世界最大のPythonカンファレンス「US PyCon 2019」レポート

第2回 衝撃告白で始まる2日目キーノート,高額落札続出の「PyLadies Auction」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

カンファレンス2日目の様子をお伝えします。

最初に2日目のキーノートについてレポートします。このキーノートの内容は筆者にとってとても衝撃的な内容でした。

その他にPSF(Python Software Foundation)のExcetive DirectorであるEwa Jodlowskaさんへのインタビューや,PyLadiesオークションの模様についてレポートします。

キーノート: Shadeed "Sha" Wallace-Stepter

Shadeed "Sha" Wallace-Stepter氏

Shadeed

この日は2つのキーノートが連続しているものでした(そして,そこには大きな意味がありました)⁠トークはSha氏の生い立ちの話から始まるのですが,それはとても重苦しい内容でした。Sha氏はサンフランシスコで5人兄弟の真ん中で生まれ,中学生の時には銃を運んでいたそうです。

この段階ですでに私は「えっ,PyConのキーノートで,このあとどういう話になるの!?」と困惑していました。その後も重たい話は続きます。

おばさんが近くに住んでおりドラッグのディーラーをしているということ,3歳上の兄はギャングに所属していてドラッグの売人をしていたこと,その兄が捕まって刑務所に入っていったこと。そして14歳ですべてが変わったそうです。それは,兄が銃で撃たれて殺されたということです。兄はSha氏の肩にもたれて,氏はその最後の吐息を聞いたそうです(兄はまだ17歳のはずです)⁠

そして,自身も18歳のときに犯した罪により27年間の実刑判決を受け,服役することになります。氏は模範囚として服役し,2009年にSan Quentin刑務所に移送されました。San Quentinは,Prison University Projectという教育プログラムを受けることができる刑務所です。そこでオーディオとビデオについて学び,起業家精神が目覚めたそうです。

その後2011年から(服役中に)San Quentinテレビでコンテンツ制作者として仕事を始めたり,Podcastを行ったりしたそうです。2016年にはTEDxSan QuentinというTEDxイベントを刑務所内で開催し,自らもスピーカーとして発表したそうです。

そして2017年に刑務所内でのプログラミングに関する教育プログラムでJessica(次のキーノートスピーカーでもあるPythonエンジニア)と出会い,Pythonを学んだそうです。最初は「Python=Jessica」というイメージだったとのこと。

Jessicaは服役囚にPythonを教え,そのチュートリアルを録画しましたが,受刑者はWebにアクセスする手段を持っていません。するとTim O'Reilly(オライリーメディアの創立者)がタブレットを刑務所に提供し,氏はオンラインコースにアクセスできるようになりました。

そして氏は19年の刑期を終え,2018年8月17日に37歳で出所しました。

最初はいったいどういう内容になるのかと思っていたキーノートでしたが,Shaさんの過酷な生い立ちから一転,San Quentin刑務所に入って更生し,Pythonと出会うという素晴らしい内容でした。そしてこのトークを受けて,Pythonを教えた側のJessica McKellar氏のキーノートへと続きます。

キーノート:Jessica McKellar

Jessica McKellar氏(後ろの写真はSan Quentinのもの)

Jessica McKellar氏(後ろの写真はSan Quentinのもの)

Jessica McKellar氏はまず1年前の写真を映して話しはじめました。これはSan Quentinの1年前の写真で,そこには服役中のShaさんも写っています。

まずはじめに現在行っている活動のゴールは,⁠監獄に入る人を減らすこと」そして「再度入る人を減らすこと」と言っていました。San Quentinのあるカリフォルニアにも犯罪者は多く,刑務所の運営などに多額のコストがかかっています。当然ですが,刑務所に入る人が減ればこれらのコストを下げることができます。Jessicaさんは会場に向かって,⁠技術者にできることがある。なぜなら技術者は仕事とスキルとお金を持っている」と語りかけました。

まず個人として次のような支援が可能であると言っていました。

  • お金やものを支援すること
  • トレーニングや社会復帰のサポートをすること。それは刑務所の中でも外でも可能
  • 政治的に働きかけること(投票など)

そしてPrison University Projectを紹介し,ボランティアの募集などがあることを説明しました。また,このような高度な教育だけでなく,コンピューターやスマートフォンの使い方を教える,といった活動もあるそうです。

たしかに,Shaさんのように10代で入所して20年以上刑務所の中にいる人は,スマートフォンなんて触ったことがありません。そのような状態で社会に戻っても,そもそも職を探したり連絡を取ることが困難であり,社会復帰が難しいということは言われるまで全く気がつきませんでした。

次に技術者として次のような貢献が可能であると言っていました。

そして従業員として以下の貢献ができると語りました。

  • 記録が残っている人を雇うこと
  • 逮捕歴がある人は就職率が低く,その中でも黒人はさらに就職率が低いとのこと。そういった人を雇う時には以下のことを注意すること
    • 逮捕歴などの情報は確認して記録する
    • まずは簡単な役割を与える
    • 積極的に支援する

これらの話をしたあとに,Jessica McKellar氏が創立者でCTOを務めるPilot社の話になりました。Pilot社では積極的に元受刑者を採用しており,彼ら/彼女らをサポートするためのスペシャリストも雇っているそうです。そして,元受刑者のインタビュー動画が流れました。その中では「Last MileプロジェクトでHTML,CSS,JavaScriptを学び,その後Boot Campへ参加などして技術を磨いた」といった話をしている人がいました。

筆者は,The Last Mileプロジェクトなどでボランティアベースで教えに行っているだけでもすごいと思っていましたが,自ら経営している会社で積極的に採用しているというその事実を目の当たりにして,ものすごい衝撃を受けました。確かに,教えには行くけど自社では採用しないみたいな事例は普通にありそうです。自分だったらこんなことができるだろうか,と考えずにはいられないトークでした。

そして最後に会場に向かってTaking Aciton(行動を起こそう)と語りかけました。

  • これらの活動を推進している人たちに投票をしましょう
  • 自分たちの雇用主や学校に,彼らを雇うことができないかを聞いてみましょう
  • PyCon 2020までに,最近刑務所を出所した人が就職することを手助けしましょう

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

一般社団法人PyCon JP,副代表理事,株式会社ビープラウド所属。

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し,2014年-2016年のPyCon JP座長。他の主な活動は,Pythonボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催など。

共著書に『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書(2018 翔泳社刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版(2018 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア ファーストブック(2017 技術評論社刊)』『いちばんやさしいPythonの教本(2017 インプレス刊)』などがある。

最近の楽しみはPython Boot Campの講師で訪れた土地で,現地のクラフトビールを飲むこと。2019年は世界各国のPyConでの発表に挑戦している。趣味は吹奏楽とボルダリングとレゴとペンシルパズル。

Facebook:takanory.net

Twitter:@takanory

Github:takanory