レポート

「Dell Technologies Forum 2019 - Tokyo」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

10月25日,グランドプリンスホテル新高輪で,⁠Dell Technologies Forum 2019 - Tokyo」が開催されました。Dell Technologies Forumは,Dell Technologies 主催のDX(デジタルトランスフォーメーション)をテーマとしたイベントです。本記事では,基調講演を含む3つの講演についてレポートします。

基調講演:イノベーションをデザインする

まず,Dell Technologies 会長兼最高経営責任者(CEO)のマイケル・デル氏が登壇し,Dell Technologiesの展望について述べ,今後の情報社会におけるデータの重要性を強調しました。

Dell Technologies 会長兼CEO マイケル・デル氏

Dell Technologies 会長兼CEO マイケル・デル氏

IT技術の発展がもたらす社会の変革

同氏によれば,IT技術の急速な発展により,社会は大きなデジタル変革のただ中であるとのことです。たとえば,エッジコンピューティングは現在世界中で利用されていますし,扱う対象のデータ容量も増大しています。2019年現在,⁠2007年のデータ総量に値する)86ペタバイト規模のデータが18時間程度で生成されるようになっています。また,5Gネットワークやコンピュータサイエンスに加え,ディープラーニングやニューラルネットワークといったAI研究の発展により,実現できることの範囲が以前より大幅に広がっています。

そこで,テクノロジを利用してユーザーの問題を解決し,適切なデータを提供することが重要になります。そのために,Dell Technologiesは一貫した,シンプルで統合されたプラットフォームを提供しています。同社はこのプラットフォームにより,ユーザーにとって適切なワークロードの選定を可能にし,データの分散を解消してオープンかつシンプルな形で提供することを目指しているそうです。最後に同氏は,データのサイロ化を解消し,ITサービスはもちろん,管理者や購買,そしてサプライチェーンなどユーザーのすべてのビジネス環境をVMware Cloud Foundationで統合管理する「Dell Technologies Cloud」の構想に触れました。

情報社会におけるDell Technologiesの戦略

続いて,Dell EMCインフラストラクチャソリューションズグループ最高技術責任者(CIO)のジョン・ローズ氏が登壇し,情報化社会において重要となるテクノロジと,Dell Technologiesグループの戦略について語りました。

Dell EMC インフラストラクチャソリューションズグループCIO ジョン・ローズ氏

Dell EMC インフラストラクチャソリューションズグループCIO ジョン・ローズ氏

同氏は,今後のキーとなるテクノロジとして人工知能,ハイブリッドクラウド/マルチクラウド,エッジ,ソフトウェアデファインド(コンピュータリソースをソフトウェアで操作すること⁠⁠,ワークフォースモダナイゼーション(適切に人材を配置すること)の5つを挙げました。

人工知能については,大量のデータから価値を創出するためのテクノロジとして,コンピュータ性能の飛躍的な向上と,アルゴリズムなどAI研究の発展により,本当の意味でAIを活用できるようになったと同氏は語りました。

ハイブリッドクラウド/マルチクラウドに関しては,膨大な容量のデータを扱うにあたって,単一のインフラによってデータを管理するのではなく,クラウドやXaaS(SaaS、IaaSなどの総称)など,さまざまな種類のインフラを組み合わせることが必要だと語りました。

エッジについては,すべてのデータはデータセンター由来ではないため,利用される場面(エッジ)にITを導入する必要があると言います。

また,ソフトウェアデファインドについては,これを実現するためには,さまざまなアルゴリズムに適応する柔軟なインフラを構築する必要があると語りました。

そしてワークフォースモダナイゼーションについては,ゼタバイト規模のデータを扱う必要がある今,インフラそのものだけではなく,UX(ユーザー体験)も重要だと強調しました。

4つのトランスフォーメーション

これらのテクノロジへの対応にあたって,Dell TechnologiesグループはITトランスフォーメーション,ワークフォーストランスフォーメーション,セキュリティトランスフォーメーション,アプリケーショントランスフォーメーションの4つを推進し,これらを通して,マルチクラウドの世界でデータを活用する「デジタル組織」を作る支援をしていくと同氏は説明しました。

ITトランスフォーメーションについては,現在複雑なトポロジで構成されているエンタープライズ内のインフラを,かつての中央集権化されたITモデルではなく,分散化されたITモデルを構築する流れになっています。そして,同氏は,VMwareを利用した,プライベートクラウド,パブリッククラウド,エッジに渡って一貫した運用モデルで,世界で最も広範なクラウドプロバイダエコシステムである「Dell Technologies Cloud」を推進していくと述べました。

ワークフォーストランスフォーメーションについては,ひとつひとつのPCごとではなく,PC(ユーザー)を全体のエコシステムの一部としてとらえる「Unified Workspace」が構想されています。これにより,デプロイメント,セキュリティ,アプリケーションワークスペース,オペレーションの機能をクラウドサービスとして提供し,すぐに使えるIT環境が実現するそうです。

セキュリティトランスフォーメーションについては,現在のセキュリティ製品が無数に存在している縦割り状態を解消し,ソフトウェア定義型の機能としてセキュリティを組み込み,クラウドのオーケストレーションによって展開していくという構想が説明されました。

アプリケーショントランスフォーメーションについては,同氏は,アプリの多様化に伴い,新しい開発技術を学び,マルチクラウド上で展開できることが要求されると述べました。そのために,IT戦略をマルチクラウドの観点で構築し,マルチクラウドシステムとして一貫した形で展開するようなしくみを作ると語りました。

アプリケーショントランスフォーメーションのイメージ

アプリケーショントランスフォーメーションのイメージ

著者プロフィール

山本紘彰(やまもとひろあき)

Software Design編集部所属。2019年度入社。