Ubuntu Weekly Recipe

第324回 懐かしのネットブックにXubuntu 14.04 LTSをインストールする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

今回はEeePC 901にXubuntu 14.04 LTSをインストールし,活用する方法を紹介します。

Windows XPプリインストールのネットブックにXubuntuを

あのネットブックブームから5年ほど経ち,プリインストールのWindows XPもサポート期限が切れました注1)。本連載でも筆者が第54回第59回で取り上げたことがあります。残念ながら前者のmini9は故障してしまいましたが,EeePC 901は未だに健在です。健在というか,特別にこの記事はそのEeePC 901で執筆しています。

さすがに今となっては非力で,スマートフォンのほうが高速なCPU(正確にはSoC)を搭載していますが,せっかく完動品にも関わらず押し入れで眠っているというのももったいないので,サポート期限が切れたWindows XPを削除してUbuntuをインストールしてみるのも良いのではないでしょうか。ただし,筆者が確認したところでもUbuntu 12.04ですら重くてストレスが溜まるような状態だったので,Xubuntuをインストールするのが良いでしょう。

XubuntuはUbuntuと比較してサクサクと動作し,またコツさえわかればさして操作を覚える必要はありません。14.04はLTSであり,3年間サポートが継続します注2)。

とは言え,EeePC 901は最初からSSDが搭載されており注3),確かに現在のSSDと比較すると遅いものの,それでもレスポンスは比較的良く,またメモリーも記憶にないのですが2Gバイトに差し替えていました。そのためHDDでメモリー1Gバイトしか搭載していないネットブックでは遅く感じるかもしれません。ただし,メモリーは割と使い込んでいても使用量が1Gバイトを超えることはなかったので,Webブラウザーでタブをたくさん開くとかをしなければ1Gバイトでも実用的な速度で動作することでしょう。

なんといっても,筆者はこのEeePC 901に愛着を感じています。確かにメインで使用することはありませんでしたが,新しくリリースされたUbuntuをインストールしてみたり,またWindows 7をインストールして実用的な速度で動作するのかのテストを行っていたりしました。EeePC 901と似たようなスペックのPCが発売されなかったのも愛着を感じる1つの要因ではあります。それだけ尖っているにも関わらず安定した動作が行えているところがこのEeePC 901の,そしてネットブックのブームに結びついたのではないかと,今になって思います。

注1)
Windows 7 Starter Editionプリインストールのネットブックもありましたが。
注2)
さすがにその間には壊れてしまうのではないでしょうか。
注3)
しかも32Gバイトモデルに換装していました。

インストール

USBメモリーにインストールイメージを転送し注4),EeePC 901のBIOSの設定を変更してそのUSBメモリーから起動できるようにしてください。有線LANがある場合は良いのですが,無線LANしかない場合は一度デスクトップを起動し図1),無線LANの設定を行ってください注5)。[Xubuntu 14.04 LTSのインストール]をダブルクリックし,あとはUbuntuのインストールと同様です。今回はインストールしてあったUbuntu 12.04とWindows 7を削除し,Xubuntu 14.04のシングルブートとしました図2)。また,インストール中はUbuntuと違ってXubuntuの簡単な使い方を解説したスライドショーが表示されるので,ぜひとも読んでおいてください図3)。

図1 インストーラー起動アイコンがあるので,かろうじてライブイメージから起動していることがわかります

図1 インストーラー起動アイコンがあるので,かろうじてライブイメージから起動していることがわかります

図3 解説のスライドショーです。筆者も一部翻訳を行っています

図3 解説のスライドショーです。筆者も一部翻訳を行っています

注4)
ちなみにUbuntu的には,Windowsでやる場合はUniversal USB Installerを推奨しているようです。
注5)
原則としてはこのとおりなのですが,14.04では無線LANが認識されているにも関わらず接続していない場合はインストール中に接続することもできます。

初期設定

インプットメソッド

リリースノートにもあるとおり,リリース直前にIBusが削除されてしまいました。パッケージを一つ一つインストールしても良いのですが,メタパッケージを用意したのでそちらからインストールするのが簡単です。次のコマンドを実行してください。

$ sudo add-apt-repository ppa:japanese-testers/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install xubuntu-desktop-ja

一度ログアウトして再ログインすると,Fcitxが起動しています。IBusを使用したい場合は,[システム]にあるMozcセットアップヘルパーを実行してください図4)。解像度が小さいので,IBusのほうが良いかもしれません。IBusに切り替えてもFcitxが起動してくる場合は,設定マネージャーを起動して[セッションと起動][自動開始アプリケーション]タブの[Fcitx(入力メソッドを開始)]のチェックを外します図5)。

図4 Mozcセットアップヘルパーの最初のダイアログはこんな感じです

図4 Mozcセットアップヘルパーの最初のダイアログはこんな感じです

図5 [Fcitx(入力メソッドを開始)]のチェックを外してください

図5 [Fcitx(入力メソッドを開始)]のチェックを外してください

時計の表示変更

ログイン直後は時間の書式がおかしいです図6)。これは時計を右クリックし,[プロパティ]の一番下を[%b %d日 %H:%M]にしてください図7)。

図6 右上の時計の表記が明らかにおかしいです

図6 右上の時計の表記が明らかにおかしいです

図7 このように書き換えれば普通に表示されるようになります。後に出てくる図10は修正後です

図7 このように書き換えれば普通に表示されるようになります。後に出てくる図10は修正後です

最近使ったものをデフォルトで表示

Xubuntu 14.04からWhisker Menuというメニューがデフォルトで採用されました。以前のバージョンのWindowsに似ていて,とっつきやすいのではないでしょうか。Whisker「ほおひげ」という意味であり,なんとも珍妙な名前ですが,スペルをよくよく見るとWhistlerに似ています。Whistlerは言うまでもなくWindows XPのコードネームであり,何らかのつながりがありそうです。

それはさておき,このWhisker Menuの左側は,デフォルトでは[お気に入り]アプリケーションが表示されます。しかし,設定を変更すると[最近使ったもの]を表示することができます。EeePC 901に限らず低スペックのPCはある程度用途を限定して使用せざるを得ないため,必然的に使用するアプリケーションも絞りこまれます。であれば[最近使ったもの]をデフォルトで表示するほうが都合が良いでしょう。

Whisker Menuアイコンを右クリックし,[プロパティ]をクリックします。[振る舞い]タブの[デフォルトで最近使ったものを表示する]にチェックを入れると設定を変更することができます図8)。

図8 [デフォルトで最近使ったものを表示する]にチェックを入れてください

図8 [デフォルトで最近使ったものを表示する]にチェックを入れてください

パネルを下に

デフォルトだとパネルが上に表示されていますが,これを下に移動するとよりWindowsっぽくなります。上でも下でもどちらでも良いのですが,特別な理由で下に移動したいという場合はパネルを右クリックして[パネル][パネルの設定]を起動します。[表示]タブに[パネルをロックする]があるのでこれのチェックを外します図9)。左隅にスペースができるので図10ここを掴んで下にドラッグするとパネルを下に移動することができます。移動したら,再び[パネルをロックする]にチェックを入れるのが良いでしょう。

図9 一時的に[パネルをロックする]のチェックを外します

図9 一時的に[パネルをロックする]のチェックを外します

図10 チェックを外すと左上にスペースができるので,ここを掴みます

図10 チェックを外すと左上にスペースができるので,ここを掴みます

Caps LockキーをCtrlキーに

Caps LockキーをCtrlキーにする方法はいくつかありますが,筆者としては次の方法がオススメです。設定マネージャーを起動して[セッションと起動][自動開始アプリケーション]タブを開きます。一番下の[追加]をクリックし,[名前][Caps LockをCtrlに]など適当に付け,[コマンド][setxkbmap -option ctrl:nocaps]にして[OK]をクリックします図11)。これで次回ログイン時からCaps LockキーをCtrlキーにすることができます。そのセッションでも有効にしたい場合は端末(Terminal)を起動してコマンドを実行してください。

図11 [自動開始アプリケーション][setxkbmap -option ctrl:nocaps]を実行します

図11 [自動開始アプリケーション]で[setxkbmap -option ctrl:nocaps]を実行します

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。

コメント

  • 参考にさせて頂きました

    Atom N270(1.6GHz)、メモリ1GBのネットブック上で若干の重さを感じる程度でストレスなく使えました。

    消費電力も低いのでDLNAサーバとして運用しています。

    ファンの音が少し煩いのでバラしてヒートシンク換装し、ファンレスミニサーバ化もおもしろいかな~などと久しぶりに工作意欲が湧いてきました^^

    Commented : #1  骨と皮 (2014/05/16, 18:35)

コメントの記入