Ubuntu Weekly Recipe

第134回 Ubuntuでも電子書籍(EPUB)を作ってみる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

今回も夏休み特別企画を期待していた方,期待を裏切ってしまってすみません。今回は平常営業で,Ubuntuで電子書籍(EPUB)を作ってみます。⁠伝説』になってしまった回※1の次は正直やりにくいですが,お付き合いいただければ幸いです。

※1
前回の著者の小林さんとはもう長い付き合いで,腰やら肩やらいろんなところを痛い痛いと言ってたのは知ってますし,前回のもタイトルだけは事前に知ってました。切実な問題を知恵と費用と家族の目の犠牲で解決する,素敵な回でしたね。小林さんの人となりを知る私は,ちょっぴり笑ってしまったのはここだけの秘密です……。

今話題の電子書籍

iPadの発売前から電子書籍が話題になることが多くなり,最近だとどこの企業とどこの企業が提携したとか,そんなことが話題にならない日の方が少ないぐらいです。本サイトを運営している技術評論社もご多分にもれず,『電子書籍を考える出版社の会』を設立~これからの電子出版や電子書籍・雑誌に取り組むための団体というニュースが流れていました。

あくまで筆者の個人的な感覚ですが,技術書と電子書籍は相性がいいので,電子書籍が充実すればいいなと思っています。

電子書籍の定義は難しい

そもそも「電子書籍」という言葉の定義はとても曖昧で,紙ではないデジタルの媒体で読める書籍ぐらいのざっくりとした意味で使われています。形式(ファイルフォーマット)もさまざまで,この定義に従うと真っ先に思いつくのはPDFで,電子書籍向けのフォーマットととして有名かつよく使われるのはシャープのXMDFです。電子書籍端末として有名なAmazonのKindleはAZWですし,AppleのiPadはEPUBです。ようやくEPUBにたどり着きました。EPUBはオープンなフォーマットで,誰でも作成可能です。

EPUBとは

EPUBとは,誤解を恐れずにいえば書籍に必要な著者などの情報とXHTMLをZIPで圧縮したファイルです。XHTMLというWebブラウザでレンダリングできる形式を採用しているので,Gecko(Firefoxのレンダリングエンジン)やWebkit(SafariやGoogle Chromeのレンダリングエンジン)を使用したビューワもあり,作成も表示もオープンなものでできるのが特徴と言えるでしょう。

EPUBは手書きも可能ですが,今回はSigilというエディタを使用します。SigilはQtで記述されており,オープンソースでマルチプラットフォームですが,筆者が試した限りだと64bit版Windows 7で動作させた場合フリーズ連発で実用的ではありませんでした。Ubuntuでは全く問題ありません。また,WYSIWYGなのでXHTMLやEPUBそのもの知識がなくても作成可能ですが,機能は非常にシンプルというほかなく,CSSの編集機能もないため,あまり見栄えのするものは作成できません。そのような場合はほかのツールと組み合わせればいいのですが,今回は扱いません。

Sigilのインストール

Sigilのパッケージにはオフィシャルのリポジトリからはインストールできないので,筆者のPPAからインストールします。次のコマンドを入力してください。なお,Ubuntu 10.04 LTS用です。

$ sudo add-apt-repository ppa:ikuya-fruitsbasket/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install sigil ibus-qt4

ibus-qt4は,インストールしてある場合は特に必要ありません。Sigilと同時にインストールした場合は,Sigil起動前に一度ログアウトして再ログインしないと,ibus-qt4が有効にならないので注意してください。

EPUBの作成

起動

Sigilにはアプリケーションメニューのアイコンは含まれていませんが,PPAのパッケージには筆者手製のものを入れておいたので,[アプリケーション]-[プログラミング]-[Sigil]から起動できます。

図1 Sigilを起動した

図1 Sigilを起動した

タイトルや作者の設定

[Tools]-[Meta Editor]を起動して,本のタイトルと作者名と言語を設定してください。言語はもちろん[Japanese]です。[More]をクリックするとより多くのプロパティを設定できます。

図2 Meta Editorでタイトルなどを設定する

図2 Meta Editorでタイトルなどを設定する

表紙

1ページ目は表紙にしておくのがいいでしょう。EPUBの特性を考えるとSVGで作成するのがいいのですが,動作確認した環境だと正しく表示できなかったため,PNGで作成するのが無難です。あるいは,文字だけでもいいかもしれません。今回はOpenOffice.org Drawで作成したものをPNGでエクスポートして使用しました。

鳥の画像はOpenClipArtからいただいてきました。この画像はSVGですが,OpenOffice.org Drawでも意外ときちんと扱えます※2)⁠SVGのエクスポートも特に問題なく,Firefoxで直接表示すると,特に問題なく表示できました。

画像の挿入はアイコン1列目の右端をクリックします。ついでに2列目のアイコンの真ん中ぐらいにセンタリング(center)ボタンがあるので,これをクリックして画像が真ん中に表示されるようにしましょう。

図3 画像を貼りつけてセンタリングし,表紙を作成した。

図3 画像を貼りつけてセンタリングし,表紙を作成した。

※2
いつの間にかOpenOffice.orgでもSVGがきちんと扱えるようになりました。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

  • さらに追記

    Lucifox ですが、やはりケアレスミスによるバグだそうです。修正中とのことです。
    http://lucidor.heliohost.org/forum/index.php?id=31

    Commented : #3  mitsugu oyama (2010/09/06, 07:33)

  • 追記

     Lucifox ですがローカライズがうまくいってないようで、XUL要素のパースでエラーが発生しているようです。作者さんに連絡がとれるかどうか調べてみます。

    Commented : #2  mitsugu oyama (2010/09/05, 16:06)

  • 補足

    1. Lucidor は XULRunner アプリケーションです。JavaScript と CSS、XUL がわかれば、いろいろカスタマイズ可能です。ただしライセンスに関する記述が見当たらないので Fork 版を公開、というわけにはいかないようです。

    2. Firefox 拡張版の Lucifox もあるようです。xpi ファイルの中身を見た限りでは日本語にも対応しているようですが、未確認です。また AMO にもページがありますが、現時点では、作者の方は AMO での正規公開(?)はされないようです。つまりAMOにファイルをアップロードして、AMOレビューワに公開申請をするつもりはないようです。

    Lucifox の AMO の URL
      https://addons.mozilla.org/firefox/addon/48906/

    Commented : #1  mitsugu oyama (2010/09/05, 15:45)

コメントの記入