世界最大のPythonカンファレンス「US PyCon 2019」レポート

第1回 US PyConへの道,1日目キーノート「Pythonこの10年」,注目セッション~日本からのLT参戦

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

US PyConとは

PyCon(Python Conference)は,プログラミング言語Pythonに関する国際カンファレンスです。アメリカで開催されるUS PyConや日本で開催されるPyCon JPを含め,世界中で開催されています。

今回レポートする「US PyCon」はPyConの発祥であり世界最大のもので,今回は約3,200人が参加しました。筆者はこのイベントに初参加であり,Posterセッションのスピーカーとしても参加してきました。日本を含めて各国のPyConに参加したことがありますが,USにはまた他とは異なるおもしろい部分がありました。キーノートなどの発表を中心にしつつ,個人的におもしろいなと思った部分についてもレポートしていきたいと思います。

また,6月25日に筆者を含めたUS PyCon参加メンバーでの報告会「US PyCon 2019 Debrief Session」を開催します。この記事の執筆時点では一般枠はすでに満席ですが,キャンセルもあると思うので今からでもぜひ申し込んでください。学生優先枠と女性優先枠にはまだ空きがあるので,ぜひご参加ください。

US PyCon 2019Webサイト

「US PyCon 2019」Webサイト

以下は「US PyCon 2019」の開催概要です。

URLhttps://us.pycon.org/2019/
日程チュートリアル 2019年5月1日(水)⁠2日(木)
カンファレンス 2019年5月3日(金)~5日(日)
開発スプリント 2019年5月6日(月)~9日(木)
会場Huntington Convention Center
⁠オハイオ州クリーブランド)
参加費個人400ドル(学生125ドル,企業700ドル)
主催Python Software Foundation

第1回はPyConの全体像とカンファレンス1日目までの様子をお伝えします。

PyCon会場と全体像

US PyConはHuntington Convention Centerという会場で開催されましたが,これがとにかく広いです。企業ブース,ランチ会場などがあるメイン会場は幕張メッセのホールみたいな感じで,その横にキーノートやライトニングトークが行われる2,000人とかは入りそうなホールがあります。

メイン会場のホールB, C

メイン会場のホールB, C

それとは別に2~300名入れそうな部屋が5つあり,トークセッション用に使用されます。さらに数10~100名くらい入れる会議室が20以上(Open Spaces,託児室,スタッフ用などで使用)あり,それらがほぼワンフロアにあって横移動できるという,アメリカのデカさを感じる会場でした。なお,カンファレンスのタイムテーブルは以下のリンクから参照できます。

またすべてはそろっていませんが,発表のビデオやスライドは下記のリンクから参照できます。

カンファンレンス前日まで

日本から移動してホテルに到着

私はカンファレンスの2日前(5月1日)に日本から移動しました。日本からクリーブランドへは直行便がないため,行きはワシントンD.C.で乗り換えました。乗り換え時間が短いため空港内でビールが飲めなかったのが非常に悔やまれます(良さそうな店がたくさんあった)⁠

私はカンファレンス3日目のポスターセッションで発表するため,ポスターを日本から持参しました。乗り継ぎもあるしバッキバキになってないか心配だったんですが,空港のターンテーブルで無事なポスターを見てほっと一安心しました。

ポスターが折れずにちゃんと届いた

ポスターが折れずにちゃんと届いた

空港からホテルへの移動にはRTAという地下鉄を利用してみました。どこまで乗っても2.5ドル(約270円)です。空港からホテル周辺のダウンタウンまで外を見ていると,田舎という感じなのと,やはりこのあたりで地下鉄に乗ってくる客層はちょっとお金がない人なのかな?という感じでした。当然ですがアジア人の旅行者なんて誰も乗っていません(というか旅行者も私含めて3名くらいしか乗っていない)⁠周りと目を合わさずに目的の駅に無事到着し,10分ほど歩いてホテルに到着しました。

この日は同じ部屋に泊まる寺田さん@terapyonや韓国のYounngun@scari_net)⁠シカゴ在住で日本に住んでいたときに友達になったJason@jason_wirthなどとクリーブランドのクラフトビールとピザを食べに行きました。

ピザがおいしかった(当然ビールも)

ピザがおいしかった(当然ビールも)

受付とオリエンテーションに参加

カンファレンス前日はまずは受付をすませておきました。受付に行って受付票のバーコードをカメラで読み取ると,プリンタから名札とTシャツ,パーティーなどあらかじめ申し込んだオプションのチケットが1枚の紙に印刷され,それを切り取って使います。すごい効率的で便利そうです。

パンフレットは会場全体図と,トークのタイムテーブルのみが印刷された,4ページ両面のシンプルなものです。詳細な情報はguidebookというスマートフォンのアプリで見てね,というスタンスのようです。たしかにトークの数もイベントの数も大量にあるので,紙だと大変なことになりそうで納得です。

名札とパンフレット

名札とパンフレット

夕方からNewcomer Orientationというイベントがあるので,USのPyConは初めてなので参加してみました。内容としてはPyConの中でどんなイベントがあるかということを詳しく紹介するというものでした。

Opening Reception

Orientationが終わると,そのまま隣のメイン会場に移動してOpening Receptionが始まります。このタイミングで通常の参加者(初参加じゃない人)も合流します。企業ブースの準備も終わっているので,ビール片手にブースを見て回ったり,参加者同士で交流したりとカジュアルで楽しいイベントでした。このタイミングでブースを回りまくってTシャツなどのグッズを集める人もいるようです。

ビール片手にブースを回る

ビール片手にブースを回る

ブース自体は写真のように本格的ですが,カジュアルに会話をしていていい感じだなと思いました。スポンサーブースで名札のバーコードを読み取ってもらうと,スポンサーに参加者個人の情報が提供されるようになっているようで,システム的にもしっかりしていました。

GoogleとSlackは2番目に大きいブース

GoogleとSlackは2番目に大きいブース

MicrosoftとFacebook+Instagramが1番大きいブース

MicrosoftとFacebook+Instagramが1番大きいブース

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

一般社団法人PyCon JP,副代表理事,株式会社ビープラウド所属。

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し,2014年-2016年のPyCon JP座長。他の主な活動は,Pythonボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催など。

共著書に『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書(2018 翔泳社刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版(2018 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア ファーストブック(2017 技術評論社刊)』『いちばんやさしいPythonの教本(2017 インプレス刊)』などがある。

最近の楽しみはPython Boot Campの講師で訪れた土地で,現地のクラフトビールを飲むこと。2019年は世界各国のPyConでの発表に挑戦している。趣味は吹奏楽とボルダリングとレゴとペンシルパズル。

Facebook:takanory.net

Twitter:@takanory

Github:takanory