Ubuntu Weekly Recipe

第100回 Ubuntuを中心とした情報環境の紹介

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Ubuntu Japanese Team代表の小林です。2008年1月より開始した当連載「Ubuntu Weekly Recipe」は,今回でちょうど100回となります。読者の皆様,技術評論社で当連載をご担当いただいている高橋様,そして記事の執筆を続けてくれたUbuntu Japanese Teamのメンバーに感謝します。

私自身は2回しか記事を書いていないのですが,他のメンバーに「100回記念なんだから代表が書くのが良いのではないか」と言われ,担当することになりました。いつもは「特定のトピックを取り上げて設定方法などを詳しく解説する」というスタンスの連載ですが,今回はちょうど100回ということで趣向を変えて,私が普段利用している情報環境について紹介したいと思います。以前,特別企画としてUbuntu Japanese TeamのメンバーがUbuntuをどのように使っているかの紹介記事を執筆してくれましたが第67回第68回)⁠今回はUbuntuに限らず,使用頻度が高いものや特徴的だと思われるものについて,私見を交えつつ紹介したいと考えています。

基本的な考え方

Ubuntuを中心に情報環境を整えるにあたり,普段から気をつけているのは以下の3点です。

紙を極力使わない(書かない・参照しない)

私は整理整頓が苦手ですので,紙に書いてしまうと後で見つけるのが大変です。そのため,情報は電子データとして蓄積しておき,複数のPCや携帯電話からアクセスできるのが理想だと思っています。そうすれば,ズボラな私でも「必要な時に見つからない」とか「メモした紙を忘れてしまった」とかいったことが少なくなるでしょう。

とはいえ,私はどうもPCを見ながらの打ち合わせが苦手で,人と会うときは紙にペンで書くことがほとんどです。結局は,紙を見ながらPCに入力することになるので,今後は改善していきたいところです。

情報は一元管理する

同じ情報を複数の場所に置いたり,そのために2回入力したりということは避けたいと考えています。これは,多くの皆さんが考えていることではないかと思います。

良いサービスやソフトウェアにはお金を払う

Ubuntuは基本的にフリーソフトウェアで構成されており,無料で利用できます。しかしながら,有料のソフトウェアやサービスで良いものがあれば,積極的に利用することにしています。とくに優れたWebサービスには,応援する気持ちも込めてお金を出すのは意味のあることだと考えています。

メール

自宅サーバ(Ubuntu 8.04 LTS)にSMTPサーバとIMAPサーバを入れ,自宅および外出先から接続できるようにしています。メールソフトはThunderbirdを使っています。

複数のメールアカウントを併用していますが,個人宛のメールについては自動でコピーをGmailに転送しています。外出先でPCを借りてメールを確認したり,後で検索するのに便利だからです。

なお,自宅サーバは一般家庭用のインターネット接続を利用しているため,メールを直接送信しても受け取ってもらえなかったり,遅延することがあります。そこで,アメリカの業者が提供しているVPS(Virtual Private Server)を借りてUbuntuをセットアップし,そこにもSMTPサーバを入れて送信サーバにしています。なお,このVPSでは自分のホームページや仕事で使うメーリングリストも動いています。

チャット

Piginを使っています。Google TalkとMSNのアカウントを登録してあります。なお,外出時はiPhoneでfringを使っています。

RSSリーダ

Google Readerを使っています。ローカルのアプリケーションもありますが,RSSを登録しておけば複数のPCで参照できますし,iPhoneで見れるのも便利です。

最近は登録数が増えすぎて読みきれていないので,Yahoo Pipesを使って複数のRSSをまとめたりキーワードでフィルタするなどし,それをGoogle Readerに登録するということを近いうちにやりたいと思っています。

Web閲覧

Ubuntu上でFirefoxを利用しています。普通ですね。アドオンを多く入れるのはあまり好きではないのですが,タブを多く開くためTabs Open Relativeは真っ先に入れるようにしています。

辞書

英辞郎,ジーニアス英和・和英,WordNet 2.0 - Dictionary & ThesaurusEBViewで使っています。また,英語のWebページを読む時にFirefoxのアドオンであるFireDictionaryを使うこともあります。

国語辞典はgoo辞書を利用しており,ローカルデータとしては持っていません。

著者プロフィール

小林準(こばやしじゅん)

Ubuntu Japanese Team リーダー。2005年より日本国内でUbuntuの普及活動を行っている。著書に,Linuxシステムの管理に必要な知識を解説した『独習Linux』がある。

コメント

コメントの記入