レポート

アジアパシフィックのPyConユーザのつながりを感じた2日間「PyCon APAC 2019」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

PyCon APACとは

PyConはプログラミング言語Pythonに関する国際カンファレンスです。アメリカで開催されるUS PyConや日本で開催されるPyCon JPを含め世界中で開催されています。 そのうちPyCon APACはアジア太平洋地域の広域PyConとして,2010年のシンガポールからはじまり各国で持ち回りで開催されてきました。

PyCon APAC 2019は初めてフィリピンで開催されました。 筆者はこのイベントに参加者としてだけでなく,スピーカー,またスポンサーをしてブース出展をして来たので,イベントの模様をレポートしたいと思います。

PyCon APAC 2019 Webサイト

PyCon APAC 2019 Webサイト

以下はPyCon APAC 2019の開催概要です。

日程2019年2月23日(土)⁠24日(日)
場所フィリピン,マカティ市
会場iAcademy Nexus(Yakal Campus)
参加費2,000フィリピンペソ(約4,300円)
主催Python Phiillines

キーノート

Liew Beng Keat氏によるキーノートは,⁠Back to the Future!」と題して,APAC地域でのPyConの歴史を語るものでした。

氏はPyCon SG(シンガポール)の立ち上げメンバーであり,PyCon APACの元を作った人です。 トークの前半はPyCon SGを開催するまでについて語られました。 そもそも「Pythonに興味ある人はどれくらいいるのだろう?」と思った氏は,Pythonのミーティングを2008年の10月に開いてみました。すると40名以上が集まり,手応えを感じたようです。 そして,PyConを開催してみようと思い,経験のために2009年にシカゴで開催されたUS PyConに参加したそうです。 はるばるアジアから参加したということもあったのか, PSF(Python Software Foundation)のChairがいろいろと便宜を図ってくれて,PSFのミーティングに参加したり,ディナーに招待されたそうです。

そのUS PyConの経験を持ち帰り,シンガポールの仲間と5人でPythonのユーザーグループを立ち上げ,2010年からPyCon APACをシンガポールで開催するようになりました(ちなみに,その2010年のPyCon APACに日本から参加した4名が,2011年にPyCon JPを立ち上げたメンバーです)⁠その後,PyCon APACは日本(2013)⁠台湾(2014,2015)⁠韓国(2016)⁠マレーシア(2017)と各国で開催され,2019年にフィリピンへと広がっています。

キーノートの後半ではAPAC地域のそれぞれを掘り下げて,各国でどのような活動が行われているかが紹介されました。 各国を紹介するときに白地図のみを表示して「ここはどこか?」という質問をし,正解者にはTシャツなどをプレゼントしていたのですが,最初のシンガポールは誰も当てられないのに次の日本や台湾はすぐに正解が出るということがあり,いろいろと盛り上がりました。

ここでは先に上げたPyCon APACの開催経験がある国の他にもインド,インドネシア,香港,タイ,中国,バングラデシュ,パキスタンが紹介され,アジア中にPyConとPythonが広まっていることを感じました。

トークの最後は「PyCon APAC Now and Moving Fowarding」と題して,PyCon APACはどんどん広がっているので,ぜひボランティアとして運営にも参加してみてほしいというメッセージで締められました。

私自身,日本の他に台湾,韓国,シンガポールのPyConに参加してAPAC地域のPyCon仲間との交流を楽しんできました。さらにPyConが広がって,今回のフィリピンのように新しい国に訪問して,新しい仲間との出会いを楽しみたいと思います。

Liew Beng Keat氏

Liew Beng Keat氏

ライトニングトーク

ライトニングトークは5分程度で短いプレゼンテーションをするセッションです。 多くのIT系のカンファレンスで採用されており,PyCon APACでも2日目の午後に行われました。 いくつか印象的な発表があったので紹介します。

トップバッターはSlack上のbotで自動デプロイをするコマンドを作ったという話なのですが,おもむろに発表者が「この曲が好きなんだ」と言ってミッション・インポッシブルのテーマを流しはじめました。 botに命令を出して,botがbuild,deployなどを実行している間に腕立て伏せをするというパフォーマンスに場内は大盛り上がりでした。 1回目はわざと失敗して,2回目(このときも当然腕立て伏せをしています)は曲が盛り上がり,発表時間ギリギリに成功するという流れでLTとしては100点満点のものでした。 どこにでもLT芸人はいるんだなーと感心した発表です。

腕立て伏せをするLTスピーカー

腕立て伏せをするLTスピーカー

もう1人印象的だったのは,10才の女の子のスピーカーです。 彼女はPythonの他にHTMLやCSS,JavaScriptなども使っているとのことです。 発表の最初はタマゴ型のカプセルにデバイスを入れて,このタマゴをみんなで手渡しするとあるタイミングでゆで上がるというゲームの紹介です。 堂々とした発表にただただすごいなという感想しか出ませんでした。

最年少スピーカーによる発表

最年少スピーカーによる発表

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

一般社団法人PyCon JP,副代表理事,株式会社ビープラウド所属。

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し,2014年-2016年のPyCon JP座長。他の主な活動は,Pythonボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催など。

共著書に『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書(2018 翔泳社刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版(2018 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア ファーストブック(2017 技術評論社刊)』『いちばんやさしいPythonの教本(2017 インプレス刊)』などがある。

最近の楽しみはPython Boot Campの講師で訪れた土地で,現地のクラフトビールを飲むこと。2019年は世界各国のPyConでの発表に挑戦している。趣味は吹奏楽とボルダリングとレゴとペンシルパズル。

Facebook:takanory.net

Twitter:@takanory

Github:takanory