ゲームプランナー入門 アイデア・企画書・仕様書の技術から就職まで

[表紙]ゲームプランナー入門 アイデア・企画書・仕様書の技術から就職まで

A5判/280ページ

定価(本体2,380円+税)

ISBN 978-4-297-10512-9

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

ゲームプランナーを目指す人向けの決定版入門書!

ゲーム企画などを担う「ゲームプランナー」になるための入門書。ゲームづくりの現場の知識から,発想術や企画術まで完全カバー。プロが教える仕様書,企画書の技術など実践的な内容も収録しています。

ゲームづくりに興味がある人,そしてそこからゲームプランナーを本気で目指す人,必読です。

こんな方におすすめ

  • プロのゲームプランナーを目指す方
  • ゲーム企画に興味のある方

この書籍に関連する記事があります!

面白いゲームの作り方
ゲームを企画する仕事,「ゲームプランナー」。面白いゲームを自分の発想力で組み立てていく,華々しい仕事として認知されています。

本書のサンプル

本書の紙面イメージは次のとおりです。画像をクリックすることで拡大して確認することができます。

サンプル画像1

サンプル画像2

サンプル画像3

目次

Chapter 01 プランナーの仕事

  • 01 ゲーム作りの職種
  • 02 ゲーム作りの流れとプランナーの役割
  • 03 考える・書く・伝える
  • 04 プランナーに求められるスキル

Chapter 02 ゲームの「面白さ」

  • 01 「ゲーム」って何だろう?
  • 02 達成感の作り方
  • 03 「ゲーム性」=挑戦の種類
  • 04 各ゲームジャンルのゲーム性
  • 05 能動的な挑戦にするために
  • 06 クライマックスを作る
  • 07 プロのゲームを教科書に

Chapter 03 アイデアを探せ!

  • 01 企画・企画書とは
  • 02 アイデア→コンセプト
  • 03 ゲームのアイデアとは?
  • 04 アイデアはどこから来るか?
  • 05 発想法を利用する
  • 06 大喜利熟考法
  • 07 アイデア出しのゴール

Chapter 04 ゲーム企画の具体化

  • 01 「面白そう」を「面白い」に変える
  • 02 ルールを考える
  • 03 ゲームシステムを考える
  • 04 脳内(紙上)プレイと自分ダメ出し
  • 05 バリエーションを考える
  • 06 クライマックスを考える
  • 07 評価と報酬が「達成感」を作る
  • 08 キャラクター,設定・物語
  • 09 タイトルをつけよう

Chapter 05 企画書で伝える

  • 01 企画書の役割
  • 02 企画書を書く準備
  • 03 「コンセプト」を伝える
  • 04 分かりやすく伝えるために
  • 05 企画書に書く項目① 表紙
  • 06 企画書に書く項目② 目次,基本情報
  • 07 企画書に書く項目③ コンセプト
  • 08 企画書に書く項目④ ゲーム概要
  • 09 企画書に書く項目⑤ 画面イメージ
  • 10 企画書に書く項目⑥ 遊び方,詳細説明
  • 11 企画書に書く項目⑦ 世界観,操作方法,セールスポイント
  • 12 企画書に書く項目⑧ その他の項目
  • 13 伝わるきれいな企画書にする
  • 14 企画書 セルフチェック

Chapter 06 仕様書,ゲームの設計図

  • 01 仕様書の役割
  • 02 ゲームを構成する要素
  • 03 仕様書の構成①
  • 04 仕様書の構成②
  • 05 仕様書の構成③
  • 06 仕様書の構成④
  • 07 仕様検討,仕様書作成時の注意

Chapter 07 プランナーの様々な仕事

  • 01 制作期間の仕事
  • 02 制作末期・ゲーム完成後の仕事

Chapter 08 プランナーの就職活動

  • 01 ゲーム会社の種類
  • 02 就職活動の作品
  • 03 就職活動の流れ① 卒業前年度
  • 04 就職活動の流れ② 卒業年度
  • Appendix インタビュー

著者プロフィール

吉冨賢介(よしとみけんすけ)

日本工学院八王子専門学校ゲームクリエイター科主任(ゲームプランナーコース)。大手パブリッシャーでゲームプランナー,プロデューサーとして活動し現職。