Ubuntu Weekly Recipe

第57回 VAIO Type Pを使う(2):各種ドライバの設定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

今回もVAIO Type PでUbuntu 8.04を使うためのレシピを紹介します。今回の設定を終えることで,ほぼ一通りの機能が利用できるようになるはずです。

xserver-xorg-video-psbの利用

Type Pで利用されているPoulsboチップセット内蔵のGMA500は,xserver-xorg-video-psbというドライバで動作します。しかしこのドライバはまだ8.10や9.04で利用されるXServer用の移植が完了しておらず,さらに旧来のDRMを経由して利用しなければいけません。8.10以降での利用が微妙な状態なのもこれが理由ですLP#269611)。

この問題はUbuntu MobileのPPA対応モジュールが用意されているのですが,諸般の事情によりアップデートカーネルに追いついておらず(2.6.24-16までしかモジュールがありません),手元でビルドを行う必要があります。

順番に手順を見ていきましょう。まず,Ubuntu MobileのPPAをapt-lineに追加します。以下のコマンドを実行してください。

$ sudo /bin/sh -c "echo 'deb http://ppa.launchpad.net/ubuntu-mobile/ppa/ubuntu hardy main\ndeb-src http://ppa.launchpad.net/ubuntu-mobile/ppa/ubuntu hardy main'> /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-mobile.ppa.list"

これにより,/etc/apt/sources.list.d/ubuntu-mobile.ppa.listというファイルに以下の内容が記述されるはずです。

deb http://ppa.launchpad.net/ubuntu-mobile/ppa/ubuntu hardy main
deb-src http://ppa.launchpad.net/ubuntu-mobile/ppa/ubuntu hardy main

さらに以下のコマンドを実行します。必ずLaunchpad上のUbuntu MobileチームのPPAページであるhttps://launchpad.net/~ubuntu-mobile/+archive/ppaを開き,以下のような記述の************************の部分を確認してから作業を行ってください

『This repository is signed with ************************************ OpenPGP key. Follow these instructions for installing packages from this PPA.』

$ sudo apt-key adv --recv-keys --keyserver keyserver.ubuntu.com ************************************

※ ************************************の部分は上述の通り,Ubuntu MobileチームのPPAに割り振られた鍵のkeyIDに置き換えてください。

この状態で以下のコマンドを実行すると,幾つかのパッケージがUbuntu Mobile由来のものに置き換わり,さらにxserver-xorg-video-psbが導入されます(もしUbuntu Mobile由来のパッケージを使いたくなければ,sudo apt-get update && sudo apt-get install xserver-xorg-video-psbを完了させた後で,/etc/apt/sources.list.d/ubuntu-mobile.ppa.listをリネームし,さらにsudo apt-get updateを実行してください)。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install xserver-xorg-video-psb

前述の通り,旧来のバージョンであればUbuntu MobileのPPAを有効にし,パッケージアップデート(sudo apt-get upgrade)を実行することでカーネルモジュールも導入され,psbドライバを利用できるようになっていたのですが,現在は自力でモジュールをコンパイルしなければいけません。

次の操作を行ってください。カーネルモジュール群のコンパイルを伴うので,相応の時間がかかります。

$ sudo apt-get install fakeroot
$ sudo apt-get build-dep linux-ubuntu-modules-`uname -r`
$ mkdir src
$ cd src/
$ apt-get source linux-ubuntu-modules-`uname -r`
$ cd linux-ubuntu-modules-2.6.24-2.6.24/
$ echo "CONFIG_DRM_PSB=m" >> debian/config/i386
$ fakeroot debian/rules binary-modules-generic
$ cd ..

以上の操作を行うと,カレントディレクトリに「linux-ubuntu-modules-2.6.24-23-generic_2.6.24-23.37_i386.deb」といったパッケージが生成されますので,これをインストールします(ファイルマネージャで~/srcを開き,パッケージをダブルクリックしてgdebi経由でインストールしても良いでしょう)。

$ sudo dpkg -i linux-ubuntu-modules-2.6.24-23-generic_2.6.24-23.37_i386.deb

以上の操作を行ったら,システムを再起動してください。再起動後は1600x768ドットの広大な解像度を利用できるようになっているはずです。明度の変更も可能ですが,残念ながらホットキーは有効にならないので,GNOMEパネルから明るさの変更アプレットを追加し,アプレット経由で操作してください。

なお,カーネルの(セキュリティフィックスではない)バージョンアップがあった場合は同様のコンパイル作業を都度行う必要があります。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。

コメント

コメントの記入