Ubuntu Weekly Topics

2017年4月14日号 Ubuntu 17.04 “Zesty Zapus”のリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

ubuntu 17.04 “Zesty Zapus”のリリース

4月13日(現地時間)⁠Ubuntu 17.04 “Zesty Zapus⁠(ピリッとしたトビハツカネズミ)リリースされました。

『おそらく』Unityをデフォルトデスクトップ環境とする最後のリリースであると同時に,アルファベット順で名付けられるコードネームが「Z」まで辿り着いた注1)⁠大きな記念碑としてのリリースとなります。リリースとしては非LTSのため,9ヶ月間(2018年1月まで)のサポートとなります。

注1
最初期の4リリースはWarty→Hoary→Breezy→Dapper,という順序だったので,厳密にアルファベット順というわけではありません。

劇的な変更点はありませんが,ドライバレスプリンティングの搭載が大きなトピックです。この機能により,IPP Everywhere(ないしAirPrint)に適切に対応したプリンタであれば,⁠Linux用ドライバ」なしにUbuntuから印刷できるようになります。Ubuntuでプリンタを使うには,機種をよく選ばなければいけない,というバッドノウハウは,もうすぐ忘れ去られることでしょう注2)⁠

注2
IPP Everywhere・AirPrintは比較的新しい規格のため,まだ購入時によく確認しないと未対応の可能性があります。

なお,17.04ではDNSレゾルバがsystemd-resolvedに切り替わっているため,一部の環境,特にISP起因で名前解決にクセのある環境では不具合が発見される可能性があります。現在16.10を利用している方は,十分な情報収集とバックアップの上でアップグレードすることをお勧めします。

その他のニュース

今週のセキュリティアップデート

usn-3257-1:WebKitGTK+ のセキュリティアップデート
usn-3258-1usn-3258-1:Dovecot のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-April/003813.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-April/003814.html
  • Ubuntu 16.10・16.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2017-2669を修正します。
  • 特定のユーザー名を利用することで,意図的にクラッシュを引き越せる問題がありました。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
  • 備考:"dict"認証DBを利用している場合,正常に動作しなくなる問題があったため,usn-3258-2として再修正版がリリースされています。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入