Ubuntu Weekly Topics

2017年10月27日号 Ubuntu 18.04 LTS “Bionic Beaver”,Ubuntu 17.10リリース記念 & UbuntuWeekly Recipe 500回記念オフラインミーティング17.12

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Ubuntu 18.04 LTS “Bionic Beaver”

17.10のリリースも無事に終わり注1)⁠次のLTSとなる18.04 LTSの開発がスタートしました。Ubuntuの開発における最初ののろしとなる,Mark Shuttleworthによるコードネームのアナウンスが行われました。

18.04 LTSのコードネームは⁠Bionic Beaver⁠(バイオニック・ビーバー)となります。

「Bionic」「生体工学の」⁠生体工学によって編み出された」的な意味の単語ですが,ニュアンスを含めると「バイオニック」というカタカナ語がそのまま使われるパターンもしばしばです。⁠Bionic Man」40年ばかり前の特定の文脈ではサイボーグ的な超人(お値段600万ドル)を表すこともあり,今回はUbuntu的には少し攻めた訳語としています。

「Beaver」は湖や池の周辺に住む,あのビーバーです。⁠木をかじって切り倒してダムを作る」⁠自らさまざまな環境を整える」といった特性を持つ齧歯目の小動物です。

MarkのアナウンスではConjure-upによるKubernetesやHadoop,OpenStack環境を簡単に構築できることや,さまざまなデスクトップ環境が利用できることが示されており,18.04 LTSがさまざまな形で「環境を整える」存在になるであろうことが(あまり明示的ではないものの)示唆されています。現時点では正式なリリース日は確定していませんが,Ubuntu 18.04 “Bionic Beaver⁠のリリース日は来年2018年の4月の予定です。

注1
Japanese Remixはリリースに向けて作業中です。それほど遠くないタイミングでRC的なテスト版をお届けできるのではないでしょうか。

Ubuntu 17.10リリース記念 & Ubuntu Weekly Recipe 500回記念オフラインミーティング17.12

グリー株式会社様の主催により,Ubuntu 17.10のリリースと,本連載の姉妹連載,Ubuntu Weekly Recipeの連載回数500回を記念したオフラインミーティングイベントが予定されています。Ubuntuを使ったことがある,あるいは興味がある場合など,どんな方でも来ていただいても問題ありません。皆様のお越しをお待ちしています。

  • 参加費は無料です。ささやかではありますが,無料の食べ物とからあげと飲み物を用意してお待ちしております注2)⁠
  • 入館管理や各種準備の都合から,事前に参加申請をした方のみ参加可能です。登録期限の12月1日(金) 20:00までに申し込みください。

なお,過去のオフラインミーティングの様子はRecipeの452回473回もしくは別の視点から,ということでEngadgetの記事を参照してください。

注2
からあげを食べ物と飲み物のどちらに分類するべきか,もしくは「どちらでもない」にするべきかについて,スタッフ間では若干の議論の余地があります。

今週のセキュリティアップデート

usn-3456-1:X.Org X serverのセキュリティアップデート
usn-3457-1:curlのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-October/004099.html
  • Ubuntu 17.10・17.04・16.04 LTS・14.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2017-1000257を修正します。
  • 悪意ある応答を返すIMAPサーバーに接続した場合,メモリ破壊を伴うクラッシュが誘発されることがありました。任意のコードの実行につながると考えられます。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-3459-1:MySQLのセキュリティアップデート
usn-3460-1:WebKitGTK+のセキュリティアップデート
usn-3458-1:ICUのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-October/004102.html
  • Ubuntu 17.10・17.04・16.04 LTS・14.04 LTS用のアップデータがリリースされています。 CVE-2017-14952を修正します。
  • 悪意ある入力を行うことで,メモリ破壊を伴うクラッシュを誘発させることが可能でした。任意のコードの実行につながると考えられます。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-3461-1:NVIDIA graphics driversのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-October/004103.html
  • Ubuntu 17.04・16.04 LTS・14.04 LTS用のアップデータがリリースされています。CVE-2017-6257, CVE-2017-6259, CVE-2017-6266,
    CVE-2017-6267, CVE-2017-6272:を修正します。
  • NVIDIAのAnswer ID 4525で報告された脆弱性を解決します。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
usn-3458-2:ICUのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-October/004104.html
  • Ubuntu 12.04 ESM用のアップデータがリリースされています。CVE-2017-14952を修正します。
  • usn-3458-1の12.04 ESM用パッケージです。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-3441-2:curlのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-October/004105.html
  • Ubuntu 12.04 ESM用のアップデータがリリースされています。CVE-2016-9586, CVE-2017-1000100, CVE-2017-1000254, CVE-2017-1000257, CVE-2017-7407を修正します。
  • usn-3441-1の12.04 ESM用パッケージです。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-3434-2:Libidnのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2017-October/004106.html
  • Ubuntu 12.04 ESM用のアップデータがリリースされています。CVE-2017-14062を修正します。
  • usn-3434-1の12.04 ESM用パッケージです。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入