FreeBSD Daily Topics

2012年9月12日 FreeBSD Ports Collection,CVS/CVSupは2013年2月で終了

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ports

End of Ports CVS/CVSup

Portsマネージメントチームから,FreeBSD Ports CollectionのCVS/CVSupによる提供を5ヶ月半後となる2013年2月一杯で終了する旨が発表されました。現在,CVSまたはCVSupでPorts Collectionのアップデートを実施している場合,portsnap(8)またはSubversionを使う方法への移行を検討してください。

Ports Collectionのバージョン管理システムをCVSからSubversionへ移行させたことで,CVS/CVSupによる提供の必要性は低いものになっていました。これまでは後方互換を確保するという目的で,SubversionをCVSへエクスポートして従来通りのサービスを提供してきましたが,メンテナンスに高いコストがかかることから,CVS/CVSupでの提供そのものを打ち切ることになりました。

Ports Collectionの取得およびアップデートはportsnap(8)での実施が推奨されます。portsnap(8)による取得は高速です。次のように操作します。

portsnap fetch extract update

portsnap fetch update

Subversionを使う場合には,次のように操作します。

svn co https://svn0.us-west.FreeBSD.org/ports/head /usr/ports

cd /usr/ports && svn update

FreeBSD 10-CURRENTや9-STABLEを使っている場合には,Ports Collectionではなくpkg(8)を使うという方法もあります。pkg(8)に関しては2012年9月5日 次世代パッケージ管理システム pkg(8),バージョン1.0正式発表に概要をまとめたほか,多少古い内容になりますが次の記事に使い方をまとめてあります。

今後はPorts Collection一辺倒という使い方ではなく,pkg(8)とPorts Collectionのハイブリッド的な使い方が主流になっていくものとみられます。

コメント

コメントの記入