Ubuntu Weekly Recipe

第258回 GNOME 3.6用の拡張機能12選(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

254回では「GNOME 3.6用の拡張機能12選」の前編をお届けしました。今回はその後編です。

GNOME Shellのインストールから

前編ではGNOME Shellのインストール方法を省略しましたが,Ubuntu 13.04でも同じであることがほぼ明らかなため,あらためてインストール方法を紹介します。

ポイントは1つだけで,GNOME Shellを使う場合はデスクトップマネージャーをLightDMからGDMに変更します。これをしないと,セッションのロックができません。

まずはUbuntu 12.10の環境を用意し,⁠gnome-shell]⁠gdm]⁠gnome-tweak-tool]をインストールします。Ubuntuソフトウェアセンターでインストールするとデスクトップマネージャーを選択できないため,この場合は端末を起動して次のコマンドを実行します。

$ sudo update-alternatives --config gdm

上矢印キーで[gdm]を選択し,タブキーを押して[了解]に移動し,エンターキーを押せば設定完了です。

図1 GDMの選択

図1 GDMの選択

あとは再起動すればGDMが起動するので,ユーザーを選択してエンターキーを押し,⁠セッション...][GNOME]を選択し,パスワードを入力してログインしてください。

図2 忘れずに[セッション][GNOME]にする

図2 忘れずに[セッション]を[GNOME]にする

前編でも言及したとおりIBusのアイコンが表示されません。そこで[キーボード・インプットメソッド]を起動して[言語パネルの表示][アクティブであるとき]にし,ツールバーを表示してください。これは13.04でも同じ対処が必要になる見込みです。

拡張機能のインストール

拡張機能のインストールは,FirefoxまたはWeb(Epiphany)⁠Chromiumでextensions.gnome.orgの個別配布ページを表示し,タイトルの左隣にある[OFF]になっているスイッチをスライドして[ON]にします。するとダウンロードするかを質問されるので"インストール"をクリックするとダウンロードとインストールが行われます。

通常はインストール後すぐに使用できます。もしすぐに使用できない場合は,Alt+F2キーを押して表示される小さなダイアログ上で,⁠r]と一文字だけ入力してエンターキーを押してください。するとGNOME Shellが再起動します。

拡張機能の管理

拡張機能の管理は,有効/無効・アンインストール・⁠対応している場合)設定変更・アップデートの4つの機能があります。この内すべてに対応しているのはextensions.gnome.orgのInstalled Extensionsのみです。⁠gnome-tweak-tool]システムツール]⁠-⁠Tweak Tool]⁠にも[GNOME Shell拡張機能]という項目がありますが,ここで設定できるのは有効/無効と設定変更のみです。

よって,⁠Installed Extensions]を使用するのが望ましいところですが,いつもオンラインとは限らないため,Tweak Toolでも設定できることを覚えておくといいでしょう。

お勧めの拡張機能(後編)

それでは,ここからが拡張機能紹介の後編です。

なお,拡張機能はインストールする時期によって動いたり動かなかったりすることがよくあります。あらかじめお断りしておきます※1)⁠

※1
今回も紹介する予定だったのにいざ検証してみると動作せず、差し替えたものがいくつかあります。

Drop Down Terminal

Drop Down Terminalは,その名のとおり端末が上から降りてきます。

デフォルトではTabキーの上,すなわち日本語キーボードでは半角/全角キーに割り当てられているため,この拡張機能を有効にするとIBusが起動しなくなるという冗談みたいな状況になります。設定画面を表示し,⁠Activation shortcut][Other][F1]など,使いそうもないキーに割り当てるのがいいのではないでしょうか。キー一発で端末を表示したいという用途に便利です。

図3 キーの割り当てを変更する

図3 キーの割り当てを変更する

Toggle Terminal

端末関連の拡張機能の2つ目はToggle Terminalです。この拡張機能を有効にし,⁠Super]+[T]キーを押すとGNOME端末が起動します。トグルなので,もう一度押すと消えます。Drop Down Terminalで起動するのはGNOME端末ではないので,どうしてもGNOME端末がいいという場合にはこちらが便利でしょう。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入