第3回 戦略的Webマーケティングセミナー開催

Web担当者×Web制作者が考える新技術の選び方,Web戦略の練り方―第3回戦略的Webマーケティングセミナーレポート(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

【まとめ】今後にむけて

最後のまとめでは,今後に向けて一言ずつ答えていきます。

和田氏は「受託する企業は,何か特色を出していく過渡期だと思います」と語った後,⁠お互いのやりたいこと,やってほしいことを明確にして,発注企業といい関係を築いていけることが,いい運用を産む1つのポイントになる」との考え方を示しました。

鈴木氏はコーポレートサイトのあり方について,⁠会社の顔であり,カスタマーサイトの位置づけになると思う」と考えを示し,⁠丸投げではうまくいかない。自社サイトをこうするんだという指針を持って制作会社をつきあってもらえば,制作会社もアイディアを出しやすいと思う」と語りました。

田村氏は「課題を感じた人が発注側受注側関係なく,横断的にしていった方がいいと思う」と縦割りになっている現状に疑問を呈し,⁠発注側も勉強して,より高いレベルでコミュニケーションが取れるようにしていけば,Webサイトはよりレベルが高いものになると思う」と発注側もスキルを身につける必要があるとの認識を示しました。

粕谷氏は宣伝マンとして教わってきたことを前提に,⁠企業はエンドユーザと向き合わないといけないと思っている。どんな情報を発信するにしても,エンドユーザに使いやすいのか,受け入れられるものかということを発注側も受注側も常に考えなければいけない」と語りました。

こうしてトークセッションは,大盛況のうちに幕を閉じました。

画像

著者プロフィール

岩渕茂(いわぶちしげる)

e-writing.jp所属テクニカルライター。家電製品のオンラインヘルプや各種マニュアルの執筆から,書籍,IT系情報サイトの執筆など幅広く活動する。映画制作者としての一面を持ち,主に脚本と監督を担当するなど多方面でも精力的に活動中。

バックナンバー

第3回 戦略的Webマーケティングセミナー開催