レポート

世界最大のPythonカンファレンス「US PyCon 2019」レポート

 

 

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

一般社団法人PyCon JP Association副代表理事,株式会社ビープラウド取締役 / Python Climber

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し,2014年-2016年のPyCon JP座長。他の主な活動は,Pythonボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催など。

共著書/訳書に『Python実践レシピ (2021 技術評論社刊)』『最短距離でゼロからしっかり学ぶPython入門(必修編実践編) (2020 技術評論社刊)』『いちばんやさしいPythonの教本 第2版 (2020 インプレス刊)』『いちばんやさしいPython機械学習の教本 (2019 インプレス刊)』『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書 (2018 翔泳社刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版 (2018 秀和システム刊)』などがある。

各国PyConやPython Boot Campで訪れた土地で,現地のクラフトビールを飲むことが楽しみ。2019年は世界各国のPyConでの発表に挑戦し,日本を含む9か国で発表した。 趣味は吹奏楽とボルダリングとレゴとペンシルパズル。

Facebook:takanory.net

Twitter:@takanory

Github:takanory