Ubuntu Weekly Topics

2009年10月30日号 9.10のリリース・オープンソースカンファレンス2009 Tokyo/Fall・カーネルのセキュリティアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

9.10のリリース

10月29日(木,現地時間;注1Ubuntu 9.10 “Karmic Koalaがリリースされました。入手はGet Ubuntuページから行えます。リリースに伴う文書は次の通りです。

また,Canonicalによるニュースリリースもありますデスクトップ版サーバー版)。

Ubuntu Japanese Teamとしては,「日本語 Remix CD」のリリース版を近日中に(この週末の前後に)リリースする予定です。現時点ではリリース候補版を提供しています。「日本語 Remix CD」のリリース版は,10月末~11月前半にかけては,BitTorrentでのみ配布します。

一方で,リリース直前のこの時期にath5kのテスト要請が行われていたりしますので(ath5kはAtheros製の11n世代の無線LANチップ用ドライバです),出たてのタイミングでインストールするかどうかはよく考えてからにしてください。最低限,問題の切り分けを行える・英語のドキュメントでも問題なく読める・Linuxの基本的な知識がある,といった条件を満たしていないと,何かトラブルを踏んだ場合に「解決まで1ヶ月ほど寝かせる」といった展開に陥るおそれがあります注2)。もちろん,腕に自信があるなら問題はないでしょう。

注1
あくまでヨーロッパ標準時・北米標準時の29日中なので,日本時間にすると30日(今日の早朝)になります。
注2
少なくとも「これが初めてのLinux」といった場合は,今の時点では9.04を使うべきです。商用OSの多くもそうですが,リリースされてすぐの環境を使う場合,相応のスキルと覚悟が必要になります。

Ubuntu 5周年にあたる記念のリリースでもある9.10の,リリースノート以外の(筆者が把握していて,思い出せる限りの)ポイントを以下にお届けします。

SCIMからiBusへの変更

先週のRecipe等でも触れていますが,Ubuntu 9.10から,日本語入力に使われるインプットメソッドが変更になります。これまで利用されていたのはSCIM(scim-anthy)でしたが,9.10からはiBus(ibus-anthy)が利用されます。アップグレードを行った場合も,SCIMからiBusへの移行が行われます。

アップデートの前後での混乱を避けるため,リリースノートを確認しておいてください注3)。

注3
この情報とは無関係に,リリースノートは一度はきちんと目を通すべきものです。

Beta・RCなどからのアップデート

Ubuntuでは,BetaやRC(だけでなくAlphaやDaily Liveなど)から正式版へのアップグレードが可能です。通常のアップデートと同様に,アップデート・マネージャによるアップデート作業を行うだけで,開発版から正式版相当へ更新されます注4)。これは多くの商用OSにはないメリットです注5)。

ただし,Beta版では「アップデート・マネージャが自動的に起動しない」という問題が含まれていたため,個別に[システム][システム管理][アップデート・マネージャ]を起動し,アップデータを手動で適用する必要があります。一度アップデートを行えば,以降はこの問題によってアップデート・アップグレードが左右されることはありません。

注4
ただし,まれに「特定の開発バージョンからアップグレードした場合にのみ発生する問題」が発生することがあります。このような場合,既知の問題であれば(今回の「Betaではアップデート・マネージャが機能しない」というケースのように)リリースノートに記載されますが,きわめてまれに「問題が発生するが,それに誰も気づいていない」という事態が発生することがあります。日常的な利用には問題はありませんが,アップデートによって最新版に更新された環境でバグを発見した場合で,かつバグ報告を行う場合には,クリーンインストールした環境でも問題が再現するか確認する必要があるかもしれません。
注5
多くの商用OSでベータやRCからのアップグレードがサポートされていないのは注4のような問題があるからで,そうした意味ではUbuntuは「手ぬるい」と言うこともできます。これは製品としての保証の有無や,ユーザーの総数・代価のやりとりといった,どちらかというと政治的な問題によって左右される事柄なので,技術的優位性によるものではありません。ですが,「そのまま」利用できるのは便利なので,ユーザーにとってのメリットであることは間違いありません。

Netbook Remix のハードウェア対応

Netbook Remixを利用する場合,対応ハードウェアの一覧を確認してください。

分類はTier 1(主な対応ハードウェアで,かつ問題が発生していないもの)・Tier 2(一応動作するが,何らかの問題があるもの)・Tier 3(現時点ではテストの結果,何らかの問題が生じることが分かっているもの)の三種類です。日本国内で入手できるNetbookの多くはTier 1・Tier 2ですが,TOSHIBA NB205(Dynabook UXの海外版モデル)では無線LAN・サウンド周りの問題が報告されています。

また,Intel US15W(Atom Zシリーズと組み合わされる"Poulsbo"チップセット)を搭載したハードウェアの場合(VAIO Type PやType Xに加えて,タッチパネル搭載Netbookの多くが該当するはずです),チップセット内蔵のオンボードグラフィックス用の2D/3Dアクセラレーションが有効なドライバがまだ提供されていません。Poulsboのハードウェア仕様は公開されておらず,オープンソースでのドライバの開発が不可能なため,9.10(Kernel 2.6.31)用のドライバのリリースはIntelからの提供タイミングに完全に依存します。「いつ」対応になるのかは非常に不透明な状況です。現時点ではUS15Wが搭載されるハードウェアの場合,ハードウェアアクセラレーションがほとんど機能しないVESAドライバを利用するか,9.04を使い続ける必要があります。

RTカーネルふたたび

8.10で消滅したり,9.04で復活したものの妙に不安定であったりと,Ubuntu Studioのユーザーの多くが着目している(であろう)RTカーネルは,9.10ではきちんと安定したものになる予定です(ちなみに,Ubuntu Studio 9.10の新機能にもあげられています)。

ただし,RTカーネル特有の問題,とくに電源管理や一部のドライバ周りのバグは踏む可能性がありますので,Ubuntu Studioなどの音楽制作環境などの極端に応答性が重要になる環境以外では通常のデスクトップ版カーネルを利用するべきです。

initスクリプトの一部がupstart jobに

9.10では,デスクトップ環境を構成する既存のinitスクリプトの多くが"upstart native job"に置き換えられました。これにより,既存のsysvスタイルの起動に比べて実行の並列性が向上させやすくなり,9.10・10.04での起動速度の向上につながっています(あるいは,つながる予定です)。UpstartはFedora(≒RHEL)やDebianでも採用されているため,最終的にはLinuxの標準的なinit管理スタイルとして定着することが期待されています。

設定ファイルレベルでは,/etc/init.d/*から/etc/init/*.confへ変更されています。これまでのupstartベースのスクリプトでは/etc/event.d/に配置することになっていましたが,これが/etc/init/以下に移動したと考えてください。拡張された記法はありますが,これまでのevent.d/とほぼ等しいフォーマットです。

/etc/init/*.confは既存のsysvスタイルのinitスクリプトとは記法が異なり,「ジョブ」(あるいは「イベント」。Windowsなどでは「メッセージ」)を受け取り,それに応じて必要なdaemonの起動・終了などを行う形となっています。既存の操作との互換性のため,「/etc/init.d/gdm restart」などの操作は,「/lib/init/upstart-job」がラップし,必要な/etc/init/*.confをロードします(「/etc/init.d/gdm restart」の場合であれば,upstart-jobが暗黙で/etc/init/gdm.confを読み込んで動作します)。

また,現状の設定はあくまでランレベル単位ですが,最終的にはランレベルよりも柔軟な形で(Solari 10のSFMやMac OS Xのlaunchdのように)設定を行えるようになる予定です。

その他の情報

その他,海外のニュースや紹介などを以下に並べておきます。自力で問題を解決できる自信がない方は,もうしばらくの間はこうしたページを見て期待を高めておくのがよいでしょう。

OSC 2009 Tokyo/Fallへ参加

Ubuntu Japanese Teamは,2009年10月30日・31日に東京で開催されるオープンソースカンファレンス 2009 Tokyo/Fallに参加します。デモ機を展示するほか,31日13:00から「Overview of Ubuntu 9.10」と題してセミナーを行います。

カンファレンスの開催概要は以下の通りです。詳細はOSCのサイトをご覧ください。多くの皆様のお越しをお待ちしています。

なお,リリース時期との兼ね合いから,このイベントには日本語 Remix CDのリリース版は間に合いません。会場で準備できるのは,Ubuntu.comが配布する通常の9.10(のISOイメージ)のみです。

日程2009年10月30日(金)・31日(土) 10:00-17:00
会場日本工学院専門学校 蒲田キャンパス 12号館 (JR蒲田駅・西口より徒歩3分) [アクセスマップ]
費用無料
内容オープンソースに関する最新情報の提供(展示:オープンソースコミュニティ,企業・団体による展示/セミナー:オープンソースの最新情報を提供)
主催オープンソースカンファレンス実行委員会
共催日本工学院専門学校
企画運営株式会社びぎねっと

Ubuntu Weekly Newsletter #165

Ubuntu Weekly Newsletter #165がリリースされています。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入