RubyKaigi2010スペシャルレポート

Ruby会議2010 3日目レポート[更新終了]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 15 分

Chad Fowlerさん「基調講演」

基調講演は,高橋さんによるChadさんの紹介からスタートしました。Chadさんは,今年日本で翻訳された「情熱プログラマー」をもとに,⁠何故すばらしいキャリアを構築することが大切か」ということについて話されました。子供を持つ社会人の平均的な平日の時間の使い方として,53.05%が仕事の時間だそうです。そのため,⁠すばらしいキャリアを作ることは,すばらしい人生を過ごすことと同じ」と述べました。

画像

創造的自由

「プログラマーとしてどうやるか言われてやるのは嫌い。何をなし遂げるのか」というのが大事,とChadさんは言います。人によってすばらしい仕事という概念は違います。Chadさんは,⁠自分が本当にやりたいことは何なのか」と,よく自問してきたそうです。しかし,未だに答えはでていないが,自問することは今の人生計画を作るためには大切だと述べます。⁠スマーフが好きならスマーフになればいい」⁠どんなにニッチなことでも追求しろ」⁠他の人がおかしなことと思うことであっても好きにやれ」とChadさんは言います。

画像

先送りの人生

「引退後にやりたいことをやるために苦しんでいると考えている人がいる」と話されました。Chadさんは,⁠今の人生は将来のためなんてことはやめるべき。待つべきではない。行きたい人生を生きなさい」と語りました。

一見し難しいそうで大事なことは簡単に手に入る

「難しいことでも,システムを作り,それに使うことでやりとげることができる」と,難しいことに挑戦するときのコツが紹介されました。ミュージシャンになった昔のルームメイト,ヒンズー語を学んだとき,ダイエットしたときの経験談を混じえ,目標を達成するためのシステムを構築することの重要性が話されました。

ビジネスに対する自分の価値の提供

自分という商品をどう売りこむかということについて,Chadさんはコードの形で以下のような仕組みが紹介されました。

loop do
  choose_your_market
  invest
  execute
  market
end

一番へたくそであれ

Chadさんは,自分より何かできる人と一緒に仕事すると良いと言います。自分が一番下手であることで,他の人から色々勉強ができるそうです。しかし,周りがダメだとそこから悪影響を受けてしまうことがあるため注意するようにとのことです。

専門家vsなんでも屋

自分のキャリアとして,専門家になるという選択肢もあるでしょう。また,なんでもできるなんでも屋になるという選択肢もあります。しかし,Chadさんはどちらか一つを選択するのではなく,どちらになるようにしたほうがいいと言います。一つのことを詳しく知っているだけというのではなく,一つの分野について深く探ることができ,そこに関わる周辺知識を知っているといいと言います。

画像

プログラミングにも練習を

プログラミング業界はOJTと称して,練習なしに仕事をすることが多いです。Chadさんは,練習を自分でするようにすべきと言います。練習用として,以下のような課題をあげました。

  • Code kata
  • Ruby Quiz
  • Project Euler
  • Golf

誰のために働いているか忘れないようにしよう

タスクの優先順位を決めるのはとても大変です。自分にとって一番重要なことをやるまえに簡単なことをやってしまいがちです。そうはならないよう,誰のために働いているか常に考えるようにと注意されていました。そのためのやり方として「daily hit」というやり方を教えてくれました。⁠daily hit」とは,毎日マネージャーが評価するようなことを少なくとも1つやって成果をみせるというボブ・マーティンさんが始めたものです。

8時間完全燃焼

8時間しか働かないって考え方は間違っていると指摘していました。XPの週40時間働くということは,8時間だけ働いて,その8時間でもう働けなくなるほど頑張るという意識でやりなさいということです。

目立ちなさい

「昔すごいことをやった時に傲慢に見えるのがいやだったから,誰にも言わなかった」と,昔の自分をふりかえっていました。しかし,⁠誰にもやったことを言わなければ,誰にもメリットがない」と語っていました。そのため,⁠目立つことが重要。ただし,印象が悪くならないよう気をつけなさい」と言及しました。

コネを作ろう

RubyKaigi2010に参加していた中学2年生のsoraくんを例に出し,積極的に有名人に声をかけ,コネを作ることはキャリア形成では大事であることが語られました。

ごちゃまぜコラボ

「自分が習ったことを他の人に伝えよう」と,Chadさんは語ります。昔,Rich Kilmerと最初にコードを書いたときは一緒に働くことが嫌いだったが,しばらく働くと仲良くなり今でも一緒にコラボしていると,自分の経験談が紹介されました。

繰り返しを忘れるな

twitter上であった体重に悩みがある人の「毎日,わたしに"昨日よりよくなっているか"と聞いてくれ」というライフハックを例にだし,⁠毎日昨日よりよかったことを1つやっていくことで,すごく進歩できる」ということが伝えられました。

燃えつきるな

情熱を燃やして仕事をするということは重要です。しかし,もっと重要なこととして「情熱を使いすぎて,燃えつきないように」と注意をされました。情熱を使いすぎて燃えつきてしまうと,廃人になってしまいます。そうならないように,情熱を節約していく必要があると言及しました。

画像

プログラマだろう?クーラー効いているし,楽しいことやっているじゃん

後半は時間が足りず,早足でプレゼンを終えましたが,わたしたちに情熱を絶やさずに仕事をする重要性が紹介されました。わたしたちが,これからも情熱をもって仕事をするのに役立つ,素敵な情報が沢山ありました。

クロージング

実行委員長の高橋さんからクロージングの挨拶が行われました。その際,次回のRubykaigiが2011年7月東京で開催されることが発表されました。

来年のRubyKaigiのテーマが「最後のRubyKaigi」と言及されたときには会場の空気が一瞬固まりかけましたが,このテーマに至るまでの経緯の説明と,⁠あなたはそこで何がしたいですか?」⁠もう2度とRubyKaigiがないとしたら」⁠なんでもできるはず」などの言葉が投げかけられることで,参加者の皆さん一人一人がこのイベントについて思いを馳せているように感じました。

画像

著者プロフィール

KaigiFreaks レポート班

KaigiFreaksとは,会場に来れなかった人にも,雰囲気や内容を楽しんでもらえるように動画収録や配信を行うことをミッションに,RubyKaigi2008で結成された特別編成チーム。

RubyKaigi2009からはgihyo.jpを中心にテキストと写真で現場の様子を伝えるレポート班が加わり,現在のKaigiFreaksは配信班とレポート班の2班編成。


赤松祐希(あかまつゆうき)

2010年よりフリーランスとして活動するプログラマ。Ruby(on Rails)によるアプリケーション,システムの開発を得意とする。好きな言語ももちろんRuby。コードの質について考える日々。

blog:http://ukstudio.jp/
twitter:http://twitter.com/ukstudio


大和田純(おおわだじゅん)

源氏名はjune29。RubyKaigi2010実行委員,KaigiFreaksレポート班。

ディスカバリーエンジン「デクワス」を開発・運用中のサイジニア株式会社勤務のWebクリエイタ。北海道出身。技術が人々の生活をどのように豊かにしていくかを考えるのが楽しくて,新しいものはどんどん日常に取り入れてみる。好きな言語はRuby。尊敬する漫画家は荒木飛呂彦先生,好きな素数は29。

URLhttp://june29.jp/


すがわらまさのり

ハンドルネームはsugamasao。

若手IT勉強会によく出没する。仕事では Flex での Flash 開発を中心に,自社サービスの iPhone アプリ開発や Ruby での Web アプリケーションの開発を行う。普段はどーすればラクして良い仕事ができるかを考えている。Rubyとアルコールが好きです。伊坂幸太郎さんはもっと好きです。

blog:http://d.hatena.ne.jp/seiunsky/
twitter:https://twitter.com/sugamasao


白土慧(しらつちけい)

ハンドルネームはkei-s。RubyKaigi2010実行委員,KaigiFreaksレポート班。

ディスカバリーエンジン「デクワス」を開発・運用中のサイジニア株式会社勤務のWebエンジニア。札幌市出身。大学時代にWebと複雑ネットワークの楽しさを知る。人と情報のつながりを考えるのが好き。好きな言語はJavaScriptとRuby。好きな小説家は舞城王太郎。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/kei-shttp://friendfeed.com/keis


三村益隆(みむらみつたか)

(株)永和システムマネジメントサービスプロバイディング事業部所属。Asakusa.rb。お仕事では,Linuxのカーネル開発やC++での開発等Ruby以外の仕事が多いが,Ruby好き。

blog:http://d.hatena.ne.jp/takkan_m
twitter:http://twitter.com/takkanm