Ubuntu Weekly Topics

2009年7月17日号 8.04.3のリリース延期・9.10のARMサポート・UWN#150・PowerNap・Hundread Paper Cuts Round 2

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

8.04.3のリリース延期

先週,7月10日にリリースされるとお伝えした8.04の三度目のポイントリリース(8.04.3)ですが,諸般の事情により延期になり,7月16日(現地時間。日本では本日7月17日)に行われることになりました。

なお,Japanese Teamでリリースしている8.04.3のJapanese Remixの作成については検討中です。現状では作成を行うか否かが確定していませんが,リリースを行う場合はubuntu-jpメーリングリストで案内を行う予定です。

9.10関連

9.10で実装される新機能に関連して,いくつかの動きがありました。

9.10のUbuntu DesktopはARMもサポートします

Colin Watson(cjwatson)がKarmicのリリースマニフェストを公開しました。

このマニフェストにより,Ubuntu Desktopはamd64・i386に加えて,armel/iMX51(FreescaleのARMプロセッサ搭載マシン)とarmel/Marvell(MarvellのARMプロセッサ搭載マシン注1))でもリリースされることが(ほぼ)確定しました注2)。

注1
Recipeで紹介したSheevaPlugなどの,Marvell Sheevaプロセッサ搭載マシンではリファレンス環境としてUbuntuのイメージがついてきていますが,これらは公式のUbuntuのリリースではありませんでした。
注2
突然「やっぱりリリースは10.04回し」となる可能性や,「i386とAMD64は期日通り出すけど,armelは後回しね」などといった決定が行われる可能性はまだ残っています。

syncベースのアップデート

Ubuntuのユーザーが増えるに従い,日々行われるアップデートによるネットワーク負荷は増大していきますが,サーバー資源は無限ではありません。結果として,アップデートによる帯域消費を少しでも低減する必要が生じます注3)。帯域節約のためのアプローチとして,apt-syncへの移行が提案されています。

これはzsync(rsyncベースのアルゴリズムを用い,ファイルの「中身」の部分的な差分を取得することで,丸ごとダウンロードするよりも帯域を節約できるダウンローダー)を用いることで,日常的なアップデートや,ソフトウェアのインストールに伴うダウンロード量を減らすことができる実装です。

移行にはさまざまなテストケースが必要なため注4),現時点では9.10での全面的な移行は想定されていません注5)。移行のための検討材料として,行われたテストの結果が投稿されています。検討材料が揃い,充分に妥当な想定が得られたら,将来的にはapt-syncベースでのアップデートに移行するかもしれません。

注3
毎リリース直後,jp.archive.ubuntu.comのアウトプットはほぼ1Gbpsに達します。平常時でも昼間は数百Mbpsの単位のダウンロードが行われている状態です。
注4
zsyncを使うことでrangeを指定したHTTPリクエストが増えるため,HTTPサーバへのCPU・メモリ負荷は増大します。また,クライアント側でのダウンロード負荷も,それほど問題にならない範囲で増大します。移行するためにはこうしたトレードオフを解決しなくてはいけません。また同時に,rsyncベースのアルゴリズムを採用する場合,ファイルがあらかじめ圧縮されていると,部分マッチのヒット率が低下し,本来得られるレベルの効率化よりも効果が低くなってしまいますから,コンテンツを無圧縮でホストしておき,転送時に圧縮するといった対応を行った方が妥当である,という可能性もあります。
注5
apt-syncそのものは2006年に書かれたプログラムです。前掲のトレードオフが解決されていないため,DebianやUbuntuではapt-syncへの移行は行われていません。

9.10でのデフォルトアプリケーションの変更

9.10ではこれまで使われてきた幾つかのデフォルトアプリケーションが変更され,初期インストール状態での使い勝手が若干変更になる予定です注6)。こうした変更に伴い,各アプリケーションの支持者が新環境に関するコメントを行っています。

  • RhythmboxからBansheeへの移行について。
  • EmpathyがKarmicのLiveCDに入り,利用できるようになったことについて。EmpathyはPidginを置き換える(予定の)インスタントメッセージングアプリケーションです。
注6
これまでのデフォルトアプリケーションもリポジトリに残されるので,利用不能になるわけではありません。Ubuntuのインストール後に明示的にソフトウェアを導入すれば利用可能です。

PowerNap

大規模クラウド環境やグリッド・クラスタなどの環境においては,「暇になったマシン」というのがしばしば発生します。たとえば,特定の計算を行うようなコンピュータ環境において,「ひとまずの仕事を終えてしまったので,次のジョブが投入されるまで待機している」状態です。

このような場合,待機状態のマシンは無駄に電力を消費している状態ですので,可能であれば省電力モード(サスペンドやハイバネーションや電源Off)状態に落とすべきです。

こうした望みを叶えてくれるソフトウェア,PowerNapがリリースされました。PowerNapはサーバーマシンにおいて,「特定のプロセスがしばらく使われていない時に,任意のコマンド(大抵はスリープのためのコマンド)を発行する」ためのデーモンです。

これはUbuntu 9.10の「省電力」というテーマの一環として導入される予定です。9.10で導入されるAmazon EC2互換環境であるEucalyptusの活用でも役に立つでしょう。

その他の9.10関連の情報

Ubuntu Weekly Newsletter #150

Ubuntu Weekly Newsletter#150がリリースされています。

One Hundread Paper Cuts Round 2

Hundread Paper Cuts(Ubuntuの「簡単に直せるが,直した方がいい問題点」を直していくプロジェクト)Karmicフェーズの第二ラウンドとして,以下の問題が解決ないし修正作業中です。

このラウンドで修正された問題:
現在作業中の問題:
作業が止まっており,意見や再現テストを待っている問題(ひょっとすると「あなた」の協力が必要かもしれません!)

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入