Ubuntu Weekly Recipe

第56回 VAIO Type Pを使う(1):Type P特有の問題・無線LANの有効化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

SONYから1月に発売されたVAIO Type Pは,IntelのMenlowプラットフォーム(旧ブランド名『Centrino Atom』)を用い,最小構成で600gを切ることも可能な,非常に軽量なノートPCです。

ただし,Menlowプラットフォームは幾つかの点で特殊であり,Ubuntuを「そのまま」使おうとすると少々やっかいなことになってしまいます。そこで今回から何回かにわけて,この環境でUbuntuを使うためのレシピを紹介します。

VAIO Type P

VAIO Type Pが採用するMenlowプラットフォームは,一般的なNetbookで利用されるAtomプロセッサ環境とは,幾分異なった構成となっています。

特徴的なのは次の点です。

  • 通常のAtom環境で利用されるi945系チップセットではなく,US15W(以下,コードネームの「Poulsbo」とします)という独自のチップセットが利用されている。
  • チップセットに内蔵されたグラフィック機能も,PowerVRベースのGMA500という専用のものになっている。
  • 無線LANなどの一部を除き,ほとんどの周辺機器がUSB経由で接続される。

Windows以外のOSを利用しようとする場合,二番目の問題,グラフィック機能がGMA500になっている点が大きな問題となります。

PoulsboはIntelが推進するMoblinで利用が想定されているMID(Mobile Internet Device)の主要なプラットフォームであるため,Linux向けドライバが準備されつつあるのですが,まだ「そのまま」使える状態にはなっていません。

Ubuntuの場合,8.04を用いてUbuntu MobileチームのPPAを利用し,xserver-xorg-video-psbの最新版をインストールすることで高機能なドライバが利用可能です注1)。8.10・9.04では今のところドライバが用意されていないため,vesaで動作させる必要があります。

単に専用ドライバを使わないと性能が落ちる,というだけであれば,vesaドライバで動作させれば良いように思えますが,Poulsboではドライバ経由でバックライトの明るさの調整を行うため,汎用のvesaドライバで利用している場合,常に最高輝度で動作することになります。これではバッテリ動作時間が短くなってしまいますので,モバイル用途で利用する場合はxserver-xorg-video-psbの利用が必須=8.04の利用が必須,という状態になっています。

ただし,8.04を用いても,インストール時点では以下のような問題があります。これは8.04系の最新のポイントリリースである8.04.2を利用しても同様です。以下は筆者が確認した範囲の,「インストール時点で発生する問題」のリストです。

  • GMA500用のドライバ(xserver-xorg-video-psb)が導入されておらず,VESAで認識されている。このため液晶バックライトの明度が変更できない。
  • 画面の解像度が正しく認識されず,「引き延ばされた」表示になっている。
  • イーモバイルの各種Windows Mobile端末のRNDISによるインターネット接続共有が利用できない(これはRNDIS経由の接続が,8.10以降で導入されたためです)。
  • イヤフォンジャックにイヤフォンを差し込んでもミュートされない。
  • 無線LANが認識されない。
  • それだけでなく,有線LANも認識されない(!!)

特に最後の2つが強烈な問題で,なんらかの方法で対処するまではネットワーク接続が不可能です。逆に8.10や9.04 Alpha3ではインストール時点から有線・無線LANともに認識できますが,前述の通りPoulsboチップセット内蔵のGMA500対応ドライバ利用できないので,液晶バックライトの明度調整が行えません。現状では8.10や9.04をType Pで使うのは非常に不利であると言えます注2)。

8.04の話に視点を戻すと,ネットワーク接続ができないということはアップデートも行えませんし,ネットワーク接続ができない限り,パッケージのダウンロードもできないわけですから,一種の「詰み」状態です。今回はここから脱出するための手順を紹介します。画面解像度を含めたより詳細な設定を,回を改めて紹介する予定です。

注1)
同じPoulsboドライバを利用しているDell Inspiron Mini12に至っては,BIOS上でVESA関連の初期化が行われていないため,vesaドライバで動作させることすらできないようです。Mini12でUbuntuを利用したい場合,コンソール画面でUbuntu MobileチームのPPAを利用する設定を行うか,Dellのプリインストール版Ubuntuを利用する必要があります(プリインストール版であればPPA経由のものと同種のxserver-xorg-video-psbが導入されており,きちんと動作します)。なお,厳密に表現するとPoulsboのグラフィック機能を正しく利用するにはxserver-xorg-video-psbだけでなく,Kernel ModuleとしてDRMが必要です。さらにXServer1.6などへの対応も終わっていませんので,8.04向けのドライバを8.10・9.04などへ流用するには少々高いハードルを越える必要があります。
注2)
xserver-xorg-video-psbが利用できないとMIDなどでは致命的なため,9.04リリースに向けてDKMSを利用したドライバパッケージングが行われる予定です。9.04のリリースに間に合うかどうかは不明ですが,うまく進めば8.04・8.10などにもバックポートされ,より容易にPoulsboチップセット環境を利用できるようになる見込みです。なお余談ながら,9.04ではモバイル向けの興味深い機能としてFaster Boot From Imageが搭載される*予定*で,うまく搭載されればType P内蔵のInstant Boot並の高速起動が実現できるかもしれません(……が,うまく搭載されても,一部のハードウェアではバグに遭遇する可能性が高そうな機能ではあります)。

おことわり:

筆者が所持しているVAIO Type Pは以下のBTO構成となっています(VGN-P90HS)。今回は関係ありませんが,次回以降で触れる予定のイヤフォン周りは非ノイズキャンセリング構成では挙動が異なる可能性がありますので注3),お手元で試される場合はご注意ください。

  • CPUをAtom Z540へ変更
  • ストレージを64GB SSDへ変更
  • Bluetooth搭載
  • Webカメラ搭載
  • ノイズキャンセリングヘッドホン搭載
  • ワイヤレスWAN・ワンセグチューナーなし
  • 英語キーボード
注3)
実際にハードウェアの差異を確認したわけではありませんが,BTOメニューに『ノイズキャンセリングヘッドホン「なし」をお選びの場合,ノイズキャンセリング機能は本体に搭載されませんのでご注意下さい』という記述があり,構成によってハードウェアが異なると思われます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入