Ubuntu Weekly Recipe

第219回 Ubuntu 12.04とGNOME 3.4

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

今回は,Ubuntu 12.04におけるGNOMEについてのレシピです。

12.04のGNOMEのバージョンは?

Blueprintの事前の発表のとおり,Ubuntu 12.04のGNOMEは3.2と3.4が混在しています。アプリケーションは可能な限り3.4にバージョンアップしています。また,先のBlueprintではNautilusのバージョンは3.2のままにするとなっていますが,実際には3.4になっています。このようなことも結構あるため,Blueprintに記載されているよりはGNOME 3.4になっている印象です。

しかしながら,⁠記載されているとおり)Evolutionは3.2.3ですし,Totemは3.0.1で3.2ですらありません※1)⁠Blueprintに理由が記載されているとおり,Totem 3.2以降ではビデオ再生にClutter※2を使用していますが,UbuntuではClutterはデフォルトで使われていないためです。よって,3.0を使い続けています。なお,GNOME 3.4.1がリリースされることにより3.4.0から3.4.1にバージョンアップしているパッケージも数多く存在します。

※1
ただし,gnome-nettoolやgcalctoolのようにバージョンがGNOMEのバージョンと揃っていないものもあります。
※2
GNOME 3.0以降で採用されているグラフィカルツールキットです。

GNOME 3.4の環境を作る方法

GNOME 3 TeamのPPAを追加すると,多くのパッケージが3.4にバージョンアップします。次のコマンドを実行してください。

$ sudo add-apt-repository ppa:gnome3-team/gnome3
$ sudo apt-get update; sudo apt-get dist-upgrade

Totemも3.4にバージョンアップしますが,少なくともgnome-bluetoothとgconf2は3.2のままです。よって,現状のUbuntuで完全にGNOME 3.4にする方法はないということになりますが,今後このPPAに追加されてアップグレードできるようになる可能性はあるのではないかと思います。さらに,現状3.4から加わったBoxesのパッケージも提供されていません。これも今後に期待しましょう。

GNOME 3.4のデフォルトに近い※3パッケージ構成にしたい場合は,次のコマンドを実行します※4)⁠

$ sudo apt-get install gnome-core gnome-games cheese evolution gnome-documents gnome-packagekit gnome-video-effects hamster-applet gnome-sushi vinagre gnome-doc-utils tomboy

デフォルトのディスプレイマネージャを選択するダイアログが表示されますので,どちらかお好きな方を選択してください※5)⁠

図1 12.04のGNOMEをできる限りデフォルトの見た目に変更してみた

図1 12.04のGNOMEをできる限りデフォルトの見た目に変更してみた

※3
ここで使用しているデフォルトのGNOME 3.4は,翻訳の対象となっているもののうち,⁠GNOMEデスクトップ」に分類されているものを指しています。
※4
gconf-editorやlibpearsなど,意図的にインストールしていないものもあります。
※5
ちなみに筆者はデフォルトのlightdmのままにしました。

GNOME 3.4とGNOME Shellの拡張機能

GNOME Shellとgnome-tweak-tool(高度な設定)のインストールは次のコマンドで行います。

$ sudo apt-get install gnome-shell gnome-tweak-tool

GNOME ShellはUnityのようにバージョンアップごとに操作が大きく変わることは(今のところ)ないのですが,3.4からgnome-shell-extensionsパッケージが提供されなくなりました。よって,第197回第203回を参考にしてgnome-shell-extensions関連パッケージをインストールしており,12.04にアップグレードする場合は,事前にこれらのパッケージをアンインストールしておくことをお勧めします。ほぼ同じ拡張機能がGNOME Shell Extensionsで配布されているため,アップグレード完了後にインストールしてください。同様に,gnome-shell-classic-systrayもアンインストールしておくことをお勧めします。これは3.4のGNOME Shellでは動作しません。

第203回で紹介した筆者オススメの拡張機能は次のようになりました。

gnome-shell-extensions-user-theme

gnome-shell-extensions-user-themeは,残念ながらgnome-tweak-toolが起動しなくなるという不具合があって正しく動作しません。この拡張機能をインストールしたあと,次のコマンドを実行するとgnome-tweak-toolが起動するようになります。Ambiance Blue Theme Suiteもインストールできましたが,オーバービューモードで不具合があったため,現段階ではお勧めしません。

$ cd ~/.local/share/gnome-shell/extensions/user-theme@gnome-shell-extensions.gcampax.github.com/schemas/
$ sudo cp org.gnome.shell.extensions.user-theme.gschema.xml /usr/share/glib-2.0/schemas/
$ sudo glib-compile-schemas /usr/share/glib-2.0/schemas/

このあとはgnome-tweak-tool(高度な設定)でテーマを設定してください。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入