Ubuntu Weekly Topics

2010年10月8日号 Ubuntu 10.10の開発・Papercuts(8)・11.04の開発にむけて・“PandaBoard”・Adobe Reader9.4.0

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Ubuntu 10.10の開発・最終段階

Ubuntu 10.10のリリースが秒読みに入りました。universe/multiverseを含め,基本的なパッケージの投入はフリーズされ,Release Teamの承認を得ないとコミットできない「仕上げ」モードになりました。現状でリポジトリに含まれる10.10のファイルは,ほぼ最終版と同等の状態になっています。

リポジトリのファイルを元にDesktop CDなどの各種CDが準備され,Ubuntu 10.10は2010年10月10日,年・月・日が「10」で揃った日曜日にリリースされる予定です。

Ubuntu Open Week

10.10のリリースが無事に行われると,10月11日(月)~10月15日(金)にかけて,IRCチャンネル「#ubuntu-classroom」「#ubuntu-classroom-chat」で,Ubuntu Open Weekが開催されます。

Ubuntu Open Weekは,UbuntuのコアメンバがIRC上で参加者からの質問に答えることで,Ubuntuの開発プロセスやコミュニティ運営について参加者により深く知ってもらうためのイベントです。通常,リリースの次の週に行われます※1)⁠基本的には開発者よりはコミュニティ側のイベントで,ドキュメンテーションや翻訳,Kubuntu・Xubuntuなどの派生プロジェクトのリーダーなどが講師役を務めます。今回もMark Shuttleworhを含めたUbuntuの有名人が参加するので,コア開発者に直接質問したいことがあれば参加してみてください。半年に一度のチャンスです。

注1
10.10は日曜日にリリースされるので「次の週」「次の日」は同義であることです。リリースのために燃え尽きた開発者は,そのままOpen Weekに参加することになります……。

10.10のPapercuts(8)

Ubuntuでは,リリース毎に「すぐに直せる」⁠ユーザーの使い勝手を損ねる」バグをだいたい100個修正する,⁠Hundred Papercuts』と呼ばれるプロジェクトを実施しています。Ubuntu 10.10で行われるPapercutsの内容をその1その2その3その4その5その6その7に引き続いて見ていきましょう。

maverick-round-9-sc-metadata "Software Center"
  • このラウンドは,Software Center上で表示される各種ソフトウェアのカテゴリ・詳細説明などを補正するものです。その数,38個(10.10のPapercutsの総数が150個ほどになった主犯)⁠内容は以下のようなものです。あまりにも量が多いため,すべては紹介しません。
  • 代表例その1:LP#554174 プリンタ設定ツールであるsystem-config-printerが,なぜか「開発ツール」の一種として登録されている。⁠Gnome」カテゴリに移すべき。
  • 代表例その2:LP#599785 GIMPの詳細な説明に,⁠HTTP/FTP越しにファイルにアクセスしたい場合,gvfs-backendパッケージを導入してください」といった技術的な内容が延々と書かれている。これよりも,⁠フォトレタッチができます。対応するファイル形式はPhotoShopやPaintShopProなどのものです」といったものが書かれるべき。
maverick-round-10-sc-ftdau "Software Center"
  • LP#550261 sbackupが「バックグラウンドでバックアップを開始しました」などと表示させるものの,実はバックアップが一切始まっていない。

11.04の開発,その前段階

バグ対応に追われる開発者がいる一方で,担当範囲の致命的なバグを解決し終えた開発者によって,11.04の開発に備えたディスカッションがいろいろところプランニングが開始されています。

BeagleBoardの後継・PandaBoard

Tiが生産しているARM系SoC,⁠OMAP」を利用したBeagleBoardという製品群があります。OMAP3530(Cortex A8コア)を搭載した超小型のコンピュータで,Ubuntuが動作します(UbuntuのTi OMAP向けリリースは事実上これらの製品が対象です)⁠このBeagleBoardの後継機として,PandaBoardという新製品が企画されています。実質的にはTiのリファレンスデザインに近いもので,ARM搭載機としては非常に高い性能を持ちます。具体的には次のようなものです。

  • CPU: Dualcore Cortex-A9 1Ghz(Ti OMAP4430 "OMAP4")
  • GPU: PowerVR SGX540(OMAP4430内蔵)
  • Memory: LPDDR2 1GB
  • Ethernet: 10/100 x2
  • Storage: SD/MMC Card Slot
  • Wireless: Bluetooth/WLAN
  • OS: Ubuntu,Android

より詳細なカタログスペックは,omappedia.orgの記載を確認してください。なお,Ubuntu 10.10のTi OMAP向けリリースはこのボードやリファレンスデザインがターゲットデバイスとなっており,kernel-teamのMLなどでは「ti-omap4」という文字列が含まれた大量のメール(と,それに添付された無数のパッチ)を見かけることができます。PandaBoard向けパッチ,というそのものずばりなものも相当数あり,オーディオを含めた完全な動作が得られそうです注2)⁠

EtherこそこれまでのOMAP搭載ボード類と同様,USBからLAN9514チップでEthernetに変換をかける形となり,ネットワークスループットでは他のSoCに比べて不利になる設計のままですが,2ポートの10/100なので,それなりの使い道はあると見られます。

1GBという,ARM搭載機としては非常に大きな容量のメインメモリを搭載していることに加え,DVI-DとHDMIを別系統の出力として持てること,PowerVR SGX540(Galaxy Tabなどと同じIP)を搭載しており,1080p出力も可能なことことから,⁠低消費電力のデスクトップ環境」として「使える」ものであることが期待できるでしょう注3)⁠また,ビルド環境としても既存のARM環境からすると数倍のパフォーマンスアップになるため(特にメモリ容量が一気に増えるのが大きい)⁠UbuntuのARM向け開発も非常にはかどると見られます。

すでに開発コミュニティ向けの先行出荷の募集も開始されています。一般向けにも,それほど高くない金額注4で,かつ,近い未来には販売が開始されると見られます。実用品としてARM環境を利用する場合には,非常に強力な選択肢になるはずです。

注2
リリースには間に合わなかったので(PandaBoard関連の最新パッチ投稿日:10月6日)⁠10.10のリリース後のアップデートでの対応となります。パッチはすでに取り込まれているため,リリース後,間をあけずに更新がかかると見られます。
注3
ただし,PowerVR SGX540はすでに2年前のIPで,組み込み向けとして見ても「超高速」と言えるものではありません(速いほうではある)⁠
注4
10月初旬の段階ではまだ販売金額は未公開ですが,公開されているBoMを元にした部材の積み上げや,表面実装部品を確認した範囲では,BeagleBoardや同XMと比べて大幅なコストアップが発生する要素はなさそうです。

その他のニュース

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入