Ubuntu Weekly Recipe

第564回 Raspberry Pi 3 Model B+にUbuntu 18.04 LTSをインストールする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2月14日にリリースされたUbuntu 18.04.2 LTSからは,Raspberry Pi 3シリーズへのインストールが簡単になりました。今回はハイエンドモデルであるRaspberry Pi 3 Model B+にインストールしてみます。

Raspberry Pi 3とUbuntu

Raspberry Pi 3(以降RasPi3)シリーズに関しては,本連載では直近だと第450回第451回で紹介していますが,その後2年以上も取り上げてきませんでした。これはUbuntuが公式にRasPi3に対応しておらず,動作させるのが大変だったからです。それでも動作情報は有用であることには違いないので,⁠Software Design』誌の姉妹連載Ubuntu Monthly Report 第103回 Raspberry Pi 3 Model B+でUbuntu 18.04 LTSを使うで取り上げましたが,何度も心が折れそうになるほど検証が大変でした。

そんな状況を見かねたからかどうかはわかりませんが,ポイントリリースであるUbuntu 18.04.2 LTSにあわせてRasPi3シリーズのサポートが一気に進み,非常に簡単に使えるようになりました。なお18.04.2 LTSでもカーネルのバージョンは4.15です。

そればかりか64bit版であるARM64に対応したインストールイメージもリリースされました。ただし今回は32bit版であるARMHFを使用します。本連載の内容はARM64でもARMHFでも同様のはずですが,動作確認は行っていません。実メモリが1GBしかないのにARM64はちょっとどうなのかなくらいの理由で,深く考えているわけではありません。

Ubuntu WikiのRaspberryPiの内容をベースに,⁠Ubuntu Monthly Report 第103回』の内容をブラッシュアップしてお届けします。

今回検証するRasPi3はModel B+にしますが,Model Bでも同様のはずです。

用意するもの

用意するものは前述のとおりRasPi3 Model 3B+,microSDカード,USB-ACアダプター,有線LANに接続するためのケーブル,ホストであるUbuntu PC,USB接続のmicroSDリーダーライターなどです。USB-ACアダプターはいくつか所有していますが,専用の電圧が高いものが行方不明だったので,終売となったUSB-ACアダプターにもなるPanasonicのモバイルバッテリーを使用しましたが特に問題なく動作しました。

事前準備

ホストPCで前述のRaspberryPiのページからubuntu-18.04.2-preinstalled-server-armhf+raspi3.img.xzをダウンロードしてください。

ダウンロードしたアーカイブを右クリックして,⁠ディスクイメージライター」で開いてください。もし選択できない場合は「別のアプリケーションから開く」で選択してください。

すると「ディスクイメージをリストア」が表示されるので図1⁠,転送先にmicroSDカードを選択して「リストアを開始」をクリックしてしばらく待っていると完了します。

図1 ⁠ディスクイメージをリストア」では「転送先」を間違わずに選択する

画像

ホストPCで必要な作業は済んだので,microSDカードを取り外してRasPi3 Model B+に接続してブートしてください。

初期設定

無事にブートできると,Ubuntu Serverのようにユーザー名とパスワードを入力することになります。初期設定ではユーザー名とパスワードは共に"ubuntu"(引用符は不要)です。認証に成功するとパスワードの変更を求められますので,好きなパスワードを入力してください。

ログイン後DHCPで割り当てられたIPアドレスが表示されるため,これを参考にホストPCからリモートログインします。ホスト名でアクセスしたい場合は"avahi-daemon"パッケージをインストールし,ホストPCから次のコマンドを実行してください。

$ ssh ubuntu@ubuntu.local

ロケールとキーボードとリポジトリの設定

ロケールとキーボードの設定はリモートでやったほうが楽なため,そうします。ログイン後,次のコマンドを実行してください。

$ sudo locale-gen ja_JP.UTF-8
$ sudo dpkg-reconfigure -f noninteractive locales
$ echo "LANG=ja_JP.UTF-8" | sudo tee /etc/default/locale
$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

キーボードレイアウトの変更は,/etc/default/keyboardを開いて

XKBLAYOUT="us"

XKBLAYOUT="jp"

に書き換え,次のコマンドを実行してください。

$ sudo dpkg-reconfigure -f noninteractive keyboard-configuration

パッケージのダウンロードサーバーを国内ミラーに切り替え,ダウンロード時間を短縮します。/etc/apt/sources.listファイルのすべての行をコメントアウトし,次の行を追加したあと保存してください。

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ bionic main restricted universe multiverse
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ bionic main restricted universe multiverse

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ bionic-security main restricted universe multiverse
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ bionic-security main restricted universe multiverse

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ bionic-updates restricted main multiverse universe
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ bionic-updates restricted main multiverse universe

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ bionic-backports restricted main multiverse universe
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ bionic-backports restricted main multiverse universe

完了したら忘れずに次のコマンドを実行してパッケージのアップデートを行ってください。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade 

一旦ここで再起動しましょう。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese TeamとLibreOffice日本語チームのメンバー。LibreOffice,VirtualBox,Joplin,Budgieデスクトップなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。