レポート

開発チームから業務チームまで,コラボレーションでハッピーに~企業にあるチームを「JIRA」でひとつに~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

続いて長沢氏は,これらのデモを行いました。⁠JIRA」は基本的に,イシューと呼ばれる要件からブレイクダウンした,バグなどのタスクを登録し,条件抽出などを行うことでうまく利用できるようにする製品であると表現します。⁠JIRA」では,要件や新機能,バグ,タスクなどにワークフローを定義することが可能です。

長沢氏は,JIRA Agileというアドオンを使った形で,カンバン方式のタスクボードで状況を表示しました。見方は基本的に列で見ていきます。列には「提案済み」⁠準備完了」⁠開発中」⁠レビュー中」⁠検証中」⁠完了」が表示されており,たとえば「保留」にあるものを「提案済み」に戻すなど,要件の状況を遷移させていくことができます。

タスクはどんどん増えていきますから,それを可視化して条件抽出し,自分に関係のあるタスクのみをこなしれいくことで,気持ち よく仕事ができます。また,進捗状況によって,利害関係者が開発者,テスト関係者,マネージャーなどと変化していきますが,それもすべて可視化できます。

長沢氏は要件の登録も行いました。通常,企画担当者は「JIRA」を見ていられません。それよりも文書で書きます。しかし,⁠JIRA」「Confluence」が連携することで,目的,戦略,仮説,要求を記入していくことで,ドキュメントを編集することなく一括で「JIRA」から作成することができます。 作成すると「Confluence」で管理している企画文書の中にタグがつきます。⁠JIRA」で管理しているユニークなIDなどの情報とともに「提案済み」として全部入ります。企画担当者は企画書から離れることなく開発チームにやりたいことを伝えることができるのです。

タスクボードに戻ると,作成した要件が「提案済み」に表示されます。担当者は,タスクボード上で「保留」に変更するなど意思決定を行っていくことができます。すると開発チーム側は,⁠Confluence」の情報をアップデートすることで,企画書が保留にされたことを確認できます。無駄なコミュニケーションを行うことなく,正しい情報がすべて蓄積されていくのです。

一方で,実施が決まったものは「準備完了」に状況が変わります。この時点でも「JIRA」と開発ツールの連携が優れている点は,タスクや新機能,バグ改修といったレベルで開発エンジニアリングの操作を行うことができることです。長沢氏はgitのブランチの作成を行いましたが,その際にコマンドラインを書いたり,GitHubやStashなどのツールに飛ぶ必要はありませんでした。要件の詳細から「ブランチを作成」をクリックすることで,⁠Stash」による「ブランチを作成」画面に遷移します。ここでブランチごとのビルドが健全かどうかを全部チェックしてくれるのです。

長沢氏はここで「JIRA」の画面に戻りました。するとブランチの状況も更新されています。このようにタスクやバグなどの最新情報を1件1件俯瞰してみることができるのです。同様にテストで失敗したという状況も細かくチェックすることができます。こういった仕組みがない開発現場では,トレースができないので全体の把握が非常に大変になってしまい,⁠とにかく頑張るしかない」といった根性論になってしまうと長沢氏は指摘しました。

また,進捗状況もあやふやなパーセンテージでなく詳細に把握でき,しかも必ず成果物と結びつきます。これはコードレビューや検証,デプロイでも同様です。⁠JIRA」と開発ツールが連携することで,成果物と完全につながった形ですべての情報をトラックすることが可能になる,と長沢氏はまとめました。たとえばロールバックした場合も状況がすべて反映されます。これにより,スケジュールより進行が遅れているワークフローを把握し,スタッフを増員するなどの対応を素早く,しかも「JIRA」上から行うことができるというわけです。

さらに長沢氏は,新たにリリースされた「JIRA Portfolio」を紹介した。これは「JIRA」で複数のチームやプロジェクト全体での取り組みを管理するためのもので,トップダウン計画やスケジュールとキャパシティ管理,遂行中の計画の調整,全体を俯瞰した進捗の可視化などに適しています。統一タイムラインの表示や戦略的投資の把握も可能です。

画像

そして「JIRA@SCALE」として,⁠JIRA」の3つのプランを紹介しました。⁠JIRA」には,オンプレミスの「JIRA Server⁠⁠,クラウド環境に「JIRA Cloud⁠⁠,さらにデータセンター「JIRA Data Center」も登場しました。これにより,自由にスケールが可能になっているほか,データセンターを使用して会社全体でひとつの「JIRA」を利用することも可能になっています。

画像

「すべてのチームのためのJIRAへ」については,⁠JIRA」の導入によって「ソフトウェアチームを加速」⁠チームスケーリングとJIRA」⁠あらゆるチームで」の3点を挙げました。特に「あらゆるチームで」では,⁠JIRA」の活用事例としてヘルプデスク,組織改善(めやす箱⁠⁠,有給管理システム,承認システム,調達システム,マーケティングシステム,資産管理システムなどに活用されているとしました。

さらに導入事例として,⁠JIRA」で3200万ドル以上のIT資産を追跡した資産管理としてのケースや,⁠JIRA Agile Kanban」で求人管理を可視化したケース,⁠JIRA Agile スクラム」でマーケティングの運営をタスクボードで可視化したケース,⁠JIRA Service Desk」で25種類のサービスを運営するファイナンスのケースなどを紹介しました。このように,⁠JIRA」⁠Confluence」HipChatといったアトラシアンのソリューションがコラボレーションのプラットフォームとして有効であるとし,セッションを締めくくりました。