レポート

ゼロトラストの世界でデファクトに ―日本市場に本格進出のHashiCorpが事業戦略を発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

HashiCorpは5月27日,国内報道陣向けに事業戦略説明会を開催し,同社のデイブ・マクジャネット(Dave McJannet)CEOと日本法人のHashiCorp Japan カントリーマネージャ 花尾和成氏が日本市場におけるビジネスの本格始動と今後の方向性について説明を行いました。

「日本では我々の社名よりも製品名のほうが有名かもしれない」というマクジャネットCEOの言葉にもあるように,⁠Terraform」⁠Vault」⁠Nomad」といった同社のインフラ製品群はマルチクラウド化と自動化が進むエンタープライズITの世界で高い評価を獲得していますが,一方でHashiCorpが直接,日本のユーザ企業やパートナーにメッセージングする機会はあまり多くはありませんでした。⁠今日,ここから日本でのHashiCorpのステージが変わると思っている」という花尾氏ですが,国内市場でのシェアと知名度を高めるために,どんな戦略を展開していこうとしているのでしょうか。本稿では説明会の内容をもとに,HashiCorpの日本市場戦略について紹介します。

HashiCorp CEO
デイブ・マクジャネット氏

HashiCorp CEO デイブ・マクジャネット氏

HashiCorp Japan
カントリーマネージャ 花尾和成氏

HashiCorp Japan カントリーマネージャ 花尾和成氏

「クラウドコンピューティングは動的なモデル」が発想のベース

説明会の冒頭で,マクジャネットCEOはHashiCorpのビジネスの概況を数字で示しています。2012年にミッチェル・ハシモト(Mitchell Hashimoto)とアーモン・ダガー(Armon Dadger)という2人の若いエンジニアが米サンフランシスコでスタートしたHashiCorpは9年後の現在,グローバルで300社以上の顧客と1300人以上の従業員を抱えるソフトウェアベンダへと成長しました。顧客の中にはAirbus,ソフトバンクグループ,Samsung,Comcast,AstraZenecaなどの世界的大企業も多くまれています。これでの資金調達額は3億4900万ドル(約382億5000万円)に上り,米国の投資家やアナリストの間では"2021年にIPOが期待されるスタートアップ"としてHashiCorpの名前が上がること増えてきました。

HashiCorpのビジネスの概況。日本法人の従業員数は公表されていないが,さらなる人員拡大を予定しているという

HashiCorpのビジネスの概況。日本法人の従業員数は公表されていないが,さらなる人員拡大を予定しているという

TerraformやVaultなどマルチクラウドにおけるニーズを的確に捉えた製品展開で順調な成長を続けてきたHashiCorpですが,マクジャネットCEOは同社が現在注力しているクラウドシナリオとして

  • インフラストラクチャオートメーション(自動化)
  • ゼロトラストセキュリティ
  • 一貫性をもってアプリケーションをクラウドに届けるDevOps

の3つを挙げています。とくにTerraformやPackerなど"Infrastructure-as-Code"を推進するツール群は,高速で容易,かつ品質の高い自動化システムをあらゆるクラウド環境で実現するソリューションとして高い評価を得てきました。また,近年のゼロトラストへの関心の高まりを受け,VaultやConsulを組み合わせたマルチクラウド環境下のセキュリティソリューションとしてHashiCorp製品の導入を検討する企業も増えてきました。

「静的なデータセンターモデルと異なり,マルチクラウドの動的なインフラには境界線(ペリメータ)がないため,信頼性が著しく低下する。したがってIPベースでの接続ではなく,稼働しているアプリケーションに対してアイデンティティ(ID)ベースの接続が必須となる。デプロイされるものにはすべてゼロトラストで認証する,それがマルチクラウドのデフォルトになる」⁠マクジャネット氏⁠⁠。

従来の静的なデータセンターモデルと動的なマルチクラウドの違い。あらゆる管理対象が動的な存在となり,さらに多様化するため,静的なアプローチでのアプリケーションデリバリは困難となる

従来の静的なデータセンターモデルと動的なマルチクラウドの違い。あらゆる管理対象が動的な存在となり,さらに多様化するため,静的なアプローチでのアプリケーションデリバリは困難となる

従来の静的なデータセンターモデルと動的なマルチクラウドの違い。あらゆる管理対象が動的な存在となり,さらに多様化するため,静的なアプローチでのアプリケーションデリバリは困難となる

クラウドコンピューティングとは動的なモデルである―HashiCorpの製品設計はどのレイヤにおいてもこの考え方をベースにしています。動的なインフラのもとでのアプリケーションデリバリは従来の静的なデータセンターモデルとはまったく違うものになります。HashiCorpは個々のレイヤ(インフラプロビジョニング/セキュリティ/ネットワーク/実行環境)におけるアプリケーションデリバリをマルチクラウド環境でも一貫したオペレーションで提供し,運用を標準化することに努めてきました。その標準化へのアプローチこそが市場での高い評価につながり,HashiCorpの強みになっています。AWSやMicrosoft Azure,Google Cloudといったハイパースケーラとの提携(マネージドサービスの提供など)も,標準化のアプローチが奏効した結果だといえます。

HashiCorp製品の特徴は,すべての管理対象を動的な存在として捉え,多様化するマルチクラウドのもとでも一元的なコントロールを提供していること。ゼロトラストモデルも基本的にはこのポリシーにもとづいている

HashiCorp製品の特徴は,すべての管理対象を動的な存在として捉え,多様化するマルチクラウドのもとでも一元的なコントロールを提供していること。ゼロトラストモデルも基本的にはこのポリシーにもとづいている

HashiCorpのもうひとつの特徴が,標準化の手段としてオープンソース開発を選んでいる点です。HashiCorpは創業時からどのプロダクトも最初はオープンソースとして開発/公開し,コミュニティを形成,ユーザからのフィードバックをもとにアップデートを繰り返したのちに機能拡張とサポートを加えたエンタープライズ版を提供しています。マクジャネットCEOは「たとえばTerraformの場合はバージョン1からバージョン2のリリースまでに約6年をかけた。2020年に発表したWaypoint(アプリケーションのビルド/デプロイ/リリースといったワークフローをマルチクラウドでサポート)は良いプロダクトと言われているが,まだ製品版はリリースする段階にない」と同社のアプローチを説明していますが,そこにはその分野のスタンダードなプロダクトとして市場から認識されるプロセスを非常に重視している姿勢がうかがえます。

HashiCorp Japanがめざすのは「ゼロトラストのデファクトスタンダード」

HashiCorp Japanがめざすのは「ゼロトラストのデファクトスタンダード」

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Blog 「G3 Enterprise」やTwitter(@g3akk),Facebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

バックナンバー

2021年

  • ゼロトラストの世界でデファクトに ―日本市場に本格進出のHashiCorpが事業戦略を発表

バックナンバー一覧