Ubuntu Weekly Recipe

第563回 NVIDIA Jetson Nano Developer KitにUbuntuをインストールしよう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

Jetson Nano Developer KitはNVIDIAが提供するエッジAI向けの「パワフルな」シングルボードコンピューターです。今回はこのJetson Nano Developer KitにUbuntuをインストールしてみましょう。

公式にUbuntuをサポートしている開発ボード

Ubuntu Weekly Topicsの2019年3月22日号でも紹介しているように,⁠Jetson Nano」は謎のAI半導体メーカーとして日本でも有名なNVIDIAが開発するAIデバイス向けのモジュールボードです。

Raspberry Piよりも(水平方向にだけ)小さな筐体には,4コアのCortex-A57と4GiBのメモリ,Maxwell第二世代のGPUなどを組み込んだ,Tegra X1ベースのSoCが搭載されています。

ただしJetson Nano本体はSO-DIMMタイプのスロットに刺せるモジュールボードとして提供され,それ単体では動作しません。Jetson Nano Developer Kitは,電源・USB・HDMI・DisplayPort・M.2スロット・RJ45・CSI端子を備えたキャリアボードもセットにすることで,Jetson NanoをRaspberry Piのようなシングルボードコンピューターとして使えるようにした製品なのです※1)⁠

※1
Raspberry PiのCompute ModuleとI/O Boardの関係だと思えば良いでしょう。

本連載としてのポイントは,開発用のOSとしてUbuntu 18.04 LTSをサポートしていること。つまりNVIDIA公式のイメージをダウンロードして,microSDカードに書き込めば,それだけでTegraドライバーやCUDAまで一式インストールされたUbuntuが立ち上がります。

さっそく公式の手順を参考に試してみましょう。

機材の準備

Jetson Nano Developer Kitは,microSDカードスロットが搭載されていて,そこから任意のOSを起動できます。NVIDIAではJetson Nano用にUbuntuベースのインストーラーを公開しているので,今回はそれを元に起動してみます。

あらかじめJetson Nano以外に次のハードウェアを用意しておいてください。

給電用Micro USBケーブル(5V2A以上)

Jetson Nanoの電源コネクタとしてRaspberry Piなどと同じようにMicro-Bタイプのケーブルを繋ぐUSBポートが用意されています。Jetson Nanoの要件としては5V2A以上が必要になっているようです。NVIDIAはAdafruitの5V2.5AのACアダプターで動作確認しているとのことでした。ちなみに内径2.1mm,外径5.5mm,奥行き9.5mmのセンタープラスな電源ジャックも搭載しています。それに適合する電源プラグを搭載した電源アダプター(たとえばAdfruitの5V4Aの電源アダプターがあればそれを使用することも可能です。電源ジャック側から給電したい場合は,J25ピンをショートさせてください※2)⁠

※2
実はRJ45のコネクタはPower over Ethernet(PoE)にも対応しているのですがシステムの給電用には使えないようです。その代わりJ38のピンヘッダーから利用可能のようなので,PoEなケーブルを接続する際は扱いに注意してください。
microSD

16GB以上UHS-Iに対応したmicroSDカードが必要です。インストール用のイメージの時点で12GiBほど使用します。また,ルートファイルシステムはインストール直後で9GiBほど,もろもろ設定したあとだと12GiBほど使用しているため,32GBぐらいあったほうが安心かもしれません。ちなみにmicroSDXCのサポートの有無についてはドキュメントには記載がありませんでした。手元で試す限り,認識はするもののブートローダーでうまく起動できないことがあるようです。どうしても大きなストレージが必要なら,M.2スロットにSSDを載せるか,USB 3.0の先に外付けのストレージを用意することになります。

HDMIもしくはDisplayPortのケーブルとディスプレイ

初回起動はUbuntuのOEM Configが走ります。つまりデスクトップ画面でユーザーアカウントなどを登録することになるため,初回起動時はディスプレイが必須です。HDMIとDisplayPortのポートが用意されています。

USB接続のキーボードとマウス

同じく初回起動時のOEM Config時に必要です。USB 3.0 Type Aのポートが4つ搭載されていますので,そこに接続してください。

LANケーブル

WiFiは搭載されていないので,ネットワークを使いたいならRJ45の口に有線のLANケーブルを接続する必要があります。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。

コメント

コメントの記入