レポート

IoTカメラの進化は新たなフェーズへ! ソラコム,ATOM Cam2をベースにしたクラウドカメラサービス「ソラカメ」をローンチ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

ソラコムは5月18日,クラウドカメラサービス「ソラカメ」のローンチを発表しました。ネットワークに接続されたカメラの映像をクラウドに常時録画する月額費用ライセンスのサービスで,スタートアップ企業のアトムテックが開発したネットワークカメラ「ATOM Cam 2」がソラカメに対応します。発表会見に登壇したソラコム 代表取締役社長 玉川憲氏は「ソラコムはこれまでIoTクラウド,IoTデバイスの民主化に取り組んできたが,同じようにIoTカメラの民主化も進めていきたい」と語っており,クラウドカメラサービスという新たな市場の拡大に向けて一歩を踏み出しました。

会見に登壇したソラコム 代表取締役社長 玉川憲氏

会見に登壇したソラコム 代表取締役社長 玉川憲氏

可能性は“想像力とパッション次第”

ソラカメは本体価格2,980円/台のネットワークカメラと,クラウドへの映像保存期間(7日間/14日間/30日間)に応じた月額ライセンスで構成されるサービスです。ソラカメ対応カメラのATOM Cam 2は1辺約5cm,電源とWi-Fiがあればどこにでも設置できる小型のカメラで,フルHDの高解像度,夜間でも撮影できるカラーナイトビジョン,暗闇でも白黒撮影を可能にする4個の赤外線LED,さらにIP67準拠の防水/防塵機能を備えています。

ソラコムの新サービスはカメラ+月額ライセンスのクラウドカメラサービス。本体価格2980円から,月額980円からと利用しやすい価格でローンチするスタイルもソラコムの特徴

ソラコムの新サービスはカメラ+月額ライセンスのクラウドカメラサービス。本体価格2980円から,月額980円からと利用しやすい価格でローンチするスタイルもソラコムの特徴

ソラカメのベースとなるのはアトムテックのATOM Cam 2。1辺5cmと小型ながら,フルHDの画像や夜間撮影のカラーナイトビジョンなど,精細な映像の撮影が可能

ソラカメのベースとなるのはアトムテックのATOM Cam 2。1辺5cmと小型ながら,フルHDの画像や夜間撮影のカラーナイトビジョンなど,精細な映像の撮影が可能

ATOM Cam 2は電源とWi-Fiさえあればどこにでも設置可能。内蔵磁石や両面テープを使えば壁面にも設置できる。マルチアングル構造なので画角の調整も自由に行える

ATOM Cam 2は電源とWi-Fiさえあればどこにでも設置可能。内蔵磁石や両面テープを使えば壁面にも設置できる。マルチアングル構造なので画角の調整も自由に行える

カラーナイトビジョンや赤外線LEDにより,夜間や暗闇でもきれいな映像を撮影できる

カラーナイトビジョンや赤外線LEDにより,夜間や暗闇でもきれいな映像を撮影できる

ユーザはAndroid/iOSのソラカメアプリをインストールし,ナビゲーションに従ってカメラを初期登録すると,その後はアプリから登録した複数台のカメラをリモートで管理/設定できます。単一の管理画面から複数台のカメラを遠隔管理できるのはソラカメの大きな特長のひとつで,フルスクリーンのリアルタイム映像でも最大4台分の映像を同時に確認できます。また,カメラにはスピーカーとマイクが付いているので,リモートで映像を見ている人と,カメラ設置現場にいる人が会話することも可能です。

セットアップもスマホやタブレットから約5分で完了

セットアップもスマホやタブレットから約5分で完了

カメラで撮影された映像は24時間録画され,常時クラウド(AWS東京リージョン)に保存されるので,リアルタイムだけでなく,時間をさかのぼっての確認が可能です。また,カメラが動きや音の変化を検知したら通知したり,変化を検知したシーンだけを録画/一覧表示するモーション検知機能も備えており,インシデント発生時の様子を効率よく確認できます。

フルスクリーン表示で最大4台までの同時接続が可能

フルスクリーン表示で最大4台までの同時接続が可能

撮影された映像は常時録画され,AWSクラウド東京リージョンで保存される。保存期間はライセンスに応じて7日間/14日間/30日感から選べる

撮影された映像は常時録画され,AWSクラウド東京リージョンで保存される。保存期間はライセンスに応じて7日間/14日間/30日感から選べる

動きや音の変化を検知してイベントとして保存するモーション検知録画も可能。インシデントをすばやく特定できる

動きや音の変化を検知してイベントとして保存するモーション検知録画も可能。インシデントをすばやく特定できる

ソラコムの出荷倉庫をソラカメでリモート管理しているところ。モーション検知により,棚に置かれたダンボールの数に増減があると通知がいく設定となっている

ソラコムの出荷倉庫をソラカメでリモート管理しているところ。モーション検知により,棚に置かれたダンボールの数に増減があると通知がいく設定となっている

ユースケースとしては

  • 店舗内の混雑度のチェック,棚に陳列された商品のモニタリング(ソラコムの出荷倉庫でも稼働中)
  • 複数台のカメラによる工場の設備監視(メーター目視チェックの代替,ライン稼働状況のモニタリングなど)
  • オフィスの無人受付での来訪者管理
  • 倉庫などバックヤードの入退室管理

などが挙げられます。玉川氏は「ユーザーの想像力とパッションしだいで,ソラカメのさまざまな使い方が拡がっていくと思っている」と語っていますが,本体価格(初期費用)2980円で,月額利用料金が980円からのサービスであれば,どんなシチュエーションでも,また個人から大企業までどんなユーザでも気軽に試しやすく,仮に適合しない場合でも「失敗を早く見極められる⁠フェイルファスト(fail-fast⁠⁠玉川氏)が可能になります。すでにソラカメのプライベートベータ(試用版)を利用したユーザからはさまざまなユニークな使い方が報告されており,また,新たなフィードバックも寄せられているとのことで,まさにユーザ自身がクラウドカメラサービスの多様化を実現しつつあるといえます。

プライベートベータでソラカメを試用したユーザの声。AGC,寺田倉庫,長崎空港ビルディングなどからも高い評価を得ている

プライベートベータでソラカメを試用したユーザの声。AGC,寺田倉庫,長崎空港ビルディングなどからも高い評価を得ている

なお,ソラカメの料金体系は前述したように,初期費用としてカメラ本体2,980円,月額費用としてクラウド常時録画ライセンス(映像の保存期間)を7日間/990円,14日間/1,650円,30日間/2,160円から選択します(初月無料⁠⁠。クラウドサービスらしく,解約もいつでも可能となっているのも特徴のひとつです(初月に解約した場合は1ヵ月分の月額費用が発生⁠⁠。購入はソラコムのIoTストアから注文できます。

ソラカメの料金体系。カメラ本体に,自動更新の月額費用ライセンスが付属する。初月の月額費用は無料

ソラカメの料金体系。カメラ本体に,自動更新の月額費用ライセンスが付属する。初月の月額費用は無料

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Blog 「G3 Enterprise」やTwitter(@g3akk),Facebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

バックナンバー

2022年

  • IoTカメラの進化は新たなフェーズへ! ソラコム,ATOM Cam2をベースにしたクラウドカメラサービス「ソラカメ」をローンチ

バックナンバー一覧