レポート

LINEのスマートディスプレイ「Clova Desk」がお披露目

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

2019年3月12日,東京・渋谷にて,LINE株式会社のスマートディスプレイ「Clova Desk」の報道関係者向け先行体験会が開かれた。

LINEは,これまでにAIアシスタント「Clova」の開発を進めてきており,⁠Clova」を搭載したスマートスピーカー「Clova WAVE」「Clova Friends」シリーズなどを販売。そして,昨年「LINE CONFERENCE 2018」にて初公開したスマートディスプレイ「Clova Desk」を,3月19日より販売開始することを発表した。

当日は,まずClova企画室スマートプロダクトチーム マネージャー 中村 浩樹氏からClova Deskのプレゼンテーションが行われ,その後,会場に詰めかけた報道関係者がClova Deskを実際に操作する体験会が開かれた。

Clova企画室スマートプロダクトチーム マネージャー 中村 浩樹氏

Clova企画室スマートプロダクトチーム マネージャー 中村 浩樹氏

プレゼンテーションでははじめに,⁠Home Signage+Communication」というプロダクトのコンセプトが紹介され,そのコンセプトを基にClova Deskに備えられた,重要な機能やサービスが紹介された。

プロダクトコンセプトは「Home Signage+Communication」

プロダクトコンセプトは「Home Signage+Communication」

Clova Deskには,⁠Clova」でも好評だった赤外線リモコン機能を搭載しており,テレビ,照明,エアコンなどさまざまな家電のリモコン操作をClova Desk1台にまとめられる。発売時点で,Clova Deskに対応している家電機器は,60以上のメーカー,9,657機種にのぼり,順次拡大していく方針。IoT機器は10社のメーカー,12機種に対応している。

またClova Deskにはリモコンから発する赤外線を受信する機能があり,操作対応外の機種でも,そのリモコンからの赤外線をClova Deskに受信させ⁠学習させる⁠ことで操作が可能になる。そしてClova Deskには,音声操作によって情報を簡単に調べられ,ディスプレイでその情報を表示できるので,複数人が必要な情報(スケジュール,天気,ニュースなど)を同時に閲覧できるという特徴がある。

家庭にあるさまざまなデバイスで利用可能

家庭にあるさまざまなデバイスで利用可能

Clova Deskは,このような特徴が活かせる「ファミリーユース」を第一に想定しており(家庭のリビングに置いて共有して使うイメージ)⁠これまで家庭内に散在していた端末や情報,その情報の確認手段が,Clova Deskなら1つに集約できる,と中村氏は説明した。

LINEの機能を統合

Clova Deskのもう1つの大きな強みは,LINEの機能(メッセージ送受信,無料通話)も利用できる点。Clova Deskをスマートフォンなどで利用しているLINEの個人アカウントと紐付けることもできるが,さらに仮想化した⁠家族アカウント⁠も登録可能。家庭内での共有アカウントが使用できる。

LINEのメッセージ機能

LINEのメッセージ機能

またディスプレイ・カメラ付きということで,これまでのスマートスピーカーではできなかった,スタンプの送信やビデオ通話にも対応している。

LINEのビデオ通話機能

LINEのビデオ通話機能

他社とも連携してさまざまなサービスが提供される。クックパッドと連携した料理レシピの閲覧,インターネットテレビ局「AbemaTV」と連携した動画コンテンツの配信(3月中に提供予定)⁠⁠LINE MUSIC」を通じた音楽再生,他社の事業とも連携して,さまざまなアプリやサービスに対応している。

「クックパッド」との連携

「クックパッド」との連携

「AbemaTV」との連携(3月中に提供予定)

「AbemaTV」との連携(3月中に提供予定)

「LINE MUSIC」「radiko.jp」との連携

「LINE MUSIC」や「radiko.jp」との連携

他のVODサービスやネットショッピングサービスの展開はまだないが,検討中だという。

機能やサービスだけではなく,基本的な音声認識機能の改善状況も紹介された。Clova Deskでは,従来の「Clova」シリーズ製品より,騒音環境での呼び出し性能,呼び出しに対する反応速度,ともに20%の向上を記録した。精度向上の理由は,ソフト面,ハード面ともに改善に努めてきた結果だと説明された。

著者プロフィール

酒井啓悟(さかいけいご)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室所属。

1986年生まれ。富山県富山市出身。2011年4月株式会社技術評論社に入社。書籍編集部を経て,現職。電子書籍,オーディオブックなど,出版業界に訪れる新しいジャンルの市場の成長に関わっていくことが当面の目標。

サッカーとねこが好き。

コメント

コメントの記入