Ubuntu Weekly Recipe

第466回 新学生・新社会人向けのUbuntuサーバー講座2017

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

4月も中旬にさしかかりこの時期の風物詩である「新人さん」もそろそろ職場や学校に行きたくなくなる時期かと思います。そこで今回は,新しい職場や研究室によっては新人の最初の作業として発生するであろう「新人研修の一環として空いたマシンにサーバーとしてのLinuxディストリビューションをインストールする」というイベントをUbuntuによって無難にこなすことで,職場や学校での居場所を確保する術をお届けします。

Ubuntuサーバーとは

UbuntuとはDebianをベースにしたLinxuディストリビューションのひとつです※1)⁠あくまでコミュニティが主体となって開発していますが,Ubuntuの創始者であるマーク・シャトルワースが出資したCanonical社がサポート企業として開発者の多くを雇用しています。そして「Ubuntuサーバー」とは,そのUbuntuのインストール形式のひとつであり,インストールイメージでもあります。第463回ではデスクトップとしてUbuntuをインストールする際のあれやこれやを説明しましたが,基本的にUbuntuデスクトップとサーバーの2つは最初にインストールされるパッケージ構成以上の違いはありません。

※1
Debianは,歴史があり現在も活発に開発が行われ,サーバーとしても広く使われているLinuxディストリビューションです。DebianをベースにしたディストリビューションはUbuntu以外にもたくさん存在します。Debian自身もまもなくリリースされるであろう9.0(Stretch)の最終調整中なので,こちらを試してみるのも良いでしょう。

Ubuntuはデスクトップの分野で有名になったという印象が強いようですが,サーバー分野においても大きなシェアを占めています。先週のTopicsの記事でも言及されているように,むしろサーバーのほうが稼いでいます。たとえばウェブサイトのシグネチャからOSやツールのシェアを調べているw3techの場合,UbuntuはLinuxサーバーの中で一番多い3割強のシェアを占めていますし,Apacheに限定した調査を行っているsecurity spaceの結果でも3割弱とCentOSと拮抗しています※2)⁠他にもOpenStackが毎年行っているユーザーへのアンケートの調査結果(PDF)によると,1,000人以上のユーザーがいるクラウドシステムの実に6割近くがOpenStackのインストールベースとしてUbuntuを採用しているようです(P45のFigure 5.9やFigure 5.9.1参照)⁠

※2
この手の調査で無視できないのはOSを判別できなかった「Unknown」です。w3techの場合,調査対象のうち3割強がWindowsで,3割弱が「Unknown」なので,実質的にUbuntuである可能性が高いサーバーは全体の1割程度ということになります。ちなみにUnknownにWindowsは含まれないようなので,Unknownの分布が既知のものと同じであれば,Ubuntuは全体の2割程度ということになります。

Ubuntuサーバーを使うメリットとして考えられるものをあげてみましょう。

  • 定期的なリリース周期
  • 豊富なパッケージ資産とPPA
  • クラウドとコンテナへの対応
  • Canonicalによる有償サポート

Ubuntuを採用する最大のメリットは,定期的なリリース周期でしょう。第463回でも述べたように,Ubuntuは6ヶ月ごとの通常リリースと2年に1回の長期サポート版のリリースを10年近く継続しています。サーバー用途であれば,通常リリースを使う利点ははあまりないため,基本的に長期サポート版に利用になると思います。最初にUbuntuをインストールしたあとのリプレース・アップグレードは,最大で2年後の次の長期サポート版のリリース以降からインストールしたリリースのサポートが切れるであろう最大で5年後までの間のいずれかで対応すればいいことになります。またこれまでの実績からリリース周期が崩れる可能性は低く,必ず2年ごとの4月には新しいリリースが出るだろうと見込めます。よって事前のテストを含めたリプレース・アップグレードの計画も立てやすいはずです※3)⁠

※3
サーバーマシンのリースが5年の場合,サポート期間が5年は心もとないかもしれません。その場合は有償ではあるもののUbuntu Weekly Topicsの2017年3月17日号に言及がある「延長サポート」が使えるようになるかもしれません。ただし今のところはUbuntu 12.04 LTSのみが対象であること,今後の継続性があるかどうかはまだまだ不安であることから,あくまで「そういうものもある」程度の位置づけでしかないでしょう。真面目に5年以上のサポートを考えるなら,RedHat Enteprise LinuxやSUSE Linux Enterpriseのようなよりサポート期間の長いディストリビューションを選ぶべきです。

もうひとつのメリットはパッケージ資産です。正確にはDebian由来の強力なパッケージ管理システムが使えることです。Debianではパッケージの品質を高めるためさまざまな仕組みを導入しています。そのおかげでUbuntuでも,パッケージ管理由来の問題はそこまで起きないようになっています。また,パッケージの作成方法についてもドキュメントも充実しているため,PPAを利用したソフトウェアの公開も盛んです。公式のパッケージリポジトリに比べると品質にばらつきはあるものの,パッケージ管理システムを利用したソフトウェアのインストール・更新は何にもまさる魅力になることでしょう。

クラウドとコンテナはいずれもかなり早い段階からUbuntuも関わってきた技術です。たとえば9.04の時点でAmazon EC2互換のプライベートクラウド環境の構築機能としてEucalyptusを導入していましたし,2009年の時点でAmazon EC2向けにUbuntuサーバーのAMIなどを公式に配布していました。その後,OpenStackの標準プラットフォームとしてリリース初期から携わり,2011年にはUbuntuにも正式に取り込まれています。コンテナ技術についても,Dockerが登場するよりも数年前の2010年の時点でアプリケーションのサンドボックス環境としてLXCを利用する仕組みを作っていましたし,その後もLXDという形で現在もメインのプロダクトとして積極的に開発を続けています。仮想環境や仮想イメージの提供は,インストール・利用するだけであればサブスクリプションの必要がないLinuxディストリビューションならではの強みですね。

Canonicalの有償サポートは,個人でサーバーを構築する場合はあまりお世話になることはないかもしれません。ただ企業で使う場合は必要になってくることもあるでしょう。CanonicalはUbuntu Advantageという名前でデスクトップやサーバーの有償サポートを提供しています。またUbuntu Certifiedには,Ubuntuで動作することが確認済みのハードウェアがリストアップされていますので,サーバーを選択する際の参考にしてください。

このようにUbuntuは,実サーバーにおいても十分にメリットのある選択肢となっています。よって特別な事情がない限りはUbuntuを使うことを咎められることはないはずです。ただ万が一「Ubuntu……? ハンッ そこは(適当な別の何か)だろう」と特に理由もなく言われた場合,高い確率で説得が不可能な負け確定イベントですので,下手に抗わずおとなしく従っておくことをおすすめします。

Ubuntuサーバーのインストールイメージ

UbuntuデスクトップもUbuntuサーバーも,インストーラーと最初にインストールされるパッケージのセットが異なるだけで,パッケージそのものに差異はありません。UbuntuデスクトップをインストールしたあとにHTTPサーバーをインストールしたり,Ubuntuサーバーをインストールしたあとにデスクトップ環境を構築することが可能です。ただ,サーバーはできるだけ余計なソフトウェアをインストールしないほうが賢明です。よって新規にUbuntuサーバーを構築するのであれば,素直にUbuntuサーバーのイメージを使いましょう。

Ubuntuの長期サポート版はおおよそ6ヶ月ごとに「ポイントリリース」という形で,アップデート適用済みのインストールイメージをリリースしています。たとえばUbuntu 16.04 LTSの場合は「16.04.1」⁠16.04.2」と言った具合に末尾の数字が増えていくのです。このポイントリリースイメージには,より新しいバージョンのカーネルイメージも含まれています。16.04以降であればカーネルのバージョンはインストール時に選択可能なので,インストール時の最新のポイントリリースイメージをダウンロードするのが良いでしょう。本記事公開時点の最新ポイントリリースはUbuntu 16.04.2 LTSです。リンク先の「64-bit PC (AMD64) server install image」を選んでおけば,最新版のサーバーイメージをダウンロードできます。

あとはこのISOイメージをDVDのような光学メディアか,USBスティックに書き込みます。Ubuntu上でダウンロードしたのであれば,次のようにUSBスティックに書き込む方法がいちばん簡単です。/dev/sdb/の部分は,USBスティックのデバイスファイル名に置き換えてください。

$ sudo dd if=ubuntu-16.04.2-server-amd64.iso of=/dev/sdb \
  status=progress bs=1M

あとは光学メディアもしくはUSBスティックから起動するだけです。仮想マシンにインストールするのであれば,起動デバイスとしてダウンロードしたISOイメージファイルを指定しましょう。

光学メディアもしくはUSBスティックから起動するためには,インストールするマシン側のUEFI/BIOSの設定を変更する必要があるかもしれません。UEFIモードとBIOSモードどちらでもインストール可能です。またセキュアブートにも対応しています。ただしサードパーティのドライバーをインストールする予定であれば,セキュアブートはオフにしておいてください。サーバーマシンではあるものの,インストール時はディスプレイとキーボード・マウスをつなげておきましょう。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入