Ubuntu Weekly Topics

2009年9月25日号 Ubuntu 10.04 LTS “Lucid Lynx”・Hundred Paper cuts round 7~8・Ubuntu Magazine Japan・UWN#160

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

Ubuntu 10.04 LTS “Lucid Lynx”

先週お伝えした「次」のUDSのアナウンスに続いて注1),9.10の次のリリース,10.04のコードネームがマーク・シャトルワースによって発表されました

10.04は三度目のLTS注2となり,Lucid Lynx”,あるいは慣例として形容詞部分だけを取ってLucidと呼ばれることになります。すでにリリーススケジュールも確定しており,Karmicのリリース後,約一ヶ月後の12月3日にはAlpha 1が予定されています。

この発表はAtlanta Linux Fest 2009で行われており,会場で公開されたビデオ映像が公開されています。なお,Atlanta Linux Festで行われたUbuntu関連のトピックスはWorksWithUの記事を参照してください。

“Lynx(オオヤマネコ)がネコ科の大型肉食獣であるあたり,なにかへの対抗意識を感じなくもないですが,開発のキーワードとなるメッセージとしては,「The lynx likes to keep things in perspective, sticking to high ground. So do we.(Lynxは回りを見渡せる場所に居ることを好み,高い場所に居ようとする。そして,我々もそうする)」,「Speed is an essential ingredient in the attack of a lynx, and speed remains our goal.(スピードはLynxの攻撃の重要な要素である。そして,速度は我々の目標であり続けている)」などが挙げられます。

また,「10秒での起動」も目標として発表レターに含まれており,Jaunty→Karmic→Lucidの3リリースに渡って行われてきた「起動の高速化」は,10.04 LTSでひとまずのゴールを迎えるはずです。

Ubuntu 10.04 LTS “Lucid Lynxは,来年4月29日にリリースされる予定です。

注1
本来はコードネームのアナウンスが先に来るはずなのですが,今回のみ微妙に順番が前後しています。
注2
Long Term Support。通常のリリースでは1年半のサポート期間が,デスクトップ部分が3年,サーバー部分が5年となる「長期サポート版」です。

Hundred Paper cuts round 7~8

10.04のコードネームの宣言の一方,9.10の開発は真の佳境を迎えつつあります。先週の予告通り,9.10の目玉の一つ,Hundred Papar cutsの内容を見ていきましょう。Hundred Paper cutsは,Ubuntuの「ちょっとしたバグ」(すぐに直せそうなバグ)を修正するプロジェクトです。One Hundred Papercutsについては,2009年6月19日号2009年8月21日号を参照してください。

Round 7
Round 8

Ubuntu Magazine Japan

株式会社アスキー・メディアワークスより,日本語で読めるUbuntuの専門誌が創刊されることになりました注3)。中身も当然Ubuntuの特集を中心にした,史上初のUbuntu専門誌Ubuntu Magazine Japan vol.01は来週火曜日,9月29日に全国の書店で発売予定です。価格は1100円+税で,特別付録に特製Ubuntuステッカーが付いています。

注3
誌名等に「Ubuntu」を含めるためにはCanonical社と契約を結ぶ必要があるため,正規ライセンス契約済みです。ただし,オフィシャルマガジンという位置づけではありません。

Ubuntu Weekly Newsletter #160

Ubuntu Weekly Newsletter #160がリリースされています。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入