レポート

エンジニアフレンドリーシティ福岡フェスティバル イベントレポート~リモートワーク,AR,DX……2020年の重要トピックが福岡に集結した2日間

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

「エンジニアが集まる,活躍する,成長する街 福岡」を目指して,2018年8月にスタートしたエンジニアフレンドリーシティ福岡の試み。これまでエンジニア関連情報の発信,エンジニアカフェのオープンなど福岡のエンジニアたちのハブになるべく活動を行ってきました。そして,2020年12月11日(金⁠⁠,12日(土)の2日間にわたって,2回目となるエンジニアフレンドリーシティ福岡フェスティバルを開催しました。

今回のテーマは「New Engineer's Life⁠⁠。それを体現するように,セッションはすべてオンライン開催に。福岡で活躍するエンジニアのみならず,県外や海外のエンジニアたちがオンラインで登壇。これからの時代の可能性を示す新技術や,複数の拠点を持つ企業のコミュニケーションのあり方,コミュニティ活動の意義などについて語りました。

今後の福岡のエンジニアたちの活動にも役立つような知見が多く共有された催しとなりました。本記事では,2日間に及んだセッションの内容をお伝えします。

福岡市赤煉瓦文化会館内にあるエンジニアカフェ。コワーキングスペースや3Dプリンターなどを使えるMAKER'sスペースなどがあり,エンジニアの交流拠点となっている(写真提供:福岡市)

福岡市赤煉瓦文化会館内にあるエンジニアカフェ。コワーキングスペースや3Dプリンターなどを使えるMAKER'sスペースなどがあり,<wbr>エンジニアの交流拠点となっている<wbr>(写真提供:福岡市)<wbr>

1日目:国内外の視点から見る,エンジニアコミュニティと可能性

身体の動きと映像が融合,テクノスポーツの可能性

画像

【登壇者】
スピーカー:

福田浩士氏(株式会社meleap CEO)
リクルートで一年間営業職を経験したのち,⁠カメハメハを打ちたい」という思いからARについて学び,2014年に株式会社meleapを設立。

トークセッション:

福田浩士氏(株式会社meleap CEO)

長峰慶三氏(福岡XR部)
株式会社JollysticsでARコンテンツなどの制作に携わる。2018年に楽しくARやVRを体験するコミュニティ,福岡XR部を立ち上げ。

鈴谷瑞樹氏(エンジニアカフェ コミュニティマネージャー)
3Dプリンタやレーザーカッターなどを用い,ベンチャー企業の製品開発やアーティストの作品制作支援を行う。各地のファブラボ立ち上げにも携わる。

ARスポーツのコンテンツ制作,普及に取り組んでいる株式会社meleap。2014年に設立し,⁠HADO』⁠HADO Xball』などをリリース。2020年時点で世界26ヵ国65ヵ所に『HADO』シリーズを体験できる店舗を展開し,これまでに200万人以上が体験しています。講演では,ARマーカーを利用した体験フィールドの仕組みや視覚効果について実際に映像を見せながら紹介しました。また,従来のスポーツはプレーヤと観客の役割が完全に分かれていましたが,体の動きをモーションなどとリンクさせるテクノスポーツは「いかに観客を熱狂させられるか」も人気や勝敗に関する重要な要素であると,観客の歓声によって技を放つことができる仕組みを映像とともに説明しました。また,2021年には世界5ヵ国でプロリーグの創設を目指しており,AR技術の普及とともにビジネス的にも期待できると締めくくりました。

後半は,福岡でAR技術の研究や普及に取り組んでいる福岡XR部代表の長峰慶三氏,エンジニアカフェコミュニティマネージャーの鈴谷瑞樹氏とのトークセッション。福岡第一高校では部活としてARスポーツに触れている学生がいることや,大分県の学校では修学旅行の代わりにARスポーツのイベントを行ったことなど,福岡をはじめとする九州エリアにもARスポーツが普及しつつあることを福田氏が説明しました。また,⁠ARスポーツの店舗を福岡でも開いてほしい」という長峰氏に対し,⁠福岡でやりたい気持ちはある。今後,店舗などの経営に協力してくれる企業などが出てきたらぜひ連携したい」と福田氏も意欲的な姿勢を見せました。

未経験エンジニアが,リモートワークでも始業できた理由

画像

【登壇者】
スピーカー:

吉本康貴氏(GMOペパボ株式会社 CTO室 鹿児島オフィスチーム エンジニア)
まったくの未経験からエンジニアとして,GMOペパボ株式会社に入社。面接,入社手続き,入社した2020年6月以降の勤務はほぼリモートで行っている。これまでのオフィス出社回数は4回。

聞き手:

河野裕司氏(エンジニアカフェ コミュニティマネージャー)
九州の企業やNPO法人の内定者フォローや新人研修,内部育成などのカリキュラムづくりなど,教育分野で活動。

新型コロナウイルスの流行により,多くの企業がリモートワークを余儀なくされ,コミュニケーションや仕事の運び方に苦戦した2020年。そんな中,未経験ながらエンジニアとして働き始めたのがGMOペパボ株式会社の吉本康貴氏です。

他のメンバーとの円滑なコミュニケーションや,業務上での課題解決について,吉本氏は「知らないことを聞くことにはじめは後ろめたさを感じていましたが,ペパボは⁠わからないことはどんどん言っていこう⁠という風土がすでに築かれていました。実際に,Slackのオープンチャンネルに過去の質問や解決のナレッジが残っていて,質問せずに解決できることも多かったです。おかげで,知らないことは恥ではなく,会社にとって良い財産になるのだと思うことができました。また,雑談を目的とする場も日常的に設けられていたので,他のメンバーとも打ち解けやすかったです」と振り返りました。

ほかにも,テキストでのやりとりをベースにしつつも,ペアオペレーションにはビデオ通話を用いるなど目的に応じたツールを選択すること,勤務体系や教育について明確な方針や思想を全員が共有していることが重要であることなど,地方で働く未経験エンジニアや企業にとって有用かつ具体的なアイデアを自身の経験を交えて語りました。

著者プロフィール

立野由利子(たてのゆりこ)

東京でオウンドメディアやカルチャー誌の編集,ライターを経験後,2020年より福岡に拠点を移す。現在フリーで活動中。人物インタビューや店舗,イベント取材をメインに幅広いジャンルの執筆,編集などを行っています。

バックナンバー

2021年

  • エンジニアフレンドリーシティ福岡フェスティバル イベントレポート~リモートワーク,AR,DX……2020年の重要トピックが福岡に集結した2日間

バックナンバー一覧