ポケットリファレンスシリーズMacromedia FLASH MX 2004ポケットリファレンス

[表紙]Macromedia FLASH MX 2004ポケットリファレンス

四六判/400ページ

定価(本体1,980円+税)

ISBN 4-7741-2024-3

ただいま弊社在庫はございません。

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

FLASHの機能をやりたいこと別に分類したポケットリファレンスFLASHが,新バージョンのMX2004に対応。あの操作どうやるのかな?と思ったときに,手にとってすぐ調べることができます。MX2004からの新機能もきちんとフォロー。入門者も,中級者も,買って納得の1冊です。

こんな方におすすめ

  • FLASH初心者から中級者

目次

CHAPTER 1 快適操作編

  • Flashの起動と終了
  • 作業画面の各部名称を知りたい
  • ファイルの基本操作を知りたい
  • ファイルを以前の状態に戻したい
  • パネルを整理して作業スペースを広げたい
  • パネルを好きな場所に動かしたい
  • パネルレイアウトを保存したい
  • ステージの表示サイズを変更したい
  • タイムライン上でフレームの内容を確認したい
  • 慣れたキーボードショートカットを使いたい
  • 検索・置換機能を使いたい

CHAPTER 2 描画編

  • ステージの大きさを変更したい
  • ステージの背景色を変更したい
  • Flashで描いた絵の特徴を知りたい
  • 円や四角形を描く
  • 線を描く
  • ペンツールで線を描く
  • 線の形を修正する
  • アンカーポイントを使って線を編集する
  • 多角形を描く
  • 手書き風の絵を描く
  • オブジェクトを選択する
  • オブジェクトを移動・複製する
  • オブジェクトを拡大・縮小する
  • オブジェクトを回転する
  • オブジェクトを斜めに傾ける
  • オブジェクトを反転する
  • オブジェクトに遠近感をつける
  • オブジェクトを消去する
  • オブジェクトをグループ化する
  • オブジェクトを正確に配置する
  • 複数のオブジェクトを整列させる
  • 他のドローソフトで作ったデータを使いたい

CHAPTER 3 着色編

  • 色を選択する
  • 線や塗りの属性を設定する
  • 塗りの属性を変更する
  • 線の属性を変更する
  • オブジェクトに塗り色をつける
  • 新たに色を作成する
  • グラデーションカラーを使う
  • グラデーションカラーを編集する
  • 半透明の色を作る
  • ビットマップ画像を塗り色に使う
  • 線をグラデーションカラーで塗る
  • 線や塗りの情報を他のオブジェクトに適用する

CHAPTER 4 テキスト入力編

  • テキストを入力する
  • 3種類のテキストを使い分ける
  • テキストの属性を設定する
  • 行揃えや行間を調整する
  • テキストを分解する
  • デバイスフォントを使用する
  • ダイナミックテキストを設定する
  • 入力フォーム用テキストフィールドを作成する

CHAPTER 5 レイヤー編

  • レイヤーを追加・削除したい
  • レイヤーを隠したい・ロックしたい
  • レイヤーの名前を変えたい
  • レイヤーを見やすく整理したい

CHAPTER 6 タイムラインエフェクト編

  • タイムラインエフェクトの基本操作
  • オブジェクトが移動するアニメーションを作る(タイムラインエフェクト)
  • オブジェクトが回転するアニメーションを作る(タイムラインエフェクト)
  • オブジェクトのサイズが変わるアニメーションを作る(タイムラインエフェクト)
  • 色が徐々に変化するアニメーションを作る(タイムラインエフェクト)
  • オブジェクトが徐々に消えるアニメーションを作る(タイムラインエフェクト)
  • オブジェクトが爆発するアニメーションを作る(タイムラインエフェクト)
  • トランジッション効果を作成する(タイムラインエフェクト)

CHAPTER 7 アニメーション編

  • フレームアニメーション(コマアニメ)を作る
  • フレーム・キーフレームとは
  • 表示フレームを変更する
  • アニメーションを再生する
  • もっとゆっくり(早く)再生したい
  • 前後のフレームを見ながら絵を描きたい(オニオンスキン)
  • オブジェクトが移動するアニメーションを作る(モーショントゥイーン)
  • オブジェクトを線にそって移動させる
  • オブジェクトが回転するアニメーションを作る
  • オブジェクトのサイズが変わるアニメーションを作る
  • オブジェクトが徐々にあらわれるアニメーションを作る
  • 色が徐々に変化するアニメーションを作る
  • 動きに加速・減速をつける(イージング)
  • オブジェクトの形が徐々に変化するアニメーションを作る(シェイプトゥイーン)
  • オブジェクトにマスクを設定する
  • 文字がばらばらに動くアニメーションを作る
  • 文字が書かれる様子を再現する
  • フレームを選択・移動・複製する
  • シーンを使う

CHAPTER 8 画像・サウンド・ビデオ編

  • 外部ファイルを読み込む
  • 画像ファイルを読み込む
  • 読み込んだ画像を編集する
  • サウンドファイルを読み込む
  • 長いアニメーションにBGMをつける
  • アニメーションにあわせてサウンドを再生する
  • ビデオファイルを読み込む
  • 外部ファイルをサイズダウンする

CHAPTER 9 シンボル編

  • シンボルについて知りたい
  • 3種類のシンボルの特徴を知りたい
  • シンボルとインスタンスについて知りたい
  • シンボルを作成する
  • シンボルを編集する
  • 複雑な動きのアニメーションを作成する
  • シンボルのプロパティを変更する
  • インスタンスのプロパティを変更する
  • ライブラリパネルでアイテムを管理する
  • 他ファイルのライブラリパネルに保管されているアイテムを使う
  • ムービーエクスプローラでアイテムを管理する

CHAPTER 10 ボタン編

  • Flashのボタンについて知りたい
  • ボタンを作る
  • ボタンにクリック音をつける
  • 動くボタンを作る(アニメーションボタン)
  • 隠しボタンを作る

CHAPTER 11 ActionScript編

  • ActionScriptとは
  • ActionScriptの記述の決まりを知りたい
  • ActionScriptの基本的な記述方法を知りたい
  • タイムラインを再生/停止する
  • 指定のフレームから再生を開始する
  • 指定のフレームを表示する
  • インスタンスの再生を制御する
  • Webページにアクセスする
  • インスタンスの角度を変える
  • インスタンスの透明度を変える
  • クリックした回数を表示する
  • 入力した数値を計算する
  • 外部ファイルのテキストを読み込む
  • 入力したデータをCGIに送信する
  • オブジェクトをドラッグ&ドロップする
  • 条件によって処理を変える
  • 条件を複数設定する
  • データを先読みしてから再生する
  • ビヘイビアを利用する

CHAPTER 12 書き出し編

  • インターネットでFlashコンテンツを公開する
  • WebブラウザでFlashコンテンツを閲覧する
  • インターネットで公開するために必要なファイルとは?
  • swfファイルとHTMLファイルを書き出す(パブリッシュ)
  • サイズダウンのポイントが知りたい
  • アニメーションGIFファイルを作成する
  • プロジェクタを作成する
  • プロジェクタをフルスクリーンモードで再生する
  • スクリーンセーバーを作成する
  • パブリッシュ以外の方法で他形式のファイルを書き出す
  • Webサーバの設定とアップロードを行う
  • Flashコンテンツを印刷する

CHAPTER 13 携帯・スライドプレゼンテーション編

  • 携帯用Flashコンテンツについて
  • Flash Liteコンテンツを作成する
  • Flash LiteコンテンツにActionScriptを設定する
  • Flash Liteコンテンツの動作を確認する
  • スライドプレゼンテーションの作成
  • スライド間を移動するビヘイビアの設定
  • スライドにトランジション効果を設定する

CHAPTER 14 リファレンス編

  • メニュー
  • ツールパネル
  • プロパティインスペクタ
  • パネル

著者プロフィール

小泉茜(こいずみあかね)

フリーライター。オフィス系・グラフィック系ソフトの解説書を中心に,パソコンやインターネットに関する記事を執筆している。趣味はスポーツ観戦と写真撮影。主な著書は「ぜったいデキます!ワードの操作」(技術評論社),「世界一わかりやすいPhotoshop Elements」(講談社),「ゼロからのステップアップ!Adobe Dreamweaver」(ラトルズ)。