キーパーソンに訊く,ITの今

「言葉本来の力を活かしたインターフェースを作りたかった」─Ubiquity開発者Aza Raskin氏インタビュー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

―― お父さんのJef Raskin氏から受けた影響について教えてください。

Aza Raskin氏の父は,Macintoshの開発で重要な役割を果たしたJef Raskin氏です。同じインターフェースの専門家という道を歩んだことについて,父の影響についてお話を伺いました。

Raskin:

おそらく,父がインターフェースをやっていなかったら私もやっていなかったと思います。半ば洗脳された部分もあります。たとえば,私が赤ちゃんのころ,父は乳母車の代わりにMacintoshのケースに入れて押していたくらいです(笑⁠⁠。ただ,おかげで私はコンピュータのことが大好きになりました。

父との成長の中で,とくに心に残っているのは,次のようなことです。コンピュータを利用していて,したいことができないと,ユーザにつらい思いをさせ,いらいらさせ,もしかしたら仕事を失ってしまうことになるかもしれません。そのとき,ユーザは「自分が悪いんだ」と感じてしまいます。しかし決してそうではなく,悪いのはコンピュータの設計者,デザイナーです。私たちが本来するべきことをすれば,みんなが幸せになれるのです。この他にも父から受け継いだものは多くあります。

―― 先日のFirefox Developers Conference 2008で,⁠OSSの活動は素晴らしいがデザインの分野は欠けている」と語っていましたが,OSS開発者やデザイナーがどのようなことを意識していけば良いのでしょうか。

Raskin:

まず,コンピュータの分野では,デベロッパーとデザイナーという2つの世界があります。

デベロッパーの世界では「コードが王様」と言われ,パッチを用意できないなら提案してもまず採用されることはありません。そして,デザイナーにはデベロッパーほどプログラムの力量がありませんし,反対にデベロッパーにはデザイナーほどのデザインの力量はないのです。今後はOSSの世界にデザイナーが参入することが必要と考えていますが,その際デベロッパーとデザイナーの摩擦は必ず発生します。それは,話の前提や使う言葉までもが異なり,共通の認識で話ができないからです。

ですので,双方がお互いの世界を知り,歩み寄る必要があります。デベロッパーは,デザインは単に色を選ぶ程度の単純なものではないことを認識する必要があります。デザイナーは,Windowsのように動くものが良いものとは限らないことを理解する必要があります。

この両者が協力して,初めて実現できるようなものを作りたいと考えており,現在進行中です。1つの例として,現在Mozilla Labsで行っている「Concept Series」があります。デザイナーから作品を募り,デザインに対して皆で意見交換ができる場所を提供しています。普通は公開されることのない,他の人のコンセプト段階のデザインを見るとインスピレーションが沸き,新しいものをつくるきっかけになります。こういった,違った世界をつなげる橋渡しをしたいと考えています。

―― 最後に,今後の目標について教えてください。

Raskin:

まず,UbiquityをFirefoxを利用している全員のユーザに使ってもらえるようにしたいと考えております。その他,モバイルでのブラウジングが,どのような形がベストなのか模索していきたいと考えています(現在Mozillaではモバイルでのブラウジングに特化したFirefox「Fennec」を開発しており,Aza Raskin氏も開発に携わっています⁠⁠。

また,先ほど,友人が使っているお勧めのUbiquityコマンドを紹介してくれるようなサービスについて話しましたが,⁠私は誰か,そして友人が誰か」がブラウザにわかると,どのようなものが実現するのかを知りたいですね。

―― ありがとうございました。

Ubiquityは一見するとCUIという印象が強く,CUIに慣れたユーザ以外には使いづらいのではないかと思っていましたが,Ubiquityのインターフェースは,人と会話するようにコンピュータを操作するための新しい方法であり,それがコマンド入力という形を取っていることがよくわかりました。

『Software Design』2009年1月号で,「~GreaseMonkey+α,Ubiquity,Vimperator,Firemacs,FireGestures~ Firefox徹底カスタマイズ術」と題して,Firefoxを自分流にカスタマイズする方法を特集します。Ubiquityについても,使い方からコマンドの作成方法まで取り上げていますので,興味のある方は手に取ってみてください。

Mozilla Labs
URL http://labs.mozilla.com/