Ubuntu Weekly Recipe

第119回 Ubuntuで最新のSylpheedを使う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Sylpheed 3.0 登場

本連載の第62回第63回で紹介したマルチプラットフォームの高機能メールクライアントであるSylpheedが,5年ぶりにメジャーバージョンアップを行いました。

新バージョンである 3.0 は,4月29日にリリース予定のUbuntu 10.04 "Lucid Lynx" には既にパッケージが用意されています。つまり10.04を使用すれば,Ubuntuソフトウェアセンターやapt-getコマンドから最新のSylpheedを簡単にインストールすることができます。

図1 Ubuntu 10.04上で動作しているSylpheed 3.0 のスクリーンショット

図1 Ubuntu 10.04上で動作しているSylpheed 3.0 のスクリーンショット

Sylpheed 3.0 の特徴

それでは,新しくなったSylpheedの特徴を見ていきましょう。

マルチスレッド対応と操作性の向上

従来のSylpheedはすべての動作がメインスレッド内で行われるという実装で,外部コマンドを実行したり,IMAP4フォルダのメールを受信するたびに,他の操作がブロックされてしまっていました。Sylpheed 3.0ではメールの受信や外部コマンドの実行を別スレッドとして実行するようになり,IMAP4メール受信中でもユーザインターフェイスがブロックされません。これによって,操作ができない「待たされる」場面が少なくなり,オペレーションにおけるストレスが非常に軽減されました。

また,メールの受信時やメールの移動,コピー時に,フォルダのサマリキャッシュをその場で更新するように仕様が変更されました。従来はフォルダを開くタイミングでキャッシュを作り直していたため,大量のメールがあるフォルダを開くときには「待たされる」現象が発生していました。3.0では事前にキャッシュを更新しておくことで,多数の新着メッセージがあるフォルダを開いた場合でもパフォーマンスが低下することが少なくなりました。

他にもインターフェイス関連では,フォルダのスキャン中に進捗を表示するなどといった細かい改良が行われています。Sylpheedはもともと軽量で快適に操作できるメールクライアントですが,3.0ではさらに操作性が向上していると言えるでしょう。

アドレス帳の改善

アドレス帳も操作性が向上しました。新APIで再実装されたアドレス帳には,名前やメールアドレスによるソート,検索はもちろん,メールを送信した相手を自動的に登録するという機能が搭載されました。

さらにメールのフィルタリングと連携することが可能で,フィルタのルールに「アドレス帳にある/ない」という条件を指定することが可能になっています。この条件を使用することで「アドレス帳に登録してあるアドレスからのメールはSPAM判定しない」などといった使い方が可能になりました。

プラグイン機能

Sylpheedに後から機能を追加できる,プラグイン機能が搭載されました注1)⁠プラグイン機能を使用すればSylpheed本体のコードをいじることなく機能追加が行えるため,メイン開発者でなくても気軽に独自機能を追加することができます。また,プラグインは安全性を考慮し,Sylpheedが提供するライブラリAPIを通してのみ,Sylpheedの機能にアクセスできるようになっています。

プラグインの仕様はSylpheedのWikiに記載されています。サンプルプラグインのソースコードもありますので,腕に覚えのあるユーザの方は,これを参考に独自機能を実装してみるのも面白いかもしれません注2)⁠

注1
正確にはプラグイン機能そのものは,Sylpheed 2.7.0 から搭載されていました。
注2
ユーザが作成したプラグインをあつめてWebで公開するなども計画されているようです。

セットアップダイアログの刷新

Sylpheedも他のメールクライアントと同様,初回起動時に設定を行うためのセットアップダイアログが存在しますが,3.0ではこのダイアログがよりわかりやすく刷新されました。

GmailのPOP3/IMAP4設定にも対応しており,項目を選択してメールアドレスとパスワードを入力するだけで,SylpheedからGmailを使用することが可能になっています。本連載の第62回でGmailの設定例を紹介しましたが,3.0ではこのように自分でサーバ名やSSL設定などを入力する必要は一切ありません。従来のセットアップダイアログは初心者には解りづらい部分もありましたが,3.0では初心者でも十分扱えるものになっています。

著者プロフィール

水野源(みずのはじめ)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。理想のフリーデスクトップ環境を求めて東へ西へ……のはずが,気がついたら北の大地で就職していたインフラ寄りのエンジニア。株式会社インフィニットループ所属。

コメント

  • パスワードが打てない

    初めてコメントさせていただきます。
     ubuntu10.04をインストールして使っています。
     起動終了が早いのですごく楽です。
    さて本題ですが、ubuntuに詳しい人のホーム ページをいろいろ見て廻るのですが、
     端末で sudo apt-get install......とコマンドを打つといろんなアプリをインストール出来るようですが、私は、ubuntu7.0の頃から
     使っていますが上記のsudoコマンドを端末上で入力すると、パスワードの入力を求められるのですが、パスワードを入力しても端末に拒否され入力できないのです。
    どのホームページを見ても、この様にコマンドを打てばこんなに、なりますと教えて頂けるのですが、どんなにしても、端末に拒否されます。
    もし、解決策があれば教えて頂けないでしょうか。
    よろしくお願いします。

    Commented : #1  mituo ohno (2010/05/06, 23:19)

コメントの記入