Ubuntu Weekly Recipe

第176回 Rosegardenで作曲する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

今回は,Rosegardenを使って作曲する方法を紹介します。Rosegardenは本連載の第169回第170回で扱ったArdourと同じDAWソフトウェアですが,MIDIシーケンス機能に焦点をあてて開発されている点が異なります。

なお,今回の内容を執筆するにあたって作ってみた曲をニコニコ動画にアップロードしておきました。

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm14745401

MIDIシーケンス機能とは

MIDIシーケンス機能とは,演奏情報であるMIDI信号の記録と再生を行う機能のことです。この機能を備えたソフトウェアは,MIDIシーケンサーと呼ばれます。いわゆる「打ち込み」というのは,MIDIシーケンサーでさまざまなMIDI信号を記録・再生し,MIDI音源を鳴らして音声データ を作成することを指します。

Rosegardenとは

RosegardenはLinuxで動作するMIDIシーケンサーです。開発プロジェクトは1993年にスタートし,GPLライセンスでリリースされています。⁠バラ園」の名の通り各リリースにはバラの名前が付けられ,その名に見合った美しい操作画面を持っています。

図1 起動時のスプラッシュスクリーン

図1 起動時のスプラッシュスクリーン

Rosegardenは本連載の第150回で紹介したwww.alsa-project.org/~frank/alsa-sequencer/">ALSAシーケンサー機能を用いてMIDIの入出力を行います。そのため,ALSAシーケンサー機能にMIDI入出力ポートを開くソフトウェア/ハードウェアMIDI音源であればどんなものでも使うことができます。

単体ではMIDI信号の記録と送信を行いますが,JACKサウンドサーバを併用することで音声の入出力も可能となります。この際,Linuxのプラグイン規格であるLADSPA/LV2/DSSIのホストプログラムにもなるため,プラグイン音源やプラグインエフェクトを利用することが可能となります。

また設定することで,本連載の第170回でご紹介したMTC(MIDI Time Code)による同期やMMC(MIDI Machine Control)による連携も可能で,それぞれのマスター/スレーブとしての役割を持つことができます。もちろんJACKトランスポートによる演奏同期もサポートしています。

インストールと起動

Rosegardenを使うには,パッケージ「rosegarden」をインストールします。その際,依存関係でいくつもパッケージがインストールされます。起動するには,メインメニューから項目「サウンドとビデオ」とたどっていき,項目「Rosegarden」をクリックします。

今回はサウンドプラグインを利用するためにJACKサウンドサーバーと併用していきます。あらかじめJACKサウンドサーバを起動しておいてから,Rosegardenを起動してください。JACKサウンドサーバについては,本連載の第161回注1を参照してください。

注1
この回ではJACKサウンドサーバーをFirewire接続のサウンドデバイスを利用するために用いていますが,もちろん一般的なサウンドデバイスでも利用可能です。

発音の編集

Rosegardenを起動すると横長のレイヤーがたくさん目にはいりますが,これをトラックと呼びます。トラックにセグメントを配置し,そのセグメントに対して発音(ノート)を記述することで演奏情報を作成します。まず,キーボードでF3を押して描画ツールとしてください。トラック上をクリックすると,セグメントが配置されます。

図2 トラックとセグメントの実例。Rosegardenには豊富なサンプルデータが含まれており,初心者は参照することで使い方を学習することもできる

図2 トラックとセグメント。Rosegardenには豊富なサンプルデータが含まれており,初心者は参照することで使い方を学習することもできる

セグメント上で右クリックし,メニューを表示してください。ノートを編集するためのエディターを4種類の中から選ぶことが出来ます。

図3 マトリクスエディターはノートの継続時間(デュレーション)を直接描いていく

図3 マトリクスエディターはノートの継続時間(デュレーション)を直接描いていく

図4 譜面エディターは音符を描いていく。そのまま印刷することも可能

図4 譜面エディターは音符を描いていく。そのまま印刷することも可能

図5 パーカッションエディターはドラム音源を扱うのに利用する

図5 パーカッションエディターはドラム音源を扱うのに利用する

図6 イベントリストは生のMIDI信号を表示/編集する

図6 イベントリストは生のMIDI信号を表示/編集する

イベントリスト以外のエディターでは,メニュー「表示」から項目「ルーラー」とたどり,ベロシティやコントロールを表示/編集することができます。ルーラーに対して行う操作は,メニュー「ツール」から選択します。ベロシティは発音(ノート)の強さを表すもので,どのノートも同じベロシティだと平坦な曲調になります。コントローラーはまた後ほど説明します。

ひととおり入力を終えたら,エディターの上部にあるトランスポート操作部分で再生をクリックし,演奏を開始します。

図7 キーボードの「コントロール」キーと「T」キーを同時押しして表示できる「Rosegardenトランスポート」も便利

図7 キーボードの「コントロール」キーと「T」キーを同時押しして表示できる「Rosegardenトランスポート」も便利

しかし,演奏を開始しても音が出なかったと思います。これは,トラックはそれ単体ではMIDI信号しか発生しないからです。トラックの発生するMIDI信号を受け取り,音声に変換する機能を設定する必要があります。この機能を担うのがMIDI音源ということになります。

Rosegardenではハードウェア/ソフトウェアMIDI音源の他に,DSSIのプラグイン音源を利用することができます。前者の利用はやや込み入った設定が必須ですので,先に,比較的簡単に設定可能なDSSIプラグイン音源を利用してみます。

著者プロフィール

坂本貴史(さかもとたかし)

Ubuntuのマルチメディア編集環境であるUbuntu Studioのユーザ。主にUbuntu日本コミュニティとUbuntu Studioコミュニティで活動。いつかユーザ同士で合作するのが夢。

コメント

コメントの記入