Ubuntu Weekly Recipe

第400回 Ubuntuで「からあげ」をなんとかする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

当連載「Ubuntu Weekly Recipe」は,今回でちょうど400回となります。ここまで続いたのも,いつもアクセスしてくださる読者の皆さま,掲載を続けてくれる技術評論社様,これまでさまざまな記事を執筆してきた著者陣のおかげです。さて,400回ではありますが,何ら特別なことはない,いつもどおりの記事をお届けします。

なぜ「からあげ」なのか?

いつもなら第100回第200回第300回のように,キリのいい回には「特別企画」と題して特別な人による,ちょっと特別な連載を掲載していました。ただ今回はいろいろと立て込んでいて企画できなかったため,チーム内で誰も手を挙げなければ普通のRecipeでいいかなと考えていたのです。ところが先週の月曜夜,第399回の記事を提出した※1前回担当のいくやさんが,曇りのない期待した眼差し(via メール)「次はいよいよ400回ですね……!」(意訳:だからきっと普通じゃないネタ用意していますよね!)と仰るではないですか。

※1
本連載はだいたい月曜夜ぐらいに提出して,編集さんによるHTML化や手直しを経て,水曜に公開されます。いつもはだいたい提出時にはその次の週の担当が決まっているものですが,今回は皆忙しくて空いている状態でした。

それを受けて,急遽チーム内でネタが出されました。実際にいろいろ調べたり,動かしたりと検討がなされたのですが,いかんせん時間が足りないということで,特別企画としては断念することになった次第です。ボツになったネタは近いうちにきっと誰かが書いてくれることでしょう。

そこで特別企画はできないものの,多少はそれっぽくするために時事ネタでもと考えて最初に出てきた単語が「からあげ」です。

実はUbuntu Weekly Topicsの11月27日号でもお伝えしたように,グリー株式会社主催のもとUbuntu 15.10を記念したオフラインミーティングを12月12日に開催します(現在は参加者・発表者を募集中ですので,ふるってご参加ください)。このオフラインミーティングでは,ランチもかねて毎回ちょっとした軽食を提供しています。そのうち「からあげ」は参加者の数に増減に関係なく,回を重ねるごとにひたすら増量を繰り返しているのです。そんなイベントの「からあげ」事情を暴露したツイートが1000RTを超えるという,担当者の心に傷を残す出来事が発生しました。イベント案内のツイートはたかだか20RT程度だったのに。

心の傷はともかくとして,「からあげ」ネタは注目されることがわかったので,「からあげ」をタイトルに入れた何かを書いてみようと思ったのが今回Recipeです。

「からあげ」探しの舞台裏

タイトルは決まりましたが,内容がまったく決まっていません。よって無理やりにでもUbuntuにからあげを絡める方法を探す必要があります。Ubuntuとからあげといえば本連載でもおなじみのEmacsとお酒をこよなく愛する水野さんですが,水野さんそのものをRecipeの記事にすることはできません。……できませんよね?

とりあえずは定石通り,リポジトリからそれっぽいパッケージを探してみることにしましょう。なーに,寿司鉄火巻きちらし寿司があるのですから,からあげもいくつかあるはずです。

$ apt-cache search karaage
$ apt-cache search fried chicken
$ apt-cache search chicken
texlive-luatex - TeX Live: LuaTeX packages
swig - スクリプト言語向けに C/C++ のコードのインターフェースを生成
swig2.0 - スクリプト言語向けに C/C++ のコードのインターフェースを生成
chicken-bin - Practical and portable Scheme system - compiler
libchicken-dev - Practical and portable Scheme system - development
libchicken6 - Practical and portable Scheme system - runtime
gtk2-engines-magicchicken - GTK+ 2.x 用 Magic Chicken テーマ集
swig3.0 - Generate scripting interfaces to C/C++ code

そのものずばりというものはありませんね。一応Schemeの処理系であるChickenがあるので,これを揚げればからあげにはできそうです。しかし,処理系を揚げる方法をどうするか。

そこで,リポジトリにないのなら,Google先生に相談することにしましょう。

図1 からあげという名称のプロジェクトを発見。

画像

あっさりKaraageというプロジェクトが見つかりました。どうやらクラスター向けのアカウント管理を行うソフトウェアという位置づけのようです。実際はSlurmPBS/TORQUEといったスーパーコンピューターなどの大規模クラスターで使われているリソース管理ツール用のUIとして使うみたいです。Karaageそのものは,Pythonで書かれたDjangoプロジェクトでした。

今回はこれをUbuntuにインストールすることにしましょう※2)。

※2
ちなみにGoogle先生いわく,過去には「Fried Chicken Linux(FCL)というRed Hat Linux(RHELではなく)向けのソフトウェアリポジトリも存在したようです

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入