締めくくられ,大盛況となりました。

画像

tamaさん

「3分前に思い付きました」というタイトルは「拡張ライブラリをD言語で作るとリア充」だったtamaさんの発表です。C言語の後継であるD言語を用いて拡張ライブラリを作る意義について述べました。また,⁠四国Ruby会議をやりたい!」という想いも語られました。

画像

syou6162さん

当日スタッフとしても大活躍だったsyou6162さんの発表。統計解析ソフトRのコミュニティ「Tsukuba.R」を発足するに至ったきっかけには,RubyKaigiの存在があったと話し,感謝の気持ちを表していました。

画像

※ほかにも発表がありましたが,執筆が追いつきませんでした。ごめんなさい!

本日のサイン会

最終日のお昼休みに,ジュンク堂書店RubyKaigi店で,Ruby札幌の5人共著の『Ruby逆引きレシピ』⁠翔泳社)と,Ruby札幌の島田浩二さんが監訳した『プロダクティブ・プログラマ』⁠オライリー・ジャパン)のサイン会が行われました。⁠Ruby逆引きレシピ』は85冊が完売しました!

画像

画像

WEB+DB PRESSのサイン会も!

また,急遽WEB+DB PRESS Vol.51のサイン会も行われ,特集1「実践投入Rails」の吉見和也さん,濃縮還元オレンジニュースを連載中の角田直行さん,読者欄を執筆された(というか投稿していただいた)島田さんといがいがさん,和田卓人さんによるサインが行われました。

画像

画像

『パターン,Wiki,XP』も完売御礼

『パターン,Wiki,XP』は80冊が完売しました! 最後のサインはかずひこさんに。

画像

他の書籍も完売御礼

他にも,⁠ふつうのコンパイラをつくろう』『エンタープライズRails』が完売し,大盛況のうちにジュンク堂書店RubyKaigi店は終了しました。お買い上げくださいました皆さま,ありがとうございました。

スタッフによるイベントふりかえり

イベントの撤収作業が終ったところで,スタッフによる本イベントのふりかえりが行われました。その後,スタッフ打ち合わげが行われました。

画像

イベント当日のレポートは以上になります。最後までお読みいただきまして,ありがとうございました。

著者プロフィール

大和田純(おおわだじゅん)

ハンドルネームはjune29。RubyKaigi2009当日スタッフ(KaigiFreaks)。

ディスカバリーエンジン「デクワス」を開発・運用中のサイジニア株式会社勤務のWebクリエイタ。北海道出身。技術が人々の生活をどのように豊かにしていくかを考えるのが楽しくて,新しいものはどんどん日常に取り入れてみる。好きな言語はRuby。尊敬する漫画家は荒木飛呂彦先生,好きな擬音語は「メギャン」。

URLhttp://june29.jp/


白土慧(しらつちけい)

ハンドルネームはkei-s。RubyKaigi2009当日スタッフ(KaigiFreaks)。

ディスカバリーエンジン「デクワス」を開発・運用中のサイジニア株式会社勤務のWebエンジニア。札幌市出身。大学時代にWebと複雑ネットワークの楽しさを知る。人と情報のつながりを考えるのが好き。好きな言語はJavaScriptとRuby。好きな小説家は舞城王太郎。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/kei-shttp://friendfeed.com/keis