Ubuntu Weekly Topics

2012年4月6日号 MAAS(Metal as a Service)プロジェクトの公開・日本語Remixのリリース予定・Ubuntu StudioのLTS化・FCM#59・UWN#259

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

12.04の開発

12.04はBeta2から最終版へのスパートにあります。大量のUIFe(User Interface Freeze Exception)等の風物詩を見せつつ,一方ではUbuntu StudioがLTS(ただし3年間)になるという快挙を成し遂げました。

また,⁠リリース後」に利用されるproposedリポジトリも作成されリリースまで間もなく,という雰囲気をまとい始めています。

『MAAS』の公表

1月頃から開発が始まっていた12.04の隠し球,⁠MAAS」⁠Metal as a Service)目を覚ましました。MaaSは,その名の通り「物理マシンをクラウドサービス的なインターフェースで使う」ためのソフトウェアです注1)⁠コアにあたる部分はCobblerで,ここに追加のインターフェースが加わったものです。

基本的には,Amazon Web Services(のEC2)のような形で,数個のコマンドを実行するだけで「OSインストール済み」の環境を準備できるもの,というものです。基本的な原理はWeekly RecipeのUbuntuのネットワークインストール環境にPreseedingを組み合わせたようなもの,と理解しておけばよいでしょう。

開発そのものは現在も続けられており,12.04段階では不完全なものかもしれませんが,Jujuとあわせて今後が楽しみなプロダクトです。

注1
「Metal」は,仮想化やクラウド関連の語彙では「物理マシン」を意味します。仮想化の「Baremetal Hypervisor」などもこの手の表現です。

Kernel Freeze

12.04のカーネルがフリーズされ,ほぼすべての部品要素が出揃いました。あとは本当に品質を高めるための作業だけです(Canonical関連の隠し玉の可能性は否定しきれません)⁠これに伴い,以降の12.04のカーネルへの修正はリリース後に持ち越されます。

Rebuild test

Ubuntuの開発終盤の名物,Rebuild test(既存のすべてのパッケージを「今のUbuntu上でリビルドできるか」をテストする作業)も行われています注2)⁠例によって相当数のFTBFSが生じていますので,修正して開発に貢献するチャンスです。

注2
厳密には,開発中盤と終盤に行われます。今回はLTSなのでさらに序盤戦でも行われており,3度目のRebuild Testです。

日本語Remixのリリース予定

12.04のBeta2リリース・カーネルフリーズが行われたため,そろそろ日本語Remixの季節です。12.04フェーズの日本語Remixは通例通り,以下の形式を予定しています。

  • Beta2をもとにしたテスト版(作業中)
  • リリース版(12.04リリース後に作業開始)

リリースアナウンス等はubuntu-jpメーリングリストで行う予定です。

Full Circle Magazine #59

Ubuntuに関する記事を集めた月刊のWebマガジン『Full Circle Magazine』59号がリリースされています。

主な内容は次の通りです。

  • コマンドライン操作:Androidへsshdを入れてsshfsでマウントしたり,bashのプロンプトの変更とvimの設定を行います。
  • How-To: Pythonによるプログラミング入門,第39回。一種のGUIファイラーを作っていきます。
  • How-To: LibreOffice入門,第13回。Calcの使い方,とくに複数タブや画面の分割方法を学びます。
  • How-To: USBメモリにLinuxを納めて持ち歩く方法。
  • How-To: Virtualbox付属のコマンドを使って,仮想マシンで利用する仮想ディスクのリサイズを行います。
  • How-To: LibreOffice Drawを用いてグリーティングカードを作成する方法。
  • Foremostを使って,⁠消してしまったファイル」を取りもどす方法。一種のファイルシステムフォレンジック手法を学びます。
  • 各種デスクトップ環境におけるタスクマネージャについて。
  • などなど。

UWN#259

Ubuntu Weekly Newsletter #259がリリースされています。

その他のニュース

  • Amazon EC2上にある仮想マシンからVNCでデスクトップ接続する方法。ここではkubuntu-desktopを導入していますが,ubuntu-desktop等でも同様に動作させることができるでしょう。ちょっとしたテストマシンとして数ドルで利用できます。
  • Ubuntu 12.04のブート速度を,いろいろなハードウェアで比較したベンチマーク⁠最近のマシン」では10.04よりも高速化されるものの,遅めの旧世代マシンではどうしても遅くなってしまう,といった傾向が見て取れます。
  • 12.04 + arm-HFを前提にした,カーネルのクロスコンパイル環境の簡単な構築方法
  • ローカルネットワークにリポジトリを構成して利用する方法。
  • VirtualBox 4.1.12がリリースされています。ただし,大変しょうもない問題があるので,少し気をつけた方がよいでしょう。
  • GNOME 3.4がリリースされテスト用ISOが利用できるようになっています。Unityが気に入らない場合の選択肢のひとつとして,触ってみてはいかがでしょうか。
  • ATmega1284P上でUbuntuを動かしているデモ。ATmega1284PはAtmelの超高性能RISCプロセッサ注3で,この上にARMのエミュレータを書いて,その上でUbuntuを動かしています。動画で確認したい方はこちら。なお,フルに見るには3.5時間かかります。
注3
8bit SoCとしては20MHzという超高性能を誇りますが,いまどきの32bit/64bit CPUに比べると1%の性能もありません。

今週のセキュリティアップデート

usn-1412-1:Linux kernelのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-March/001647.html
  • Ubuntu 11.10用のアップデータがリリースされています。CVE-2011-3347を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるので,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-1413-1:Novaのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-March/001648.html
  • Ubuntu 11.10用のアップデータがリリースされています。CVE-2012-1585を修正します。
  • Nova APIの実行結果をログに保存する機能を悪用して,ユーザーがストレージの枯渇を発生させることができます。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-1197-8:ca-certificates-javaの再アップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-March/001649.html
  • Ubuntu 11.10用のアップデータがリリースされています。usn-1197-7で発生した,11.04から11.10へのアップグレードが失敗する問題を修正します。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-1414-1:Aptdaemonのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-April/001650.html
  • Ubuntu 11.10・11.04用のアップデータがリリースされています。CVE-2012-0944を修正します。
  • aptdaemon経由でパッケージ操作を行う際,認証されていないパッケージに対する警告がシミュレーション時にしか表示されないため,警告を迂回することが可能でした。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-1415-1:Linux kernel (Marvell DOVE)のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-April/001651.html
  • Ubuntu 10.10のMarvell DOVE環境向けアップデータがリリースされています。CVE-2012-0879を修正します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
  • 備考:備考:ABIの変更を伴いますので,カーネルモジュールを自分でコンパイルしている場合は再コンパイルが必要です。カーネルモジュール関連のパッケージ(標準ではlinux-restricted-modules, linux-backport-modules, linux-ubuntu-modulesなど)は依存性により自動的にアップデートされるので,通常はそのままアップデートの適用を行えば対応できます。
usn-1400-4:Thunderbirdの再アップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2012-April/001652.html
  • Ubuntu 11.10用の再アップデートです。usn-1400-3で発生したThunderbirdがフリーズする問題を解決します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,Thunderbirdを再起動してください。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入