Ubuntu Weekly Recipe

第205回 LibreOfficeのPDFエクスポート機能を活用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

この連載も5年目に突入しました。ひとえに皆様のご支持のおかげです。本年も役に立つこと,どう役に立てるのかさっぱりわからないけど面白いことをお届けできればと思っています。

UbuntuとLibreOfficeの1年間

実は昨年の最初(2011年1月5日)の記事第153回 LibreOfficeを使用するも,筆者(いくや)の担当でした。今読み返しても1年前のものとは思えず,もっと遠い昔のような気がしています。そのぐらい当時と今ではLibreOfficeをめぐる状況は全く違います注1)⁠

例えば,昨年の記事ではCanonicalがLibreOfficeを担当する社員を探していると言及しましたが,Bjorn Michaelsenさん2月にOracleからCanonicalに転職しました(このブログの日付は21日ですが,実際にはもっと早い日です)⁠この数カ月後には,本年の新春特別企画記事として寄稿したLibreOffice/Apache OpenOffice ~2011年の総括と新たな選択~注2で言及した,Oracle内でOpenOffice.orgを担当していた社員の解雇(といわれている)があり,すごいタイミングだったと思います。ついでに,Takaoフォントが表示できない不具合も,程なくして修正されました。

Ubuntu 11.04以降では,Global Menuを除いておおむね問題なくLibreOfficeが使えているといえるでしょう。

注1
ちなみに,第153回で言及したXubuntuにLibreOfficeをインストールしてテストするというのは今でも使える手ですし,筆者はそのようにして動作を確認しています。
注2
LibreOffice/Apache OpenOffice ~2011年の総括と新たな選択~では,昨年のLibreOffice/OpenOffice.orgの動向をまとめていますので、ぜひご一読いただければと思います。

LibreOfficeの翻訳

筆者にとってLibreOfficeはUbuntuの重要な1コンポーネントであり,これが日本語訳されないのは辛いという動機で,LibreOfficeの翻訳に参加しています。同時に,現在の翻訳を全面的に見直し,わかりにくいところは修正するということも行なっています注3)⁠

LibreOfficeの前身であるOpenOffice.orgは,PDFエクスポート機能が一つのウリでした。現在はMicrosoft Office 2007 SP2以降やKINGSOFT Office 2010などのオフィススイートでもPDFエクスポート機能が付いているため,必ずしも優位性があるとはいえないと思われるかもしれませんが、実は全くそんなことはありません。LibreOfficeのPDFエクスポート機能は非常に強力かつ多機能で,今でも優位性があります。しかし翻訳が必ずしもいいとはいえない状態であり,どういう機能なのかさっぱりわからず使えなかった,あるいは使いようがなかったのではないかと思います。2月にリリース予定のLibreOffice 3.5.0注4では抜本的な見直しを行いました。

この見直しのために,PDFエクスポートをいろいろと試してみましたので,今回はそのうちいくつか興味深い機能を紹介します。前述のとおり3.5.0以降では大幅に翻訳が変更されるため,それも併記します。

注3
メニューをぱっと見て意味がわからない機能は使われませんし,メニューの文言から推測する機能と実際の機能が違っていたら使いにくいと感じるはずです。ただし,このことはあくまで筆者がそう思っているだけで,実際に使いやすくなっているとは限りませんが。
注4
開発版だと3.5.0 Beta3から,この見直しに対応しています。

PDFインポート拡張

Ubuntu 11.10に搭載されているLibreOffice 3.4.4にはPDFインポート拡張がインストールされていないため注5)⁠Ubuntuソフトウェアセンターなどからインストールしてください。パッケージ名は⁠libreoffice-pdfimport⁠です(“LibreOffice⁠で検索すれば出てきます)⁠

図1 UbuntuソフトウェアセンターからPDFインポート拡張をインストール

図1 UbuntuソフトウェアセンターからPDFインポート拡張をインストール

注5
Windows版やMac版も含めたリリース版では,あらかじめインストールされています。

PDFフォームの作成

まずは[一般]タブ(3.5.0では[全般]タブ)から,PDF作成における興味深い設定をみていきましょう。

LibreOfficeではフォームを作成することができます。その作成したフォームをPDFのフォームでエクスポートするのがこの機能です。フォームは[表示]-[ツールバー]-[フォームコントロール]でツールバーを表示して作成します。今回はDrawで作成しました。[デザインモード]をオンにし,テキストボックスを作成します。デフォルトのままではテキストボックスに1行しか入力できないため,複数行のテキストを入力するためにテキストボックスを右クリックし,[コントロール]をクリックします。そして[テキストタイプ]を[フォーマット付きの複数行]に変更します。

今回はこれだけの簡単なフォーム作成に留めます。これを[PDFフォームの作成]にチェックを入れてPDFにエクスポートすれば,フォーム付きのPDFが作成できます。

PDFビューアーで表示すると,テキストボックスにテキストを入力することができます。しかしながら,Adobe Readerの場合は入力できても保存する機能はありません。Ubuntuのドキュメント・ビューアーであるEvinceでは,普通に[別名で保存]で入力した内容も含めて保存できました。WindowsではFoxit Readerでできそうでしたが,確認はしていません。

図2 フォーム作成の様子

図2 フォーム作成の様子

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入