Ubuntu Weekly Recipe

第324回 懐かしのネットブックにXubuntu 14.04 LTSをインストールする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

ホットキー

ホットキーはFn+F1~F9まで割り当てられていますが,F1とF6は動作しません。Fn+F1キーはサスペンドですが,これはもともと何も割り振られていないので動作しないのは当然です。電源ボタンを押すとサスペンドするか電源を落とすか,あるいは他のことをするのか質問されるので,これで代用するのが良いのではないでしょうか。Fn+F6はもともと何をする機能なのかよくわかりません。

またキーボードの上には4つのボタンがあり,やはりこれには何も割り振られていないのでとくに動作はしません。左から2番目のキー以外には何かを割り当てられそうでしたが,実験はしていません。

LibreOffice Writer

XubuntuにはAbiWordというワープロソフトが付属しています。軽量であり,これはこれで良いのですが,やはりLibreOffice Writerを使用したいところです。というわけで,次のコマンドを実行してインストールします。

$ sudo apt-get install libreoffice-writer libreoffice-gtk libreoffice-l10n-ja

もちろんサクサク動作とは行かず,引っ掛かりを感じるところは多々ありますが,解像度が小さなネットブックの場合には,実はWriterはそれほど悪い選択肢ではありません。⁠ツール][オプション][LibreOffice][表示]タブを開きます。アイコンが大きい場合は[アイコンのサイズとスタイル][小]にすれば良いですし,更に小さくしたい場合は[ユーザーインタフェース][90%]など小さくすれば,全体のスケールを変更することができます図12⁠。

図12 ⁠アイコンのサイズとスタイル][小]にするのがオススメです

図12 [アイコンのサイズとスタイル]を[小]にするのがオススメです

WebDAV

EeePC 901のSSDの容量はあまり大きくありません。このモデルで16Gバイト,交換用のSSDだと32Gバイトや64Gバイトもあって,前述のとおり32Gバイトに交換してはいるものの,それでも心もとないことに変わりありません。Dropboxのようなファイル同期のしくみを使用し,ローカルにコピーを持っておくのはわりとしんどいです。かといってWebブラウザーでファイルのやりとりをするのも面倒です。しかし,ownCloudを使用している場合はWebDAVインターフェースもあり,これを使用すれば容量不足問題は解決します。

運よくXubuntuにはGigolo注6というリモートのファイルをローカルにマウントできるアプリケーションが付属しており,まずはこれを起動してください。⁠編集][ブックマーク][追加]をクリックし,必要な情報を入力してください図13⁠。ここで登録しないと,接続するたびに情報を入力することになって面倒です。図13を参考に入力すれば良いのですが,ポイントは[サーバー]で,⁠サーバーのドメインまたはIPアドレス)/owncloud/remote.php/webdav]とします。登録されればあとは接続するだけです。接続するとファイルのダイアログのリストに表示されるのですが,LibreOfficeを使用する場合は独自のWebDAV設定が必要です図14⁠。その際,マスターパスワードというWebDAVのパスワードとはまた違うものが必要ですが図15⁠,これはパスフレーズみたいなもので忘れにくい簡単なパスワードでも運用上は問題ないでしょう。もちろん厳格なパスワードであるほうが良いに越したことはないのですが。

Gigoloに登録されたら,ブックマーク右横の▼ボタンを押してブックマークを表示し,接続するブックマーク名を選択してください図16⁠。接続されると下にフォルダーアイコンが表示されます図17⁠。

図13 まずブックマークに登録するのがコツです

図13 まずブックマークに登録するのがコツです

図14普通にファイルを開いてもこのダイアログが表示されます

図14 普通にファイルを開いてもこのダイアログが表示されます

図15 マスターパスワードのダイアログです

図15 マスターパスワードのダイアログです

図16 図13で設定したブックマーク名がここに表示されています

図16 図13で設定したブックマーク名がここに表示されています

図17 Gigoloでマウントした状態です

図17 Gigoloでマウントした状態です

注6)
正直もう少し良い名前はなかったのかなーと思いますが……。

注意点

リリースノートにも書かれていますが,ディスプレイを閉じるとサスペンドになるものの復帰できないというバグがあります。ワークアラウンドとしては,電源ボタンを押してサスペンドしてからディスプレイを閉じるというのがあります。

PAE非対応PC

EeePC 901は該当しませんが,12.10のカーネルからPAE(Physical Address Extension)非対応CPUを使用している場合はブートしなくなりました。しかし,14.04では起動時にforcepaeというオプションをつけると起動できるようになるというドキュメントが公開されています。筆者は残念ながら該当のPCを所有していないので実際に試していませんが,英語を読み解く必要はあるものの該当のPCをお持ちの方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。